自己流のムダ毛処理は肌トラブルになる!?

ムダ毛を処理するとき、あなたはどのような方法で処理をしているだろうか。

脱毛サロンに通っている人も多いが、中には「自己流」でムダ毛を処理している人も多い。

しかし、自己流のムダ毛処理は肌トラブルを招いてしまうため、要注意。

自分の方法でムダ毛処理をおこなっている人は一度改め、お肌の負担にならないような正しい方法でムダ毛処理をしていってほしいと思う。

スポンサーリンク

肌トラブルになりやすいムダ毛処理とは?

カミソリや毛抜き、ムダ毛処理専用のクリームなど、ムダ毛処理方法もさまざま。

自己流でおこなっている人はほとんどが「毛抜き」「カミソリ」を使っているはず。

しかし、この2つは肌トラブルになりやすい処理法だと言われている。カミソリは正しい方法ですれば問題はないのだが、毛抜きはとくに注意しておかなければならない。

毛抜きはムダ毛を毛根からすべて引き抜くことができるため、外見はとてもキレイになる。

しかし、実際は毛根から力いっぱいに引き抜くことになるので毛細血管が傷ついてしまっているのだ。

傷ついた毛細血管から血が出て内出血になってしまったり、炎症を引き起こし、毛穴が目立ってしまうこともあるのであまりオススメできない。

また、毛抜きでよくある肌トラブルが、皮膚の中に毛が埋没してしまうこと。

毛抜きで毛根が横に引っ張られ、次に生えてくる新しい毛がそのまま皮膚の中で成長してしまう。皮膚の中に埋没された毛は処理することが難しく、毛穴が黒くなってしまうため目立つことは間違いない。

自宅でムダ毛を処理するときはできるだけ毛抜きを使わないようにしていこう。

スポンサードリンク

正しい方法で「カミソリ」を使おう

自宅のムダ毛処理で多い方法は毛抜きだけではない。

毛抜きよりも自己流で処理するのによく使うのは、「カミソリ」になるだろう。

カミソリでのムダ毛処理は一歩間違った方法でおこなってしまうと肌トラブルをすぐに招いてしまうので要注意!

正しい方法でカミソリを使っていこう。

  • 皮膚が乾いた状態で処理すること
  • 毛の流れに沿って1回で処理すること
  • 処理後は保湿クリームを必ず塗ること

とくにこの3点には注意してもらいたい。

入浴時にムダ毛を処理する人が多いが、皮膚がふやけている状態でカミソリを使ってしまうと肌を守っている大切な角質も失ってしまうため肌トラブルが発生しやすくなる。

できるだけ皮膚が乾燥している状態で専用のクリームを塗り、カミソリで処理をしていこう。

そして、毛の流れに沿って処理することも大切。

できるだけお肌の負担を減らすためにも毛の流れに沿って1回で剃ること。処理後は保湿クリームを塗ってお肌をカバーしてあげてほしい。

毎日ムダ毛を処理する必要はない

毛が生えてきた途端、カミソリを使って処理しているかもしれないが、毎日剃る必要はない。

目安としては2週間に1~2回程度。

逆に毎日処理をしてしまうとお肌の負担が大きくなり、肌トラブルが招きやすい皮膚になってしまうため極力、剃りすぎないようにしていこう。

とくにお肌が弱い乾燥肌や敏感肌の方は剃った後の部分に菌が入らないように、剃った後の2・3日は石鹸を使わないことをオススメする。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top