退去時の原状回復はどこまで責任を負うべきか

賃貸物件を借りている人は「退去時の注意点」をしっかり把握しておかなければならない。

賃貸物件は所有者から借りている住まいになるため「原状回復」は必要不可欠。

そこで、退去時の原状回復における義務や内容について詳しく説明する。気になっている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

どこまですればいい?「原状回復の義務」

退去時の原状回復はどこまですべきなのか気になっている人は多い。

そこで原状回復の義務について詳しく説明しよう。

そもそも、原状回復とは「建物の通常損耗分をもとの状態に回復すること」ではない。

正しくは「賃借人が意図的に破壊した部分の回復」を指しているのだ。

このことは頭の中に入れておいてほしい。

たとえば、あなたが借りている部屋のドアを誤って壊したとする。壊れてしまったドアはあなた自身が責任を持って元通りにしなければならないのだ。

これが原状回復の義務になる。

しかし、時間の経過によって減価する建物の価値はそのまま賃貸人に返してOK。自分の過失でない限り、原状回復をする必要がない。

つまり、故意的に破壊し劣化した部分のみ責任を持って元通りにしなければならないのだ。

スポンサードリンク

退去時に行う原状回復の具体例

実際、退去時にどのような原状回復をしているのかいくつか「具体例」を挙げていこう。

具体例をチェックすることもトラブルを防ぐ大切なポイントになる。

原状回復の具体例は主に「賃貸人負担となるもの」「賃借人負担となるもの」の2つ。それぞれ詳しく挙げるので要チェック。

まず「賃貸人負担となるもの」で多いのが‟家具配置によるカーペット・床のへこみ”。

家具を置くとき床やカーペットがへこんだり、傷がついたりすることがある。それらの傷はすべて賃貸人が負担しなければならない。

また、壁に貼ったポスターによる壁紙の変色やフローリングの色落ち、家電製品の黒ずみなども負担になる。

さらに、次に入居する人のためフローリングのワックスがけや台所・トイレの消毒も必要不可欠。

そして、「賃借人負担となるもの」は基本的に‟手入れを怠ったもの”‟用法違反”‟通常の使用とは言えないもの”‟不注意によるもの”の4点。

きちんと掃除をしていないところから発生したサビやフローリングの色落ち、台所のカス・油、風呂やトイレなどのカビ、ペットによる傷や臭いなどが当てはまる。

一般的に正しく使用していればつかない傷や汚れが「賃借人負担になるもの」と覚えておこう。

手入れを怠るほど傷や汚れが取れなくなるため、賃借人は定期的に掃除しなければならない。定期的な掃除も原状回復の義務だ。

特に、退去時は隅々まで注意しなければならないだろう。

退去トラブルを防ぐにはどうすべきか

実際、退去時の原状回復における責任問題でトラブルになるケースが増えてきている。

賃借人と賃貸人の間でトラブルになると非常にややこしい。思うように引っ越しが進まなくなるため、できるだけトラブルは避けたいもの。

そこで、退去時のトラブルを防ぐポイントを紹介しよう。

基本的に建物の賃貸借は長期間における契約となる。そのため、住居者の記憶だけでは原状回復の事実関係があいまいになってしまう。

よって、入居や退去時に「損耗・毀損(きそん)の有無」「状況チェックのためのリスト」を作成しなければならない。

きちんとリストを作成した上でお互いが退去時に物件を確認すること。

しっかりチェックリストを作成しておけばお互いが納得できる環境になる。たとえトラブルが起きたとしてもリストによって迅速に対応できるのだ。

このように、退去時はきちんと原状回復について確認しなければならない。

賃貸人とトラブルを起こさないためにもきちんと基礎知識を身につけておこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top