重曹と酢が効く!洗濯槽の掃除をラクラクと実践する方法

あなたは、定期的に「洗濯槽の掃除」をしているだろうか。

洗濯槽の掃除はどうすれば良いのか、悩む人も多いはず。

そこで、洗濯槽の掃除がラクラクにできる方法を2つ紹介しよう。ポイントは、「重曹」と「酢」だ。

重曹と酢を上手に利用して、洗濯槽の掃除をしよう。

スポンサーリンク

「洗濯槽」にはさまざまな菌・カビが潜んでいる

洗濯槽にはさまざまな菌・カビが潜んでいることを知っているだろうか。

知らないまま使ってしまうと、洗濯機の中に入れる衣類が菌・カビまみれになってしまうので要注意。

常にキレイな状態の衣服を維持するためにも、定期的に洗濯槽の掃除はしていかなければならない。

洗濯すると衣類に黒いカスのようなものが付いている、カビくさいと感じている人は要注意。かなり、洗濯槽の汚れやカビが進行している。

洗濯槽の掃除は大変かと思いがちだが、コツをつかんでおけばラクラクと掃除できるもの。今まで大変な思いをして掃除していた人もぜひチェックしてほしい。

洗濯槽の掃除に必要なアイテムは、「重曹」と「酢」の2つ。

それでは2つのアイテムを利用した洗濯槽の掃除について説明しよう。

スポンサードリンク

洗濯槽の掃除は「重曹」が重宝する

100円均一やホームセンターでも売っている「重曹」。

重曹は、弱アルカリ性で油の分解や研磨作用・消臭作用などの特徴を持っている。その特徴を活かし、洗濯層の掃除ができるのだ。

やり方はとても簡単なので、誰でも気軽にできる。重曹を使った掃除方法は以下のとおり。

1.洗濯槽いっぱいの水を入れる。ぬるま湯でやると効果的なので、湯船の残り湯を使う。
2.軽量カップ1杯分の重曹を投入。およそ5分間洗濯機を回す。
3.回した後は1日放置する。
4.翌日、およそ5分間洗濯機を回し、水をすべて捨てる。
5.新しい水をいっぱいになるまで入れ、2回程すすぎをする。

以上のような流れで、洗濯槽の掃除をしてみよう。そうすれば、洗濯槽に溜まっていた汚れやカビ、菌を取り除くことができる。

頑固な汚れほど、重曹ではなかなか落ちないので「クエン酸」を投入する方法もオススメ。

重曹とクエン酸を混ぜ合わせると、発砲作用が起こり、洗濯槽の内部まで掃除できる。

2つのアイテムは、簡単に手に入る商品なので、ぜひ試してほしい。

調理で使用する「酢」も洗濯槽に効果的?

重曹のほかにも、洗濯槽の掃除ができるアイテムがある。それが「酢」だ。

「酢」には、強力な殺菌効果がある。殺菌効果を利用して、洗濯槽の掃除をしよう。

酢を使った掃除方法は以下のとおり。

1.酢を500ml程洗濯機の中に入れ、水を満タンになるまで入れる。
2.およそ1~2時間程放置する。
3.洗濯機の細かい部分を歯ブラシやブラシを使って掃除する。
4.細かい部分を掃除した後、標準コースで洗濯機を回す。

以上の流れが、酢を利用した掃除方法になる。

1~2時間程放置することで、洗濯槽に潜んでいたカビや汚れが浮き出てくるだろう。浮き出てきた汚れを確認すると良い。

放置している間に、細かい部分の掃除をするとより効果的に汚れが落とせる。

事前に細かい部品を取り外し、酢が入っている水の中に浸しておけば、さらに汚れが取れるのでオススメ。

なかなか掃除できない洗濯槽の内部もすべてキレイにできる。

また、酢と重曹の相性も良いため、重曹を少し加えるのも効果的だ。

ただし、洗濯機によっては酢が使えないものもあるので注意しよう。事前に説明書を読み、使えるかどうか確認することをオススメする。

このように、なかなか掃除できない洗濯槽だからこそ、重曹や酢の力を利用しなければならない。

洗濯槽の掃除をきちんとしておけば、洗う衣類にカビや汚れがつく心配もしないで済む。

ぜひ1度、重曹・酢を使ってみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top