要注意!座り過ぎは大腸がんになる確率を増加させる

仕事柄、1日中座りっぱなしのデスクワークを毎日している人も多いはずだ。

しかし、デスクワークのような座り過ぎてしまう仕事は、「大腸がん」を引き起こす恐れがあることをご存知だろうか。

大腸がんは粘膜の表面に腫瘍が発生し、徐々に細胞の奥深くまで進入する。症状が進行すればするほど、大腸がんのほかに、肺や肝臓などさまざまなところに転移するため注意しなければならない。

では、なぜ座り過ぎが大腸がんのような病気につながり、確率を増加させるのか。

今回は座り過ぎが大腸がんになる確率を増加させるリスクと、座り過ぎによる大腸がんの予防対策について説明する。

スポンサーリンク

なぜ“座り過ぎ”ががんの確率をあげるのか?

日常生活の中でも座る機会は多い。

デスクワークはもちろんのこと、食事やテレビを見るとき、パソコンをする時、ゲームをする時など人それぞれ座る機会がたくさんある。

しかし、座り過ぎてしまうと“大腸がん”になる確率が増加するため、できるだけ座り過ぎないことが大切だ。

事実、大腸がんになる人のほとんどがデスクワークの仕事をしている。そう、デスクワーク中心の仕事をしている人ほど発症率が高いのだ。

では、なぜ大腸がんになってしまうのか。

その主な原因は“運動不足”にある。

デスクワークは体を動かすことがほとんどなく、ずっとイスに座りっぱなしになるため運動不足になりやすい。

ほかにも筋肉の緊張や不規則な生活など原因が様々だが、主な原因は運動不足になのだ。

特に6時間以上のデスクワークをしている人は座り過ぎの傾向が強く、大腸がんになるリスクは体を動かしている人のおよそ2倍だと言われている。

よって、座り過ぎによる大腸がん予防は重要なテーマ。

座りっぱなし状態だと血液が下に流れる傾向に。そのため、血液の流れの悪さが原因で足がむくむ他、大腸がんのリスクがより高まる。

では、いかにして大腸がんを防げばいいのか。

もっともおすすめできる方法は、血液の流れを活性化させ「冷え」を防ぐことだ。

女性のほとんどが“冷え性”で悩まされているが、冷え性はさまざまな臓器の活動を低下させる特徴をもつ。さらに冷え性は放置すればするほど、体中の血液の流れが悪くなり、あらゆる体の不調を引き起こす。

よって、できるだけ早めに解消すべきだ。

仮にオフィス内の冷房が効きすぎている場合、体は冷えやすくなる。さらに、デスクワークなどで座りっぱなしの状態が重なればますます冷え症が悪化するばかり。

では、どうすれば冷え性と座り過ぎを予防できるのだろうか。
次の項目にて座り過ぎによる大腸がんの予防・対策について説明する。

スポンサードリンク

座り過ぎの大腸がん予防のポイントは2つ!

座り過ぎによる大腸がんを未然に防ぐためには、前述したように「運動不足」と「冷え性」を改善することが大切だ。

毎日デスクワークをしていると運動不足になりがちだが、自分の心がけ次第で運動不足を解消できる。

例えば、休み時間や下に降りる時はエレベーターを使わずに階段を使う、休憩室で軽く屈伸や体操をする、マッサージ店に行くなど、ほんの少しの運動が解消につながるだろう。

要するに座り過ぎないよう、仕事の合間や休憩時間を利用して体を動かすことが大切なのだ。

生活習慣を見直せば、いつもより朝早く起きて、空いた時間にウォーキングすることも可能。ウォーキングは誰でも簡単にできる運動なのでオススメ。

運動不足を解消するためにはジムに通ったり、ジョギングといった激しい運動をしなければならないと思っている人が多いが、決してそのようなことはない。

ウォーキング、散歩、ストレッチ、筋トレなど、自宅で簡単にできる動作も座り過ぎによる運動不足を解消するための立派な運動になる。

たった数十分、毎日続けるだけでもデスクワークによる運動不足が解消されるのだ。

座り過ぎによる筋肉の衰え、臓器や細胞など活動の低下も防げる。

また、ウォーキングは基礎代謝があがり、血液の流れが活性化されるため、「冷え性」対策にもなると好評だ。しかし、毎日地道に続けていかなければ効果は生まれない。

毎日の積み重ねが大きな効果をもたらし、座り過ぎによる大腸がんを未然に防ぐことができる。

続いて、大腸の機能を低下させる「冷え性」対策としては、休憩時間にエアコンが効いていないところに行くか、できるだけ体を温める飲み物を飲む方法の2点がある。

暑い時期が続く夏になると、つい冷たい飲み物ばかり飲んでしまうが、冷たい物は体の冷えを助長するので要注意。

冷え性の人はできるだけ冷たい物は避けよう。

冷たい飲み物ではなく、血行促進効果のある「白湯」のような暖かいものを飲んだほうが効果的。

どうしても座り過ぎる傾向にある人は、対策アイテムを利用してみてはいかがだろうか。最近は、市販や通販などで座り過ぎによる大腸がん防止専用のクッションや座椅子が発売されている。

自分のイスに敷けるようなクッションを購入するのもよい。家でも座り過ぎる傾向がある人は、座りながら簡単にエクササイズできる座椅子がオススメ。

大腸がん防止になるさまざまなアイテムを利用するのもひとつの方法だ。

仕事中はもちろんのこと、日常生活でも不規則になっている部分を改善し、「運動不足」「冷え性」の2つのポイントに注意しながら解消していこう。

できるだけ座り過ぎないこと。そして、自分が気軽にできることから始めてみてはいかがだろうか。

さまざまな対策を行いながら“定期健診”を受けよう

大腸がんの主な原因は座り過ぎによる「運動不足」と「冷え性」だが、日常生活が大きく関係していることを忘れてはいけない。

つい見落としてしまいがちだが、「食生活」の乱れも大腸がんの原因として挙がっている。

近年、食の欧米化により、ファストフードやコンビニ弁当、レトルト食品など、高カロリー中心の食生活になっている人が増えてきている。

毎日、高カロリーの食事を続けていると大腸がんのリスクも高くなるので気をつけなければならない。

できるだけ脂質が少なくカロリーが低いもの、食物繊維やミネラル・ビタミンが豊富に含まれている野菜を積極的に摂取しよう。

野菜中心の食生活に改善すれば座り過ぎによる大腸がんも未然に防げるし、血行不良の心配もない。栄養のある食事を毎日摂れば、新陳代謝も自然とあがる。今まで高カロリー中心の食生活をしていた人は、この機会に野菜中心の生活に変えよう。

また、嬉しいことに野菜は栄養が豊富だけでなく低カロリー。よって、1日のカロリー摂取量も的確な量で抑えられる。

そしてもうひとつ、気をつけてほしいことがある。

それは「姿勢」。

デスクワークをしている人ほど、座り過ぎによる大腸がんの発症リスクが高くなるが、長時間の同じ「姿勢」も大きく関係していると言われている。

座り過ぎていることに気づかず、長時間同じ姿勢で作業をしていたということもあるのではないだろうか。

同じ姿勢を長時間維持し続けると、体中の筋肉が固まってしまい、血行不良になるのだ。

できるだけ長時間同じ姿勢でいないこと。1時間ごとに背伸びをしたり、一度イスから立ち上がるなどして、座り過ぎを防ごう。

このようにイスに座るときの「姿勢」にも注意してほしい。

猫背になっていたり、きちんと背骨がまっすぐになっていない状態であれば、腰に大きな負担がかかり、大腸がんだけでなく、腰痛が悪化する危険性も出てくる。

いつまでも健康的な体を求める方はは、日常生活であらゆることに注意を向けなければならない。より徹底的に座り過ぎによる大腸がんを防ぐためには“定期健診”を受けるべき。

定期健診は早期発見に欠かせない検査であり、進行していない大腸がんを発見できる確率がアップする。

初期段階で発見できれば適切な処置ができ、命に関わる危険性も低くなる。実際に定期健診で初期症状の大腸がんを発見し、未然に取り除くことができた人も少なくない。

定期的に大腸がんの検査を受けながら、日常生活でできる予防対策を行っていこう。地道に心がけていけば、大腸がんを未然に防げる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top