自宅で継続できる“家で体力をつける方法”

「最近体力が落ちてきたな…」と思っている人は必見。

“家で体力をつける方法”について説明する。

体力をつけておかなければ免疫力が低下し、さまざまな病気にかかるだろう。

いつまでも健康的に過ごすためには、体力づくりを日ごろからしなければならない。運動が苦手な人でも、家で体力をつける方法を実践すれば、十分な体力が維持できる。

スポンサーリンク

カンタン!毎日家でできる“ストレッチ”

ジョギングやランニングを継続する自信がない、家事や育児で忙しい人にオススメしたいのが“ストレッチ”。

家で体力をつける方法として簡単なので本当にオススメ。

ちょっと時間が空いたときに、関節や筋肉を伸ばしてみてはいかがだろうか。

胸・背中・左肩・右肩・股関節・股の内側・腰・ふともも・左足・右足・ふくらはぎと、さまざまな部分をゆっくり、時間をかけながらストレッチしよう。

ポイントは、筋肉を伸ばすように呼吸をしながらストレッチすること。

息を吸う、吐く“呼吸”を上手に利用しながらストレッチをすれば、筋肉の伸びが感じやすくなる。

ストレッチは、筋肉や関節の動きを広くさせ、柔軟性を高める効果が期待できるだろう。運動不足になればなるほど、可動域が狭くなり、体が動きにくくなる。

しかし、毎日地道にストレッチを続ければ、体力が維持でき、ケガや老化防止にもつながるのだ。

痛みがある場合は無理にすることはない。気持ち良い程度でストレッチを毎日続けることが大切になる。

もとから体が硬い人は、お風呂あがりにすると効果的。お風呂あがりは基礎代謝があがり、筋肉も柔らかくなっているのでストレッチがしやすくなる。

家で体力をつける方法の「ストレッチ」を少しずつ実践してみよう。

スポンサードリンク

自然治癒力を高めるために欠かせない“睡眠”

家で体力をつける方法=筋トレ・トレーニング・ストレッチだけと思っていないだろうか。

家で体力をつける方法は、体を動かす以外にもたくさんある。その中のひとつが、“睡眠”だ。

人間にとって睡眠は、回復力・自然治癒力を高めるために大切なもの。しっかり睡眠を確保しなければ思考力や注意力が低下し、免疫力にも大きなダメージを与える。

睡眠さえとれば良いというわけではないが、睡眠は体力づくりに大きな影響を与えるだろう。

体力づくりをするためには、できるだけ「質の良い睡眠」をとらなければならない。

質の良い睡眠をとるために、以下のようなポイントに注意しよう。

・毎日同じ時間帯に寝る
・寝る前にスマートフォンや携帯電話の明かりを見ない
・リラックスした状態を心がける

以上の3つに注意してほしい。

厚生労働省でも、健康において「睡眠」の重要性を伝えている。家で体力をつける方法として、睡眠はとても大切なことだと覚えておこう。

まだまだある!家で体力をつける方法

「ストレッチ」や「睡眠」と、家で体力をつける方法を挙げてきたが、ほかにもさまざまな方法がある。

例えば、“ぞうきん掛け掃除”。

掃除をするとき、簡単にできるモップや掃除機ではなく、ぞうきん掛けに変えてみてはいかがだろうか。

ぞうきん掛けは、家で体力をつける方法として効果的。

全身の筋肉を動かすため、ストレッチ効果だけでなく、体力向上にも役立つ。部屋をキレイにすると同時に体力づくりができ、一石二鳥だ。

長い廊下を2~3往復するだけで息が切れるだろう。

また、立ったまま靴下を履いたり、歯磨きをする間は片足で立つ方法もオススメ。体力づくりのほかにも、バランス感覚を鍛えることができる。

お皿洗いをしているときは、かかとを上げ下げすると良い。

このように、何かをしているときでも家で体力をつける方法はたくさんある。毎日地道に続けていけば、次第に体力がつく。あきらめずに、できることから始めてみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top