健康

飲み込むと喉に“違和感”のある人がチェックすべき項目

投稿日:

「ものを飲み込むと喉に違和感がある・・・」
「唾を飲み込むと喉に違和感がある状態が続いている」

このような症状に悩まされている人は少なくない。

飲み込むと喉に違和感があるのは原因があり、場合によっては病気が関連している可能性も高い。

よって、喉に違和感を覚えたなら早急に解消することが重要。

そこで本記事ではものや唾を飲み込むと喉に違和感があるといった症状の原因と対処法について詳しく解説していく。

スポンサーリンク

飲み込むと喉に違和感がある原因

「飲み込むと喉にある違和感がある…」

唾を飲み込む・ものを食べるたびに異物を感じるようになると不愉快きわまりない。これが原因で本来であれば楽しめるはずの食事も楽しむことが困難になるはずだ。

では、なぜ飲み込むと喉に違和感を覚えるのだろうか。

 

飲み込むと喉に違和感を覚える原因は人それぞれだが、主な原因が以下のとおりである。

  • 過剰なストレス
  • 食生活の乱れ
  • 更年期障害
  • タバコの吸いすぎ
  • アルコールの過剰摂取
  • 生活習慣の乱れ

 

このなかでも特に多く見られるのは「過剰なストレス」。
主に男性よりも女性に多いことが明らかになっている。

また、飲み込むと喉に違和感がある人のほとんどが、“神経質でストレスを常に抱えている”傾向にあるようだ。

 

飲み込むと喉に違和感を覚える症状は、仕事上や生活のストレスをはじめ、病気に対する過剰な心配や精神的な乱れが生じる「更年期障害」の時期に起こりやすいと言われている。

 

いずれにしても、不摂生が原因で身体機能が低下し、喉に異常が生じ、それを回復する力が弱まってしまうことが痛みを生じさせる原因といえよう。

通常、風邪で扁桃腺が腫れるなどして喉に違和感を覚える人が多いわけだが、風邪でもないのにものを飲み込むと違和感がある場合は上記の原因に該当していないかチェックしてほしい。

現代はストレス社会ということもあり、ストレスがさまざまな病気を引き起こすと言われている。

 

飲み込むと喉に違和感があるという症状もそのひとつと言っても過言ではないのだ。

 

スポンサーリンク

喉の違和感は病気が関連している可能性アリ

飲み込むと喉に違和感がある症状は不摂生だけでなく、病気が原因になっている可能性も考えられる。

その場合、以下の病気が候補としてあげられる。

・逆流性食道炎
・甲状腺疾患
・異物の発生
・感染症

 

無論、上記の病気以外にも候補はあるが、主な原因として考えられるのは以上となる。

ちなみに飲み込むと喉に違和感がある症状の原因は特定されにくい傾向にあり、なかには病気が関連していると認められない原因不明のケースが多い。

 

このように原因不明と診断されることの多い症状ではあるが、「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」が影響しているとも考えられているようだ。

 

咽喉頭異常感症とは、検査値では異常や病的変化が見られないものの、咽喉頭部、食道の詰まり、ものを飲み込むと喉に違和感があるなどの異物感を訴える症状のことをいう。

無論、喉の違和感を覚えた場合、「咽喉頭異常感症」を患っているとは断言できない。

 

しかし、以下の症状から推測すれば原因となっている可能性は高いといえよう。

「咽喉頭異常感症」の症状

・常に詰まっている感覚
・飲み込むと喉に違和感がある
・喉がイガイガする
・喉に塊のようなものがある感覚
・塞がっている感覚

 

要するに検査で異常はみられないが、上記の症状がみられた場合は「咽喉頭異常感症」を疑っていいかもしれない。

では、「咽喉頭異常感症」を対処するにはどうすべきなのだろうか。

 

最善の対処法は「精神を安定させること」

ものや唾を飲み込むと喉に違和感があるという症状に悩まされている現代人は非常に多いと言われている。

原因や病気が明らかになれば適切な対処(治療)ができるのだが、「咽喉頭異常感症」のように特定することが困難な場合は非常に治療が困難になってしまう。

なお、原因を特定することができず確かな対処法を実施できない方は多く、通院しながら漢方薬をはじめ、心理療法、薬物治療を行っているケースは少なくない。

 

実際に上記のような対処をしているA子氏の話によると、「心理療法がとても効果があったと発言していた。この症状は心配性や神経体質の人がかかりやすいため、心理療法こそが最善の対処になり得るというわけだ。

 

要するに日々の生活の中で気持ちを落ち着かせることを意識し、精神をコントロールすることで飲み込むと喉に違和感があるという症状を対処できるようになる、ということ。

また、同症状は更年期障害が盛んになる30代~50代の女性に多く見られることから、対処のポイントは“精神安定”になると言っていいだろう。

 

よって日々の生活のなかであなたがリラックスできる空間・時間をつくり、心身ともにリラックスした状態を保ち続けることがテーマとなる。

 

とはいえ、上手に実践できない可能性もある。

そんなときは心理療法を扱っている専門の医療施設に相談にいくといいだろう。

 

スポンサーリンク

-健康
-, , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2018 All Rights Reserved.