話題のイオンスマホを評判や口コミから徹底解剖!

スマホの普及率が高くなった昨今、
求められるのは“性能と安さ”になった。

複数のキャリアがユーザー獲得に力を注いでいるが、
台風の目になりうる、新たなキャリアが登場しようとしている。

それが、4月4日に発売された「イオンのスマートフォン」である。

“格安スマホ”として、たちまち話題になり、
その評判と口コミがネット上で急増している。

今回は、このイオンのスマホについて解説したい。

スポンサーリンク

月額がたったの“2980円”という驚きのスマホ

イオンのスマホは、2年の分割払いとなっており、
月額1420円に加えて、基本料金が月額1560円という内容。

つまり、月額がたったの2980円。
その他キャリアと比較しても、平均の半額以下となっている。

当然、このスマホが話題にならなわけがない。

発売同時と共に完売してしまう店舗が相次ぎ、
限定8000台が完売間近になっているようだ。

イオンはスマホに対するユーザーの声を反映し、
機能やサービスを限定することで、安さを実現させた。

安さが実現できている背景はこうだ。

  • 「Nexus4」の市場在庫を買い取った
  • 有名キャリアから回線を借りている「日本通信」の通信サービスを組み合わせた

これによって、安さをクリアすることができた。
さらに料金システムも至ってシンプル。

データ料金は、使い放題で基本料0円。
つまり、メールやネットを多用しても問題ない。

これがイオンの“格安スマホ”の内容である。

スポンサードリンク

デメリットは“遅く重い”ということ

メリットづくしに思える、イオンのスマホだが、
ネットを多用する人にとっては、痛いデメリットがある。

そもそも、イオンのスマホは、2世代前のスペックになるため、
最新機能は一切搭載されていない。

さらに、通信速度が200kbpsとかなり遅い。

ごく一般的なメールやSNSの利用であれば、
特に遅さをネックに感じることはないだろう。

しかし、データ量の多いサービスの利用は厳しい。
特に動画や地図情報を見るのに、イライラしてしまうはずだ。

また、普段から頻繁に電話をかける人にも不向きである。

その理由は、通話料が別途かかってしまうためで、
30秒20円と他社と変わらないということ。

現状では、同じキャリア間での無料通話などが用意されていないので、
通話におけるオプションは他社に軍配が上がる。

つまり、イオンのスマホを検討している人は注意が必要だ。

何不自由なくスマホを使いたいなら、
一般的なキャリアのスマホを選んだほうがいいだろう。

が、とにかく安さを追求していて、
機能性はどうでもいいなら、イオンのスマホはおすすめである。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top