落ちた食べ物の“3秒ルール”は本当に有効なのか

小さい頃、必ずやったことがある「3秒ルール」。

食べ物を落とした際、友人や仲間から指摘されたこともあるはず。しかし、本当に落ちた食べ物の3秒ルールは有効になるのだろうか。

落ちた食べ物の3秒ルールについて詳しく説明する。気になっている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

落ちた食べ物は「バクテリア」の影響を受ける?

床や地面にはたくさんの細菌「バクテリア」が存在している。

「落ちた食べ物にバクテリアがついてしまうのでは…」と心配している人もいるが、影響を受ける可能性は低い。

実際、マンチェスター・メトロポリタン大学が「3秒ルール」は有効かどうか実験をした。主に消費されている食品を5つ実験台にして落ちたときの汚染状況を調べたのだ。

実験の結果、ほとんどの食品が人体に影響を受けるほど汚染されていなかったこと、心配せず口に入れることができるとわかった。

以上のような結果から3秒ルールが有効だと判明している。

私たちは「落ちた食べ物=捨てなければならない」という固定概念にこだわりすぎているのだ。

すぐに落ちた食べ物を拾い汚れを落とせば再び食べられる。バクテリアの影響は基本的に少ないことを覚えておこう。

スポンサードリンク

落とした場所によっては危険が伴う

実験結果からバクテリアの影響は「落とした場所」も深く関係していることがわかった。

落とした場所によっては落ちた食べ物にたくさんのバクテリアが付着してしまう。3秒ルールは有効だが、落とした場所には注意しておかなければならない。

たとえば、固いタイルの床や泥まみれの地面、水たまりなど汚れが目立つ場所は要注意。3秒でも汚れが食べ物にたくさん付く可能性もある。

実は、カーペットよりも固いタイル床の上に落とした方がバクテリアの数は多い。落とした場所の確認は必ずしておかなければならないだろう。

また、落とした場所だけではなく「落ちた食べ物」や「床に置いている時間」も要チェック。

実験によると「水分を多く含む食べ物」ほどバクテリアが吸収しやすくなる。バクテリアが吸収しやすい食べ物を落としたのなら「3秒ルール」は有効でない。

そして、床に置いている時間が長くなるほどバクテリアの量が多いことがわかった。5秒・10秒・1分と時間が増えるたびに付着するバクテリアの量も多くなる。

よって、落ちた食べ物はできるだけ早めに拾い上げなければならない。すぐに拾い上げられない場合は3秒ルールが無効になる。

このように、「落とした場所」「落ちた食べ物」「時間」をチェックしながら判断してほしい。

落ちた食べ物の3秒ルールをより有効にする方法

たとえ、3秒ルールが有効だとしてもそのまま口に入れるのをためらってしまう。そこで、ぜひ実践してもらいたい方法がある。

落ちた食べ物を「洗う」「加熱する」2点を実践してほしい。

3秒ルールでも落ちた食べ物をそのまま食べてしまうよりは、洗ったり、加熱をした方が安心。洗うことである程度の汚れが落ち、加熱をすると細菌をやっつけてくれる。

3秒ルールが有効でも心配になっている人は、ぜひ「洗う」「加熱」をしよう。

面倒だと感じてしまいがちだが、安心して食べるためには洗う、加熱することが大切になる。少しの行動でも付着したバクテリアを落とせるのだ。

何らかの対策をした方が安心して再び口にできる。

食べ物を粗末にしないためにも3秒ルールをぜひ実践してみてはいかがだろうか。

しかし、以下の注意点には注目してほしい。

・落ちた場所
・床に置いた時間
・落ちた食べ物の種類

以上の3点に注意しつつ、安全性を確かめたうえで落ちた食べ物の3秒ルールを有効にしよう。

免疫力が大人よりも低い小さい子供、赤ちゃんには3秒ルールはおすすめできない。アレルギーのある人や胃腸が弱い人は注意しよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top