臭い撲滅!ボディシャンプーで加齢臭対策をする方法

男女とわずに40代あたりから気になりはじめるのが、
“加齢臭”ではないだろうか。

現代は生活習慣の乱れによって、
若年層でも加齢臭に悩まされるケースが増えている。

秘めておける悩みだったらいいのだが、
加齢臭は周囲を不快にさせるため、それができない。

では、40代~50代の男女が加齢臭対策をするには、
どのようなことを実践すればいいのだろうか。

今回は加齢臭対策について詳しく解説する。

スポンサーリンク

原因ばかり集中してはいけない!

加齢臭の原因となっているのが、
「ノネナール」と呼ばれる物質。

誰もがこのノネナールを対策することが、
加齢臭対策につながると思ってしまうはずだ。

しかし、加齢臭は身体全体のニオイが重なったものであり、
それらをひとつずつ対処しないと改善につながらない。

基本的に体臭が起こるメカニズムは、
皮膚から分泌された皮脂が“酸化”するため。

よくサラサラした汗をかけば臭わないと言われるが、
それは半分正解で半分不正解といえる。

かいた汗をすべて拭き取り、清潔な状態にしているなら問題ないが、
少しでも汗の拭き残しがあれば、それが酸化してニオイの元になるのだ。

おまけに人間はつねに皮脂を分泌している。
この皮脂もまた、一定時間経過すれば酸化してニオイを発してしまう。

つまり加齢臭対策のポイントは、
常に体を清潔にし、汗や皮脂を酸化させないことが重要になる。

では、気になる日中の加齢臭対策はどうすべきなのか。

加齢臭は“朝シャワー”で緩和できる

40代ともなれば仕事で大忙しなことだろう。
そのため、朝は起床してすぐさま部屋をでるケースが多い。

実はこれが加齢臭を自由奔放に放っている原因のひとつ。

お風呂に入り体を清潔にしても、
やがて新しい皮脂が分泌される。

その皮脂が酸化してニオイを発するまでにかかる時間は、
およそ1012時間となっているようだ。

つまり、夜にお風呂に入ったとして、
7時間睡眠 ⇒ 出社となると、確実に日中に加齢臭を放つことになる。

これでは加齢臭対策ができないので、
朝シャワーを心がけるようにしたい。

起床後にシャワーを浴びる習慣を整えれば、
日中に加齢臭を気にする心配から解放される。

要するに確実な加齢臭対策は、
朝シャワーを浴びることなのだ。

スポンサードリンク

おすすめの加齢臭対策は「ボディシャンプーの使用」

以上、朝シャワーを浴びることを徹底すれば、
それだけでも加齢臭対策につながる。

必要になるのは意識と行動だけなので、
とくにお金がかかる心配はないだろう。

が、わずかな出費を惜しまないなら、
加齢臭対策専用のボディシャンプーを使用するのがおすすめ。

ごく一般的なボディシャンプーで体を洗うのもいいが、
現在は加齢臭対策に特化したボディシャンプーが登場している。

加齢臭対策用のボディシャンプーは、一般のボディシャンプーよりも体臭に効果がある成分が多く含まれ、より体を清潔な状態に保つことが可能だ。

もし、加齢臭専用のボディシャンプーを使うなら、
天然由来などの成分を配合し、肌にやさしいものが望ましい。

そして、体臭に効果的な成分がどれだけ配合されているか。
ここに注目してボディシャンプーを選ぶといいだろう。

また、加齢臭対策は生活習慣の乱れをはじめ、
ストレス発散に注意する必要がある。

できるだけ規則ただしい生活を心がけ、
休日はストレス発散ができるように努めるべきだ。

男性も女性も関係なく、相手に不快な思いをさせるのはNG。
とくに加齢臭は指摘されにくいものなので、自覚して改善することが大切。

社会人たるもの加齢臭対策をはじめ、エチケットができて当たり前だ。

ボディシャンプーばかりに頼らず、
規則正しい生活で根本的な対策をすることもポイントといえよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top