健康 生活 美容

30代・40代の女性が急に太る原因とは?

投稿日:

30代・40代に入って急に太る…といった悩みを抱えている女性は少なくない。

一般的な30代~40代女性が急に太る現象は「中年太り」で片付けられることが多いわけだが、どんなに年齢を重ねてもスマートな体型を維持したいと願う方にとっては悩みの種以外のなにものでもないはず。

「20代の頃はスマートな体型だったのにどうして?」
「特に暴飲暴食や偏食をしているわけでもないのなぜ急に太るの?」

まさに今このような疑問を抱えていることだろう。

言うまでもないがい、何の原因もなしに急に太るということは考えられない。

そこで今回は30代・40代女性が急に太る原因について詳しく解説していく。

スポンサーリンク

30代女性が急に太る主な原因は「副交感神経の乱れ」

30代女性が急に太る主な原因は、「副交感神経の乱れ」があげられる。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つから構成されており、それぞれ違う働きを担う。

 

副交感神経が活性化するタイミングは決まっており、「体が落ち着いているとき」もしくは「食事やリラックスしているとき」だ。要するに副交感神経は身体を休めるといった重要な役割を果たしているのだが、その働きが低下すると主に3点の問題が生じやすくなる。

副交感神経の働きが低下することで現れる症状は以下のとおりだ。

  • 腸内環境の悪化
  • 新陳代謝の低下
  • 女性ホルモン分泌の低下

もうお分かりだと思うが、これらはすべて肥満になるかどうかを左右する症状と言っても過言ではない。

 

腸内環境の悪化は単純に悪玉菌が増えることで内部が腐敗し、食べたものをすぐに消化できなくなるなどのデメリットが生じるために老廃物や毒素がみるみるうちに溜まっていくこととなる。

 

30代女性が急に太る原因はまさにこの「腸内環境の悪化」である可能性が高い。

続いて、新陳代謝の低下も急に太る原因のひとつだ。

新陳代謝についてはおそらくダイエットをしたことのある女性であれば誰でも知っていることなので割愛するが、この機能も低下することで急に太るなどの異常を感じるようになる。

そして、女性ホルモンの乱れも女性の身体におけるバランスを崩すことになるので、当然ながら急に太るといった原因に影響していることは確かだ。

 

このように30代女性が急に太る原因の元は「副交感神経の乱れ」である可能性が考えられるので、安易に食べ過ぎや運動不足が原因と自己判断せず、明らかに不可解と思えるのなら病院で診察を受けて欲しい。

 

スポンサーリンク

40代女性が急に太る主な原因は「老化現象」

これはけっして女性だけに言えることではないが、人間は40代になると体力の衰えを感じやすくなり、免疫力の低下によって傷の治りも遅くなる・疲れが溜まりやすくなる。

また、急に太るといった女性にとっては悩ましい原因も加わる可能性も。

 

40代女性が急に太るなどの異変を感じる主な原因は「老化現象」と言える。

 

人間は老いから逃れることはできない。

どれだけ身体を鍛えても、どれだけ美容にこだわってもそれはあくまで予防であって、確かな改善にはつながらない。無論、アンチエイジングをしている女性はしていない女性と比較すると、老化現象の進行を留めているといっていい。

しかし、身体機能は少しずつ低下しているので、急に太るといった症状は大して驚くことでもないのだ。

 

とはいえ、老化現象によって新陳代謝が衰えると、今までは太ることなどあり得なかった食事の摂取量で太る可能性が高くなってしまう。そんな中、暴飲暴食や偏食を続けてしまうと、急に太るスピードも速くなるというわけだ。

 

40代女性がもっとも注意しなければならないのは、アンチエイジングとなることをしないままに過ごすことである。

先述したように何もしないままでは血液の流れ、消化の働き、新陳代謝など、ありとあらゆる機能が低下してき、正常に稼働することができなくなってしまう。

これでは老化現象真っ只中なので、せめても老化現象の進行を遅らせる「アンチエイジング」を実践しよう。

 

中年太りを解消するカギは「基礎代謝の向上」

30代・40代女性が急に太るといった「中年太り」を解消するための方法はいくつかあるが、最終的な目標となるのは「基礎代謝をあげること」だ。

基礎代謝を上げることができれば、ありとあらゆる身体の機能が正常に稼働するようになるので、結果として痩せやすい体質とまではいかなくとも、急に太るなどの体質を改善することは可能。

 

基礎代謝を上げるために必要なことは全部で3点。
「睡眠」「運動」「食事」だ。

 

睡眠、運動、そして食事は私たちが日々当たり前のように行っていること。

しかし、これらの質がおろそかになってしまうと、身体の機能は衰えはじめる。

だからこそ、それぞれの質を上げなければならない。

それでは急に太る原因を解消するための、睡眠、運動、食事の質を高めるコツを以下に解説する。

 

睡眠の質を高める方法

人間にとって睡眠は何があっても欠かせない。

睡眠によって成長ホルモンが分泌されるからこそ人間は成長するし、筋肉がつくられ、基礎代謝を上げることができる。

それだけでなく、睡眠は蓄積した疲労やストレスの緩和を担っているので、そもそもとして質が悪いと身体の機能が低下して当然ということになるのだ。

 

よって、睡眠不足だったり寝付きが悪い、目覚めが悪いという方は、寝る前に軽めのストレッチをしたり、ホットミルクを飲むがベストと言えるだろう。また、理想の睡眠時間は7時間と言われているので、少なすぎず多すぎずを意識してほしい。

 

最近では快眠を誘うサプリメントもあるので、試してみる価値は十分にあるはずだ。

 

■快眠をサポートしてくれるサプリ「nemlis」

 

運動は適度なものにかぎる

運動においては質というよりも、内容にこだわるようにしてほしい。

多くの女性が運動と聞くと、激しいスポーツを思い浮かべるかもしれないが、体調を整えることを目的とするなら運動は適度なレベルのものがもっとも望ましい。

 

つまり、運動はスポーツなどの激しいものをする必要はまったくない。誰もが気軽にスタートできる「ウォーキング」、やや身体を動かせる自信があるなら「ジョギング」でも十分なのだ。

 

体調を整えるためだけなら生活を改善するだけでも十分と思われるかもしれないが、そもそも急に太るなどの体脂肪の蓄積を効率よく燃焼するためには「適度な運動」こそベストなのだ。

とはいえ、いきなり適度な運動をスタートするとなると気が重くなる方が多いと思うので、まずは近くのコンビニやスーパーへ買い物にいくときは歩くなど、できることからはじめてみよう。

 

食事は「腸内環境を整えること」を第一目標にする

食事は毎日かかさず行うことである。

間違った食事は不健康に直結することをご存知だろうか?

肉中心の食事は身体の健康を支える腸内環境を悪化させ、急に太るなどの原因になってしまう。

 

また、現代食品には必ずといっていいほど食品添加物が含まれている。この食品添加物はまさに「毒素」でしかなく、主に腸壁や脂肪に蓄積すると言われている。(参照:内海聡 著「1日3食をやめなさい!」)

 

脂肪と毒素に関連性があるとなれば、いかに脂肪を落とすことが重要かがお分かり頂けるはずだ。

結局のところ、万病の原因(急に太る原因も)は“腸の汚れ”と言われているので、腸内環境を整えてくれる乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖が含まれるオーガニックな食品をとることが重要といえよう。

腸が変われば身体が変わるので、少なくとも急に太るといった症状に悩まされることはなくなる。

毎日の食生活の中で多くの乳酸菌をとることは大変なことであるが、現在は大量の良質な乳酸菌が含まれたサプリも売られているので、ヨーグルトや納豆が苦手な女性はサプリで補うのがベストかもしれない。

 

■1日あたり200億個以上の乳酸菌&熟成酵素を配合!

 

スポンサーリンク

-健康, 生活, 美容
-, , , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.