頭痛が後頭部の左右から…めまいや重い感覚があるときの対処法

後頭部の左側、もしくは右側から頭痛が・・・。めまいもするし、どこか重い感覚がある・・・。こんなとき、真っ先に取り掛かっていただきたいことは原因の特定である。

原因がわからなければ対処のしようがないので、まずは後頭部に生じる頭痛における知識を身に付けねばならない。しかし、後頭部の頭痛は大きく分けると3種類に分類できる。

そこで今回は後頭部の頭痛の原因とその対処法をくわしく解説する。

スポンサーリンク

後頭部の左右・耳の後ろ側が痛む場合

後頭部の左右、もしくは耳の後ろ側が痛む場合は、神経が刺激されていることが原因と考えられる。これは「後頭神経痛」と呼ばれるもので、この痛みを招いている要因は“ストレス”である。

ストレスは後頭神経周辺の筋肉を緊張させ強ばらせるため、刺激が発生してしまう仕組み。よって、重大な病気とは無関係といえるが、頭痛によって生活に支障がでることもあるので早急な対処が必要だ。

対処法としては首筋をマッサージ、もしくは温めるなどして筋肉のコリをほぐすのが効果的。そして、この痛みを発生させている要因であるストレスを発散させることがポイントとなる。

あまりに痛みがひどい場合は病院に足を運び、神経ブロック(注射)を受けるべき。ただし、この治療はあくまで緩和が目的となるので、根本的な改善をするならストレス解消がベストだ。

スポンサードリンク

頭全体が痛む・めまいを生じる場合

頭全体が痛む、もしくはめまいが生じる場合は、首から肩にかけた筋肉の緊張が原因とみられる。これは「筋緊張型頭痛」とよばれ、周辺の筋肉の強ばりによって血流が悪化するために起こる。

血流が悪化すると老廃物などが一部に停滞してしまうため、血管が拡張し神経が刺激されることで痛みが発生。要するにこの頭痛の原因は筋肉のコリだ。

普段から同じ体勢をとっているデスクワークなどを担当している方ほどこの頭痛になりやすいので、時々ストレッチをして筋肉をほぐす習慣を身につけてほしい。

さらにじっくり入浴することでコリを和らげることができる。

我慢できないほどの痛みが生じる場合

後頭部だけでなく頭全体に我慢できないほどの痛みが生じた場合は、命の危険にかかわる「くも膜下出血」の疑いがある。これは脳内の血管の破れたことで起こる痛み。

まるで鈍器などで叩かれているように重い痛みを持つのが特徴で、そのまま放置すると最悪の場合死に至ることも。事実、くも膜下出血で死亡するケースは年々増えている。

いうまでもなく、くも膜下出血は病気なので自己治療は不可能。一刻も早く病院で適切な治療を受けなくてはならない。また、再び血管が切れないように予防もテーマとなる。

同様の痛みが生じた場合はすぐさま救急車を呼び、到着するまで安静。また、深呼吸が効果的となっているので、横になった状態で動かないように徹底してほしい。

くも膜下出血にはレベルがあるものの、軽度であろうと救急車を呼ぶのが鉄則。専門医の治療を受けることだけを優先し、搬送されるまでの間、可能なかぎりリスクを減らすことが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top