面接やスポーツに効果的な“緊張をほぐす方法”

面接やスポーツなどで極度の緊張にみまわれたとき、人はそこから逃げ出したい感情にかられる。しかし、何をしようにも逃げ出すことができない・逃げ出してはいけない状況もあるはずだ。

そんな状況下に置かれたとき、緊張をほぐす方法を難なく実践できたらどんなにいいことだろう。

大切なプレゼン、面接、試験、スポーツの試合・・・
緊張するシーンは人それぞれ。

そこで今回は極度の緊張をほぐす方法を詳しく解説する。

スポンサーリンク

なぜ人は緊張してしまうのか?

面接やスポーツなどに効果的な緊張をほぐす方法を紹介する前に、緊張するメカニズムについて理解して頂きたい。

なぜなら、緊張するメカニズムを知ることで、緊張をほぐす方法を効率的に実践できるようになるからだ。

話を戻そう。

人はなぜ緊張してしまうのだろうか?

これまでに何度も緊張をした経験があるにもかかわらず、人は緊張を抑えることができない。では、その原因は何なのか。

人が緊張してしまう主な原因は、“「視床下部」にかかるストレス”といわれている。

視床下部は自律神経をコントロールする重要な役割を担っており、さまざまな指示を出す司令塔。

ここにストレスがかかってしまうと視床下部にある下垂体からホルモンが過剰に分泌される。このホルモンは実に厄介で、呼吸を激しくさせる要因にも。

また、極度の緊張で息があがってしまう、汗がとまらないといった症状が起こることもある。これらを引き起こしている原因は、視床下部にある交感神経が刺激されるためだ。

交感神経は刺激されると体温が一気に上昇するが、身体はそれを何とか抑えようとする。すなわち、この反発行為が“発汗”につながっているのだ。

 

以上のメカニズムによって人は緊張してしまう。
想像しているよりも緊張のメカニズムは難しくはないのだ。

過去のトラウマが原因になっていることも…

緊張はストレス以外にも“トラウマ”が要因となることもある。

たとえば、小さいころに経験したことがトラウマとなり、それが緊張を招いてしまう可能性も。

特に緊張しやすい体質である「あがり症」は、過去のイジメをはじめ、大きな舞台(面接やスポーツの試合など)で失敗した経験、自分にとってイヤな思い出(同じく面接やスポーツなどで)などが引き金になって起こるものとされている。

そう、自分では気がついていなくとも、過去のトラウマが極度な緊張をもたらしている可能性もあるのだ。

だからこそ、緊張することに悩まされている方は一度、自身にトラウマがないかチェックしてみてほしい。

仮にトラウマが緊張を招いているのであれば、それを克服していく必要がある。

面接やスポーツで緊張をほぐす方法とは?

さて、いよいよ本題だ。

どうすれば面接やスポーツで緊張をほぐす方法を実践することができるのか。

その緊張をほぐす方法は意外にもカンタンだ。

面接、もしくはスポーツの試合などで緊張をほぐす方法は、“呼吸法”である。

「また、ベタな方法を・・・」と思われるかもしれないが、呼吸法はただ呼吸をするのとはわけが違う。そのポイントは「大きく」呼吸をすることだ。

まず、鼻から息をこれ以上吸えないくらいに大きく吸い込む。そして、口からゆっくり時間をかけながら吸い込んだ息をすべて吐き出す。

大きく吸って大きく吐いていくことで、ドクドクと脈をうっていた心臓が自然と落ち着きを取り戻すのだ。言葉で説明するだけだとあまり説得力がないかもしれないが、実際に緊張した場面になったら試して欲しい。

これこそが面接やスポーツに最適な緊張をほぐす方法である。

人によっては1回で改善されることもあるが、1回で効果が得られない場合はこの緊張をほぐす方法を数回実践してほしい。

 

さて、面接やスポーツで緊張をほぐす方法は呼吸法だけではない。

もうひとつ緊張をほぐす方法がある。
それは“気分転換をする”ことだ。

こちらの緊張をほぐす方法はシーンを選ぶため、実践できないこともあるだろう。

仮にこの緊張をほぐす方法ができるのだとしたら、トイレに行ったり、個室で気持ちを落ち着かせるなどしてほしい。また、水を一杯飲んでカラカラになっている喉をうるおすのも大きな効果をもたらしてくれる。

 

以上の緊張をほぐす方法を実践すれば上手に緊張を取り除くことができる。

大事な面接、そしてスポーツの試合で緊張は時にピンチとなる。しかし、緊張をほぐす方法を実践することでピンチをチャンスに変えることもできるのだ。

スポンサードリンク

絶対に失敗できないスピーチにバッチリの「緊張をほぐす方法」

人前で話すのが苦手・・・。
スピーチともなれば、頭が真っ白になる・・・。

誰でも緊張するシーンはあるもので、生きている以上、何度か経験してきたことだろう。

実は私も極度のあがり症だったが、社会の荒波に揉まれた影響か、いつしか緊張しない自分が出来上がった。

当時はひたすら「スピーチにおける緊張をほぐす方法」関連の書籍を読みあさったり、さりげなく友人で試したりと改善に向けて必死だった記憶がある。

もっとも人生で緊張したのは大学の卒論発表だ。

何とかあがらずに成功を遂げたが、それは「スピーチにおける緊張をほぐす方法」を学んだからだ。

あくまで個人的な解釈になってしまうが、スピーチに最適な緊張をほぐす方法を知りたい方は、ぜひこのまま読みすすめてほしい。

緊張を増幅させるのは“焦り”

焦ってしまうから困っていると、突っ込まれそうだが、緊張をほぐす方法の基本は、焦らずにゆっくり行動することだ。

人間は緊張がピークに達すると冷静さを欠くため、物事を異常なまでにせっせと行うようになるだが、今から焦った時にあえてゆっくり行動するクセをつけてほしい。

不思議なもので、緊張しているときにゆっくり行動すると緊張がほぐれていく。

焦った行動とは不釣り合いなアクションを意識的に挟むことで、
徐々に冷静さを取り戻すことができる。

誰でも一度は有名人がスピーチするシーンを見たことがあるだろう。
その時彼らは、落ち着いてゆっくりと話しているのがわかるはず。

もはや人前で話す、もしくはスピーチにおいて、ゆっくり行動することは、「スピーチで緊張をほぐす方法」の基礎といっていいのかもしれない。

ある程度の冷静さを取り戻したら、面接やスポーツにおける緊張をほぐす方法でも紹介した、深呼吸をすることをおすすめする。

深呼吸もまたよくできたもので、あらぶった精神を落ち着かせてくれる。

緊張をほぐす方法ばかりを意識せずスピーチの練習も重ねること

ゆっくり行動するクセさえ覚えれば、終始あせることなく自身のペースでスピーチできるはずだ。

しかし、上手なスピーチを目指すなら練習が必要。いや、スピーチで緊張しない方法を身に付けるための近道が“練習”といったほうが正しいかもしれない。

本番で冷静にはなれたものの、何を話せばよかったか忘れてしまっては意味がないからだ。

特にプレゼンなどを控えている人は、質疑応答を予測して、入念にシュミレーションしておくといい。

どんな質問があってもスムーズに応えられるのが理想だ。こればかりは練習あるのみ。

本番までに何度も練習をかさねて、やっと本番か・・・と思えるまでに成長すればこちらのもの。

また、本番にそなえた練習をやっておくことで、緊張せずにスピーチすることができるはずだ。

準備が整っているほど、自身を持って臨める。

スピーチで緊張をほぐす方法は、自身がもつ意識を変えていくことなのだ。

スピーチで緊張をほぐす方法はステップアップに有効

スピーチで緊張をほぐす方法を身に付けることができれば、あなたが目指すステップアップがスムーズになる可能性が高くなるのだ。

事実、アメリカのオバマ大統領はスピーチの上手さだけで頂点に上り詰めることができたという声も多く、現代社会においてスピーチはいかに重要で欠かせないものかがわかる。

超一流のアスリート選手は「緊張を楽しむ」といった表現をよく用いるが、これは緊張を味方につけ、いい興奮状態を作り出していることを指す。

つまり、あなたも緊張を上手にコントロールできるようなれば、いかなる状況や環境であっても、普段と変わりないスピーチと自己表現ができるようになるのだ。

スピーチで緊張をほぐす方法はあなたを強くするだけでなく、未来をも約束してくれるすばらしい存在といえよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top