足指・ふくらはぎが“つる”原因とその治し方

朝や寝ている夜中、もしくは日中などで体を動かしていると、ふくらはぎや足指が“つる”ことがある。

あの独特の感覚と痛みというものは表現しにくいもので誰もが不快に感じる現象のひとつだろう。

では、足指やふくらはぎが“つる”原因は何なのか。
そして、その治し方にはどのようなものがあるのか。

人間が“つる”原因と治し方について詳しく解説する。

スポンサーリンク

足指・ふくらはぎが“つる”のは何故か?

では、まずは原因から解説しよう。

ふくらはぎや足指がつる原因は筋肉に過度な痛みが伴うことで、収縮や痙攣を起こすため。

特にふくらはぎは“つる”ことが多い箇所のため、別名では“こむら返り”と呼ばれることも。

誰でも一度は経験をしたことがあると思うが、その原因を熟知している人はあまりにも少ないはず。

では、足指やふくらはぎが“つる”具体的な原因は何なのか。
その原因は大きくわけると2つに分類される。

一つ目は“肉体疲労”

筋肉が疲れた状態になっていると、
水分や電解質が不足しているため、機能性が失われる。

そこに過度な痛みが加わることで、
収縮と痙攣が誘発されるのだ。

二つ目は“栄養不足”

筋肉に十分な栄養素が配給されないと、
神経系の伝達機能がいちじるしく低下してしまう。

すなわち、収縮と痙攣が発生しやすい状態になるのだ。

特に“つる”という症状は、運動不足をはじめ、ムリな姿勢から踏ん張るなどの行為、オーバーワーク時に起こりやすい。

つまり、痛みが“つる”という症状を誘発するため、正常な筋肉を持つ人でも十分にあり得る現象なのだ。

原因は人それぞれと言えるが、ふくらはぎなどがつるのは痛みによるものと覚えておこう。

スポンサードリンク

「足が“つる”原因は一つでない」=「治し方も一つではない」

では、“つる”という症状を治すためにはどうすべきなのか。
実はつる原因が一つではないように、治し方も決してひとつではない。

改善具合は個人差があるため一概に言うことはできないが、足やふくらはぎがつったらストレッチを行うのが効果的とされる。

足がつった時の治し方としては、太腿から足首に向かって筋肉を押し、最終的に湯船などで足周辺の温度をアップさせることがポイント。

これにより血行が良くなるため不具合が改善されるというわけだ。

だが、つるという症状は治し方にこだわるよりも、原因を特定してそれを予防したほうが効果的。

その予防法としては、1日に1リットル以上の水を飲むこと。そして、リンパマッサージを普段から心がけることだ。

特に朝や夜中寝ているときに“つる”人は、水分不足が原因となっている可能性が高い。よって、普段からあまり水分補給をとっていない人ほどつりやすいので、水分をこまめにとる生活を心がけよう。

そうすることで原因を予防でき、適切な治し方を実行可能だ。

乱れた生活の改善もベストな治し方

言うまでもなく、乱れた生活を送っているなら、今すぐにでも改善する必要がある。

あなたの生活が不規則になっているからこそ体の機能が低下し、つりやすい体が作られたのかもしれない。そう、ふくらはぎなどがつる原因を作っているのはあなた自身である可能性もあるのだ。

原因は人それぞれ異なるが、水分補給やマッサージなどの治し方でも改善されない場合は、自身の生活習慣を見直すことが大切だ。

仮に生活習慣を改善したとしても症状が収まらない場合は、治し方や間違っているか別の原因が考えられる。こうなるとセルフケアで改善することは困難なので病院を受診してほしい。

あまりにもふくらはぎなどのつりが頻繁に起こる場合は、体に何らかの異常が起こっている可能性もあるので注意しよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top