要チェック!“新型うつ”の症状と特徴

最近多くの人が発症している「うつ病」。

これからは体にあらわれる病気ではなく、うつ病のような精神病がはやると言われている。

うつ病にもさまざまな種類があるが、とくに傷つきやすく、些細なことで落ち込み、人の所為にしてしまう症状がある。それが「新型うつ病」だ。

新型うつ病とはどのような病気なのか、また効果的な対策についてもみていきたいと思う。

スポンサーリンク

若い世代の発症率が高い「新型うつ病」とは?

うつ病は幅広い年代の人が発症するが、新型うつ病は主に20代~30代と若い世代に多い傾向がみられるのが特徴的。

新型うつ病の特徴はたくさんある。例えば、感情の浮き沈みがとても激しかったり、症状がひどくなる時間帯は従来と違って夕方、悪化する場所は主に仕事場などなど・・・。

とくに大きな特徴といえるのが、いらだちの矛先が自分ではなく“他人”に向かうことだ。

従来のうつ病でイライラしてしまうのが自分自身に対しての自己嫌悪感だったが、新型うつ病は自分ではなく、他人にイライラが向いてしまう特徴をもっている。

仕事場で注意されたことが「周りのせい」「上司のせい」「環境が悪いから」とほかの所為にしてしまう傾向が強い。

そして仕事場以外はうつ病の症状は出ないのに、仕事場だけ症状があらわれるのも新型うつの特徴でもある。

スポンサードリンク

気になる「新型うつ病」の原因

新型うつ病の特徴についてわかったと思うが、はたしてどのような原因があるのだろうか。

新型うつ病の原因は主に、「内的要因」と「外的要因」の2つにわけることができる。

  • 内的要因:自分でぐるぐると考え込んでしまったり、自己解決してしまうこと
  • 外的要因:仕事場や周りの環境や人間関係など

しかし、新型うつ病は内的要因と外的要因の区別がハッキリつかず、この2つが同時に混合してしまっていることもあり、とても難しい症状となっているようだ。

仕事中だけうつになるということは外的要因が原因では…と思ってしまいがちだが、根本的な原因は本人の気持ちにあると判断する専門家も多く、人によってケースバイケースだそう…。

新型うつ病は普通のうつ病よりも少しややこしいうつ病といえる。

ゆっくり時間をかけていきながら向き合うことが大切

新型うつ病にしろ、ほかのうつ病でも大切なのは「時間」。

早くうつ病を治したいからと無理なことをし始めてもそれがストレスに変わり、逆効果となってしまうので注意しておかなければならない。

新型うつ病は比較的ややこしいタイプなため、ゆっくり時間をかけていきながらうつ病と向き合い、対策をたてていくことが大切なポイント。

新型うつ病の効果的な対策としてオススメしたいのが、“誰かに話を聞いてもらうこと”だ。話を聞いてもらえるだけでも人間は気持ちがスッキリし、心を落ち着かせることができる。

自分の気持ちを整理することもできるため効果は抜群。

心理カウンセラーやかかりつけの医師、身近な家族や友人にどんどん悩みを打ち明けていってみてはいかがだろうか。

自分1人で解決をしようと考えてはダメ。うつ病かもしれない…と思ったらすぐに病院にいき、相談することをオススメする。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top