薬剤師への転職を成功させるためのポイント【まとめ】

今、薬剤師に転職する人が増えているという。

その理由は“高収入”だから。

現在では薬剤師に特化した求人サイトが多く、それだけ転職を希望する人々の割合が高いのだろう。しかし、高収入が当たり前と思ってしまう考えはあまりにも危険だ。

薬剤師の求人情報をきっちり把握することはもちろん、どこが素晴らしい職場および環境なのかを判断するスキルが必要となる。つまり、高収入ばかりを目当てに検索しても、あなたが満足できる未来を手にするとは限らない。

そこで今回は、薬剤師の求人で“注視”すべきポイントをくわしく解説する。

スポンサーリンク

“高収入”と書かれた求人の落とし穴

確かに薬剤師は高収入が期待できる職種といっていい。
実際に稼いでいる薬剤師は多い。

また、現時点では薬剤師の評価が高騰していることもあって、転職を希望する人が急増している。もちろん、その理由は“高収入”を実現したいからだ。

だが、現実はそれほど甘くはない。
思い描くような何十万円もの年収アップはきわめて難しい。

ごく一般的に考えて、収入がアップしたとしても数万円程度だろう。

薬剤師の求人情報をみると、その多くに“高収入可”といった文句が書かれているが、それには理由があることを忘れてはならない。見出しではあえて“落とし穴”と表記したが、高収入可と掲載された求人のほとんどが、“条件つき”となっている。

その条件の定番となっているのが、地方にある薬局での勤務、異動を前提としている職場、管理薬剤師などがあげられる。

つまり高収入になることは間違いないが、職務条件としては厳しいものがある。もちろん、そういった条件をもとから探していたなら話は別だが、そうでない限りは心身ともに負担が増すだけといえよう。

だからこそ、高収入という文字ばかりに注目せず、しっかりと条件を把握し、自身にとってデメリットにならないかチェックしなければならない。

スポンサードリンク

実態解剖!「有給が絶対に取れる」という噂

薬剤師に転職する最大の理由は、“高収入”となっているが、もうひとつ転職が希望される理由がある。

それは“有給が絶対に取れる”職種だから。

確かに魅力的な薬剤師求人をチェックしてみると、有給消化率が100%と書かれているものが多い。そのため、自由に有給が使えるなんて夢のよう・・・と、期待をふくらませて薬剤師に転職する人は増えている。

が、これまた現実はそこまで甘くない。

まずは冷静になって、薬剤師の職場について考えもらいたい。人数が余るほどの職場であるなら、有給をとってもまったく問題なく運営できるだろう。

が、逆に少人数体制のちいさな薬局だった場合、
ひとりでも薬剤師が休暇をとるだけで激務になるのは当然のこと。

また、どこの職場も余裕ある人材を確保しようとは思わないはずなので、現実的に考えて有給を自由にとることは難しいといえる。

“優良求人サイト”こそ薬剤師転職へのカギ

以上、理想と現実にギャップについて解説した。きっと想像していたイメージからかけ離れていたことだろう。

しかし、この記事は薬剤師の求人を否定するものではない。あなたにとって最適な求人を選び、理想の転職をするためのヒントととらえてほしい。

言うまでもなく信頼できる求人サイトを選べば、その後悩むこともないしトラブルも回避できる。

まったくもって信頼に値するか判断できない求人サイトなら利用を控えるべきだ。しっかりと職場環境がわかるように明記され、詳細までもが書かれている求人サイトを選ぶように心がけよう。

以上、薬剤師にスムーズな転職ができるよう、求人サイトの質には十分にこだわっていただきたい。

求人情報サイトの正しい使い方

薬を調合する仕事である薬剤師は意外と転職が多い。

あちこち、病院や薬局へ転職している人も少なくない。
しかし、転職をするにはそれなりの覚悟が必要である。

医療関係の転職は難しいといわれているが、
成功のポイントさえ掴んでおけば転職がうまくいく。

薬剤師で転職を考えている方は要チェック!

さまざまな場所でアンテナをたてておく

転職を成功させるためには、
希望としている場所での求人を見つけなければならない。

そのために、ひとつに限定せず、
さまざまなところでアンテナをたてておこう。

情報収集としてよく利用されるのは「ハローワーク」だが、
ほかにも「病院・薬局」「求人情報サイト」がある。

ハローワークは地域密着型の求人紹介施設であり、
その地域で募集されている薬剤師の求人を紹介してくれるだろう。

しかし、ハローワークで紹介される求人には限りがあるのがデメリット。

ハローワークだけでは希望通りの求人を見つけることができないので、
他の方法で情報収集することをオススメする。

もしかすると薬剤師の職場となる「病院・薬局」でも、
求人案内の紙がはられているかもしれない。

求人サイトには載っていない情報が現場で見られることもあるのだ。

家の近くにある病院や薬局を訪れてみるのもひとつの方法。
直に、雰囲気も感じることができるので一石二鳥である。

自分の足で情報を得るのも成功の秘訣だといえる。

「求人情報サイト」はインターネットを活用した情報収集となる。

未公開求人が記載されていることもあり、
比較的よい条件の求人が見つかるかもしれない。

その可能性は非常に高いところだろう。

それぞれ特徴があり、
幅広くアンテナを張り巡らせておくことで短期間で情報を得ることができる。

転職を成功させたいのであればひとつだけでなく、
いろんな探し方を利用していかなければならない。

転職をするまえにもう1度考えることが大切

転職を考えている人の中には「何とかなるだろう」とあまくみている人もいるだろう。

これだけは言っておく。
“薬剤師の転職は決してあまくない”。

転職をするまえにもう1度薬剤師としての心構えについて一緒に考えていきたいと思う。

人によって転職したい理由はさまざまだろう。

人間関係がうまくいかない、給料が低い、仕事が大変…
それぞれ悩みはあるが、本当に転職したいのか自分と向き合ってほしい。

転職理由があいまいなまま転職をしても、
また同じことを転職先で繰り返してしまうもの。

「どうして辞めたいと思ったのか」
「本当に転職したいのか」考えよう。

そして、考えたうえで転職を決めたのであれば、
薬剤師としてのキャリアプランを立ててみよう。

この先薬剤師としてどのように働きたいのか、
どうやっていくのか計画を立てると転職先も変わってくる。

転職先で考える優先順位がある程度決まるだろう。

衝動的な感情に流されずにゆっくり考えることが心構えとなる。

薬剤師専門の転職サイトを活用していこう

インターネットのサイトには薬剤師の転職に役立つ転職サイトがいくつか存在している。

転職活動において転職サイトはとても便利。

なにが便利なのかというと、
転職サイトのサービス内容が非常に優れているのだ。

転職サイトに登録すると担当のスタッフが1人つくことになり、
自分が希望とする求人を見つけ、紹介してくれる。

もちろん、自分で求人を探すこともできるが、
専門の転職スタッフが探してきてくれるので時間を無駄にすることはない。

また、ハローワークや求人情報誌には載っていない「非公開求人」がたくさんあるのも魅力的だ。

とくに薬剤師の転職なら、「ヤクステ」は頼りになるサイトだ。

ヤクステの魅力は、専属キャリアコンサルタントがマンツーマンで支援してくれること。利用者の状況やキャリアプランまでを見据え、コンサルティングをトータルに行ってくれる。

自力で転職を目指すよりも、成功率を高められることは間違いなく、おまけにガイドを付けることができるため心強い。真剣に薬剤師の転職を目指すなら、こういったサービスを利用することが重要になる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top