菌だらけ?カレーを“寝かせる”行為はNG??

一晩寝かせることでよりコクと旨味が増すと言われているカレー。確かに出来立てのカレーとひと晩寝かせたカレーを食べ比べると味に違いがあり、後者の方がコクが増しているかのように思える。

あくまでコクと旨味が増すという点は事実なのかもしれないが、衛生面を考えるならひと晩寝かせたカレーは避けたほうがいいようだ。そこで今回はカレーを“寝かせる”行為の善し悪しについて解説したい。

スポンサーリンク

ひと晩寝かせたカレーは“菌だらけ”

最近になってカレーを“寝かせる”行為が問題視されるようになった。その理由はいたってシンプルで、菌が繁殖しやすくなるため。カレーを菌だらけにする張本人、それが「ウエルシュ菌」だ。この菌は肉や野菜などにもともと付着しており、カレーの中で繁殖する。

何の害もない菌ならば問題ないのだが、ウエルシュ菌は食中毒の原因にもなる厄介者。カレーは高音で煮込むため、菌など生きる余地がないと思っている方は少ないはず。しかし、ウエルシュ菌は100℃もの高温に耐える特徴をもっている。

つまり、どれだけ煮込もうとも100°C以下ならば生きている可能性が高いのだ。

さらにこの菌は高温をはじめ、冷凍や乾燥にも強い性質をもっており、除菌に欠かせないアルコール消毒をもっても効果がない。つまり、驚くべき生命力をもった菌なのだ。

カレーが“菌だらけ”になる理由、それはウエルシュ菌が繁殖し、生命力が高いため。よって、ひと晩寝かせたカレーはこだわりがないかぎり、避けたほうがいいことになる。

スポンサードリンク

どうしてもひと晩寝かせたカレーを食べたい方へ

あくまで特別な方法を用いないなら、ひと晩寝かせたカレーは避けるべきだ。

しかし、ひと晩寝かせたカレーはウマイ。カレー好きにとってはひと晩寝かせないと無理という方もいるだろう。そこでひと晩寝かせたカレーを食す場合は以下の点に気をつけてほしい。

 

1. 常温で保存してはいけない
短時間の保存をする場合、60℃以上で煮込み続けるように。一晩置く場合は、小分けして冷蔵庫で保存することを心がけてほしい。

 

2.食べる直前にはあらためて温め直すこと
食べる直前にあらためて温め直すことで、菌を死滅させることができる。できるなら、電子レンジでチンするよりも煮込んで食べたほうがいい。

 

3.加熱の際はよくかき混ぜること
ウエルシュ菌は酸素に弱く、底の方で繁殖する習性が。つまり、加熱の際によくかき混ぜることで死滅させる可能性が高くなる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top