40代からの“妊活”を成功させるための手引き

女性の喜び・生きがいとも言える「妊娠・出産」は時間制限がある。

人間は歳をとるたびに老化し、ホルモンバランスも変わってくるものだ。とくに女性は赤ちゃんを産むための「生理」があり、生理があるうちは妊娠できると思っている人が多い。

しかし、実際は生理があっても妊娠できなくなってしまう体になっている。この真実を知らない女性は意外と多いのだ。正しい知識を身につけることはとても大切なこと。、妊娠ギリギリの40代女性はこれから説明することをしっかり心に刻んでほしいと思う。

スポンサーリンク

閉経する10年前からピンチ!?

40代でも妊娠することは不可能ではないのだが、とても難しいのが正直なところ。ほとんどの専門家が生理が終わる10年前から妊娠をすることができないと発言している。閉経になるのはだいたい51歳。つまり、41歳から妊娠ができにくい体になってしまうのだ。

なぜ生理が終わっていないのに妊娠できなくなるのか、それには理由がある。

その理由は、排卵がなくなってしまった後も細胞はどんどんホルモンを作り続けているから。つまり、妊娠するチャンスである排卵が終わっても生理が続くということ。

たとえ生理が続いても40代に突入すれば排卵がストップし、妊娠しにくくなるということを知っておかなければならない。

スポンサードリンク

40代でも妊娠した人は治療・努力をしている

40代の女優が妊娠!というニュースもあるが、40代で妊娠している女性はほとんどが妊娠をするため、努力と治療をおこなっている。

何もしなくても妊娠したという人は限りなくゼロに近いのだ。

どのような治療・努力をおこなっているのかというと、さまざまな方法がある。主に挙げられる治療としては「不妊治療」。

30代後半から40代の女性で妊娠したいと思っている人はほとんどが不妊治療をおこなっている。不妊治療でのポイントは“質”の良い卵子を生み出すこと。

40代になると卵子の数も減り、老化が進んでいってしまう。たとえ不妊治療でたくさんの卵子を生み出したとしても老化が進行しすぐに弱まってしまえば意味がない。精子とつなぎ合わせるためには質が高い卵子を作り出していかなければならないのだ。

不妊治療も高度な技術が生み出され、さまざまな治療方針が掲げられている。

自分にあった治療をおこなっていこう

40代女性が妊娠するためには治療や努力が大切になる。本当に妊娠したい!という気持ちを強くもっておかなければならないし、周囲のサポートも重要だろう。

きちんと治療をおこなってくれる医療施設を選び、自分にあった治療をおこなっていってほしい。

人それぞれ体質が違うため、その人にあった妊娠の治療がある。それぞれの体質・状況にあった治療方針で妊娠に挑んでいかなければスムーズにステップを踏むことはできないだろう。

医療施設を選ぶときは、実績があるかどうかしっかり調べてほしい。自分の体に関わることなので、安心して治療をおこなうことができる施設で妊娠治療に専念していこう。

お金はかかってしまうが、大好きな人との子供を産むためと考えれば大したことではない。

考えているよりも40代の妊娠はとても難しい。しかし、あなた次第では妊娠する可能性もゼロではない。諦めないで治療に挑戦していってほしいと思う。

また、最近では妊娠するための総合サプリメントなども登場しているので、健康を維持しつつ有効活用していくのも手だろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top