花粉症から来る体調不良を簡単に改善する方法

花粉が飛び始める頃にやってくる「花粉症」。

目のかゆみ、くしゃみが続く辛い毎日を過ごさなければならない。

とくに辛いのが花粉症による体調不良。花粉が飛び続ける限り体調不良が続く。何とかならないものかと悩んでいる人も多いのではないだろうか。

花粉症から来る体調不良を改善する方法について説明する。

簡単に改善できるなので悩んでいる人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

花粉症で体調が悪くなってしまう原因とは?

花粉症は空気中に漂っている植物の花粉が目や鼻の中に入り炎症を起こす症状。

体内に花粉が入るとくしゃみや鼻水が止まらなくなる。

主な花粉症の症状はくしゃみ・鼻水だが、風邪に似たような症状も出てくるので要注意。寒気や悪寒、微熱が出ると体調不良になりやすい。

基本的に花粉が体内に入ると、なんとかして体の外に出そうと免疫機能が活性化する。微熱が出るのは体が風邪のウイルス・菌と勘違いし排出するために体温を調節するため。

また、悪寒や寒気が出る原因は脳が体調の変化を知らせている証拠。

脳が「花粉が入ってきたよ!」と危険信号を体に出すことで悪寒や寒気を感じるのだ。

くしゃみが止まらず鼻水をかみ続けると頭痛が起き、体力も一気に失われてしまう。このような症状が続けば続くほど、体調不良で悩まされる。よって、できるだけ早めに解消しなければならない。

花粉症は風邪と同じような症状も出てくる。このことを知らなければ「ただの風邪かな?」と勘違いするので気をつけよう。

微熱や悪寒・寒気と一緒に微熱が出てくるケースはほとんどが「花粉症」。しかし、微熱だけの場合は「風邪」になるのでその違いをきちんと把握しよう。

スポンサードリンク

体調不良予防は「花粉シーズン2週間前」が勝負どころ

毎年花粉症で悩まされる人は花粉シーズンに入る「2週間前」からの対策がオススメ。

今年も花粉症がやってくるとわかっているなら事前の予防が改善につながるのだ。体調不良になってから改善するよりも症状が現れる前に対策をした方が効率的。

2週間前からの対策は“初期療法”と呼ばれ、主に「薬物療法」で対策をする。薬物療法といっても薬は軽いものなので安心できる。

「薬物療法」は花粉が体内に入ってもすぐ排出できるよう、花粉に対抗できる体をつくることが目的。

ニュースで「花粉初観測日」をチェックし、2週間前に病院で薬を処方してもらおう。

また、花粉症から体調不良にならない体質に改善する「漢方」もオススメ。

漢方は体質改善を目的としているためアレルギー体質の人は効果的。ただし、漢方が自分の体質や症状に合っていることが大切。

漢方を利用するならその道に詳しい医師か漢方薬局に相談しよう。

「生活習慣」や「食生活」で花粉症を改善しよう

2週間前からの予防が間に合わなかった場合、「生活習慣」や「食生活」で花粉症を改善しよう。

花粉症から来る体調不良の改善にはこの2点を見直すのが効果的。睡眠不足、食生活の乱れ、運動不足、冷え性、ストレス…生活の乱れに心当たりがある人は注意しよう。

生活習慣・食生活の乱れは体調不良をより悪化させる要因になっている。

できるだけ早寝早起きを心がけ、睡眠をしっかりとること。睡眠不足は自律神経のバランスを乱し、ストレスが溜まりやすくなるので注意してほしい。

精神的ストレスは体調不良を助長させる。できるだけストレスを溜め込まないように、自分でリラックスできる空間や時間をつくっていこう。

そして「食生活」も大切なポイント。免疫力低下につながる高カロリー・高タンパク質の食材はできるだけ避けること。

免疫力が低下するとアレルギー症状が過剰に出るので要注意。

ミネラル・ビタミンなど人間に必要な栄養素を摂り、バランスが整っている食事を心がけよう。

体調不良が長引くと仕事や生活に支障をきたす恐れがある。改善するためにも自分の生活・食事を改め、見直してみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top