高校・大学での友達関係に疲れる人へ

高校・大学と環境が変わっていくなか、友達関係で悩んでいる人も多いはず。友達付き合いがうまくいかないと学校にも行きたくなくなるだろう。実際に友達関係に疲れてしまい、学校をやめてしまった人は少なくない。友達関係に疲れてしまう人のために、なぜ疲れてしまうのか原因と特徴について調べてみた。そこからどうすれば上手に友達付き合いができるのか、改善策も取り上げていきたいと思う。

友達関係で悩んでいる学生はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

友達関係に疲れてしまう人の共通点とは?

まず1つ目にあげられるのは「気を遣いすぎている」ことだ。

他人の目を気にするあまり、自分の意見を言うことができずモヤモヤな気持ちを抱えてはいないだろうか。気を他人に遣いすぎている人ほどストレスが溜まりやすくなり、友達関係に疲れてしまうようだ。

2つ目の原因は「思い込みで判断している」こと。

実際のところ、友達はそんなことを思っていないのに、自分で勝手なイメージを作ってしまい、ネガティブな方向へ判断してしまっている。そのような傾向がある人ほど疲れやすいものだ。思い込みからすれ違いになるケースも多い。

3つ目は「陰口・悪口ばかり言っている」こと。

本人に言わずに陰口・悪口を言っている人ほど友達関係を上手に築くことができず、友達が離れていってしまうだろう。さらに、陰口・悪口でストレス解消をしている人は要注意。そのままでは自分の精神が病んでしまうことになる。

スポンサードリンク

心をオープンにすることが大切

友達関係で悩まずに楽しく生きるためには「自分の心をオープンにする」ことが大切だ。

どうやってオープンにしていけば良いのかわからない人はまず、自分の気持ちや考えを友人に言ってみよう。顔色を伺わずに発言・行動をする。これが1番の近道になるだろう。

最初はうまくいかないかもしれないが、少しずつ心を開いていけば大丈夫。あなたの素直な気持ちを聞いてくれる友人は絶対にいるはずだ。友人もあなたの本音を聞くことができればきっと心を開いて受け入れてくれるだろう。

勇気を出して一歩踏み出してみてはいかがだろうか。

相手を認めることの重要性

友達関係は本当に難しいことだが、もっとも大切なのは「相手を認めること」ではないだろうか。

あなたにとって気に入らないことがあっても相手にとってはそれが当たり前かもしれないし、もしかすると自分がしたことに気付いていないかもしれない。

人は良いところだけではないはずだ。良い部分もあれば悪い部分もある。その悪い部分も含めてこそ、人として成り立っていると考えていこう。それも友人の一部なんだと認めてあげるのだ。

そのように考えることであなたの気持ちもスッキリするし、それも良いところかもしれないと思うようになるだろう。

人の性格はなかなか直らないものだ。だからこそ自分がイヤだと思うところも相手の一部だと認めてあげること。こちら側が考え方を変えればいい話なのだ。それでも辛抱できないところがあれば、その友人とはあまり関わらないようにすることもひとつの方法である。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top