10代・20代・30代…生理不順の治し方と原因を徹底解剖

女性は男性と違い、子供を産むことができる体。

子供を産むための準備として「生理」が毎月あるが、その生理が毎月同じタイミングでやって来なかったり、ずっとならなかったりと生理不順になってしまう人も多い。

生理不順はその後、赤ちゃんを産むときに大きな悪影響を与えてしまうので要注意。

なぜ生理不順になってしまうのか、その原因と対処法について詳しくみていこう。

生理不順になっている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

生理不順の原因はこんなところにあった!

妊娠していないのに生理がこない、2ヶ月生理がこないときがあった…などなど、それぞれ生理の悩みをもっていると思う。

生理不順はなぜ起こってしまうのか、原因は意外と身近なところにあるかもしれない。

  • 無理なダイエット
  • ストレス
  • 過労
  • 肥満
  • 冷え性
  • 食生活の乱れ

主に挙げられる原因は以上のようになっている。これらのどれかに当てはまる人もいるのではないだろうか。

とくに、最近よくみられるのが「無理なダイエット」からくる生理不順。

自分にあっていないダイエットをすることでホルモンバランスが乱れてしまい、生理不順になってしまう人が増えてきている。

また、ストレスから生理不順になることもあるので注意しておかなければならない。

自分はどのような原因が当てはまるのか調べてみよう。

スポンサードリンク

1番の対策はホルモンバランスを整えること

生理不順はどのようにして治せば良いのか、1番の方法は「ホルモンバランスを整える」こと。

ホルモンバランスはストレス・食生活や生活習慣の乱れから出てきてしまうもの。よって、ストレスがかからないように上手に解消していくことが大切。

ダイエットをしようにもストレスがかかるならNG。負担がかからないように気をつけていかなければならないだろう。

そして、生活習慣や食生活のリズムを整えるとホルモンバランスも乱れることはないので安心。

女性ホルモンと同じ働きをもつ大豆イソフラボンを積極的に摂取し、野菜や果物のような栄養のある食べ物を中心に取り入れていこう。

冷え性の傾向がみられる人は、体を冷やすようなものではなく、体を温めてくれるものを食べると良い。

毎日の生活や食事を正しく心がけるだけでもホルモンバランスは整えられ、生理不順が解消されるはずだ。

どうしても改善できない場合は病院へ行くこと

自分でできることはすべてやってみたけれどなかなか生理不順が治らない…そのような場合は、一度病院に診せてみよう。

心配でたまらない!と思っている人も一度診せてみると安心し、心配からくるストレスもない。

病院では、その人の状態によって適切な治療をおこなっていくことになる。

ホルモンバランスを整えるために“黄体ホルモン剤”を注入したり、使用量ピルを服用するなど治療法はさまざま。

主にホルモン療法となるため、しっかり説明を受けて安心してから治療を受けていこう。

専門的な施設で治療をおこなえば、徐々にホルモンバランスも整えられ、早めに生理不順を解消することができる。

安心して解消していきたいのであれば、病院に通うことが1番だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top