蚊に刺される人は“ある原因”が影響していた

露出度が高くなる夏。

外に出ると、絶対「蚊に刺される」という人も多いのではないだろうか。外に出るたび蚊に刺されるようでは、思いっきり遊べない。

しかし、なぜ、蚊に刺されるのだろう。蚊に刺される人は、ある原因が影響していた。困っている人は、ぜひ「原因」について知ろう。

スポンサーリンク

蚊に刺される人ほど「揮発性物質」がたくさん出ている!?

あなたは、「揮発性物質」について知っているだろうか。

揮発性物質とは、常温・常圧で気体になりやすい物質のこと。人から出ている汗には、さまざまな成分が含まれている。

汗には、揮発性物質である「乳酸」や「アセトン」も入っているのだ。

そんな揮発性物質を蚊は好む。揮発性物質がたくさん排出している皮膚ほど蚊がたくさん寄ってくる。

つまり、蚊に刺される人=揮発性物質がたくさん出ている証拠になるのだ。

揮発性物質がたくさん出る人は、「体臭」という共通点がある。汗に混じっている臭いは、揮発性物質が影響していると考えていい。

体臭がひどい人は、蚊に刺されやすいので要注意。

体臭の原因は、主に、過剰なアルコールの摂取や不摂生な生活になっている。加齢による臭いもあるだろう。

蚊に刺される人は、日ごろの生活を見直していかなければならない。

スポンサードリンク

蚊に刺される原因は「高い体温」にあった

蚊に刺される人の共通点は、「高い体温」にもある。

運動直後やアルコール摂取後など、体温が高まっているときこそ蚊に刺されやすい。

蚊は、人の体温や湿度、排出する二酸化炭素に影響されている。そのため、体温が高い人ほど蚊に刺されやすい傾向がある。

特に体脂肪が多い人は注意しておかなければならない。体脂肪が多いと汗をかきやすくなる。つまり、体脂肪が原因で蚊に刺されやすくなっているのだ。

「最近、太ってきたな」「運動不足だな」と感じている人も、太り気味の傾向があるため要注意。

体脂肪をこれ以上増やさないため、カロリーをコントロールしていこう。体脂肪が増える原因は、ほとんどが「食生活」にある。

コンビニ弁当やファストフード、レトルト食品など、高カロリーの食べ物は体脂肪を増やす原因に。また、外食もできるだけ控えめにしておこう。

カロリーをコントロールして、適度な運動を取り入れていけば、体脂肪も減る。

蚊に刺されることもない。

規則正しい生活を心がけ、「清潔さ」を忘れないこと

蚊に刺される原因は、高い体温や揮発性物質、体臭などさまざま。原因はさまざまあるが、毎日規則正しい生活をしておけば問題ない。

睡眠をしっかりとる、栄養バランスが整った食事をする、適度な運動を取り入れる。この3点セットに注意しておけば、蚊に刺される要素もなくなるだろう。

過剰なアルコール摂取は体温を高くするため要注意。アルコールは体臭にも大きく影響してくる。

また、常に気をつけてほしいのが「清潔さ」。

たくさんの汗をかいた洋服を着続けると、湿度が上がり、蚊が寄ってくる。不清潔な状態は体臭を悪化させる原因にもなるので気をつけなければならない。

汗をかいたら清潔なタオルでふく、大量に汗をかく人は、常に着替えを2~3枚持ち歩こう。

着替えを常備しておくことで、常に清潔な洋服でいられる。

最近は、体臭を抑えてくれる石鹸も登場しているので、臭いが気になる人は要チェック。石鹸を変えるだけでも、だいぶ変わってくるだろう。

 

このように、蚊に刺される人の原因について説明してきたが、いかがだっただろうか。

自分に当てはまることがあれば、すぐに見直し、改善してほしい。自分の原因がわかれば、適切な対処・対策もできる。

自分でできる対策はたくさんあるのだ。

蚊に刺される人は、原因を踏まえつつ、日々の生活を見直していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top