芸能人も御用達!“すきっ歯”の原因に沿った最新治療がスゴイ

すきっ歯に悩んでいる人はどれだけいることだろう。

外見にマイナス要素を与えてしまう心配があるとして、現在はすきっ歯治療をする男女が増えている。

数多くの芸能人も最新の治療法を実践しているようで、ひそかな人気となっているようだ。しかし、すきっ歯治療ともなると、削ったり、特殊な治療をするのではと心配になってしまう。

そこで今回は、自身の原因に沿って治療できる最新のすきっ歯の治し方をご紹介したい。

まずはなぜすきっ歯になってしまうのか、その原因から解説する。

スポンサーリンク

隙間が空いてしまう原因は何なのか?

すきっ歯の原因は大きく分けると以下の4種類あるので、それぞれ原因を把握してほしい。

1: 生まれつき歯が小さい
第一に考えられる原因としては「矮小歯」の影響である。矮小歯とは一般の歯と比べて小さい歯のこと。歯が小さいことによって隙間ができやすくなる。

2: 生えくるはずの歯が生えない状態
第二に考えられる原因としては「先天欠損歯」だ。これは本来であれば生えてくるはずの歯が先天的に欠損しているため、生えてこない状態。単純に生えてくるはずの歯がないため、隙間が生じてしまう。

3: 歯と顎のバランスがとれていない
第三に考えられる原因は、歯のサイズよりも顎が大きいケース。これは顎が大きすぎることで、歯のサイズが問題なくても隙間ができてしまうというもの。

4: 特有の癖による影響
第四に考えられる原因は、食事をするときに癖のある舌の使い方をすることが影響している。たとえば、何かを食べているとき、舌を前歯の裏に押し付けるなどの癖がある場合、次第に前歯が開いた状態になっていく。最終的に隙間が生じてしまう。

このようにすきっ歯の原因はさまざまだ。

原因によって治し方が異なるので、確実に治すためには実績と信頼のあるクリニックや歯科を選択する必要がある。

続いては芸能人も御用達の最新すきっ歯治療を紹介していく。それぞれ原因に沿った治し方となっていると共に、希望に合わせた治療が可能。

すきっ歯治療を検討している方は、ぜひ下記方法の特徴を把握し、参考にしてほしい。

安く早い治療法「ダイレクトボンディング」

今すぐにでも、すきっ歯を治療したい!でも、あまりお金はかけられないし、通院もムリそう・・・。

そんな人におすすめなのが、「ダイレクトボンディング」という治し方だ。

仕組みはいたってシンプルで、すき間をプラスチックで埋めるというもの。

つまり、歯を削るといったリスクがなく、歯並びの形状にあわせて埋めていくため、安い費用で治療ができる。

おまけに治療は1回で終了するため、お金がないけど、スピーディーにすきっ歯を治したい方におすすめだ。

ただし、このダイレクトボンディングは、2mmくらいまでの小さなすき間までが対象となる。すなわち、それ以上のすき間には対応することができない。

詳細は次のとおり。

  • 治療費: 3000円程度(保険診療の場合)
  • 所要時間 およそ30

ホワイトニングもできる「ラミネートべニア」

この治し方はラミネートベニアと呼ばれる、すきっ歯の治し方は、表面を0.7mm程度削り、セラミックですき間を埋めるというもの。

だいたい3mm程度のすき間が対象になるが、変色した歯を白くすることもできる、うれしい治し方のひとつ。さらに短い歯を長くすることもできれば、歯の角度を正し、まっすぐにすることも可能だ。

また、使用する素材がセラミックということもあり、いつまでも変色しない歯を手に入れることができる。

詳細は次のとおり。

  • 治療費: 1 9万円~(自費診療のみ)
  • 所要時間 2日以上の通院が必要(治療施設によって異なる)

スポンサードリンク

歯並びも改善できる「オールセラミック」

オールセラミックは、すき間をセラミックの被せ物、もしくは差し歯で改善する治し方。

歯の全周を削ることで、被せ物をしやすくする工程をおこない、全体的に歯のサイズや形状を変更させて、すきっ歯を改善する。

前述した治し方と比較すると、歯を削る量は多くなるが、総合的に歯の見た目を良くすることができる治療法だ。

歯並びに悩みを抱えている人にとっては、もっともおすすめできる治療法のひとつかもしれない。

詳細は次のとおり。

  • 治療費: 1本 9万円~
  • 所要時間: 3回以上の通院が必要(治療施設によって異なる)

すぐにすきっ歯を改善したいなら

計3点のすきっ歯の治し方を紹介したが、
すぐにでも手軽に治療をしたいなら、1のダイレクトボンディングがおすすめ。

治療回数が1回という点と、わずか3000円程で、すきっ歯改善ができるのは嬉しいところ。条件は限られてしまうが、軽度のすきっ歯ならダイレクトボンディングがいいだろう。

逆に重度のすきっ歯の改善は、セラミックなどの治療法が確実。

費用はかかってしまうが、長年の悩みを解消できることを思えば、けっして高くはない精算になるのではないだろうか。

また、これらの治療法以外にも、
時間はかかるもののマウスピースで改善する方法もある。

スピードと安さをとるか、的確性をとるかは、すきっ歯治療における判断の分かれ目となるだろう。ただし、原因に沿った治し方を選択することも重要なので、専門医とよく相談すべきだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top