自宅でできる!ひどい前髪の“くせ毛”の直し方

前髪のくせ毛がひどい・・・
どうにかして前髪のくせ毛を改善したい・・・

多くの人が前髪などをはじめ、くせ毛の直し方はストレートパーマ以外に方法はないと思っていることだろう。

前髪のくせ毛は男女共通の悩みであり、
それを悩みのタネとしている人は数え切れない。

そこで今回は現実的にできる、ひどい前髪のくせ毛の直し方を解説する。

スポンサーリンク

まずはシャンプーを正しく使ってみる

頭皮に汚れなどが溜まっている状態では、
ひどい前髪のくせ毛を自由自在にカバーすることができない。

結局のところ、前髪のくせ毛の直し方は“歪み”を抑えることが重要なので、
その原因となるものはすべて排除する必要がある。

そう、頭皮の汚れもまたその原因のひとつなのだ。

だからこそ、正しいシャンプーを行い、
汚れを取り除く習慣を身に付けることが直し方に繋がる。

単純に良質なシャンプーを使えばいいといった問題ではない。
シャンプーは素材よりも工程が重要になる。

まずは髪に付着している汚れを、
ブラッシングで落とす作業からはじめよう。

つづいて、シャンプーをつけずに“すすぎ洗い”をする。
ポイントは髪を濡らすだけでなく、しっかりと頭皮まで洗うこと。

実はこのすすぎ洗いだけでも、
頭皮や髪についた汚れは落ちるものなのだ。

そして、シャンプーで洗髪。
その後にコンディショナーでフィニッシュ。

しかし、どちらもしっかりとすすぐように徹底しよう。

多少、シャンプーなどの成分が髪に残っていたほうがいいのでは?
と思っている人もいるが、それは大きな間違い。

それが前髪のくせ毛を改善できない原因ともなるので、
しっかりとすすぐことを心がけてほしい。

このように、正しいシャンプーを行っていれば、
自然とひどい前髪のくせ毛が改善されるケースがある。

また、縮毛矯正シャンプーも発売されているので、利用してみるのもアリだ。

スポンサードリンク

実践!ひどい前髪くせ毛の直し方

ドライヤーは髪に悪影響という情報が溢れているが、
それは間違いではなく正解。

高温の熱を急激に髪にあたえることは、
ダメージを直接的に負わせるようなものだ。

しかし、ドライヤーをつかわずに自然乾燥する行為は、前髪のくせ毛をひどい状態にするだけ。

いつまでも髪が湿った状態になっていると、
雑菌が繁殖しやすくなるため、頭皮環境が悪化してしまう。

だからこそ、効果的なドライヤーの使い方をマスターしてほしい。そもそも、正しくドライヤーを使うことも現実的な直し方のひとつなのだ。

基本的にドライヤーは熱で乾かすという概念を捨て、
風で乾かすという概念にシフトしよう。

風、そして風量の強いドライヤーを使うようにし、
根元から乾かすようにすれば、早急に髪を乾かすことができる。

とくにマイナスイオンが搭載されているドライヤーは、
キューティクルを整えてくれるため、前髪のくせ毛改善にGood

普段から髪に負担を与えない乾かし方を身に着けよう。

栄養を十分に摂取してくせ毛を改善!

最後になるが、ひどい前髪のくせ毛の直し方として有効なのは、髪にいい栄養素を摂取することだ。

人間、どんな部位にも栄養素が送られているわけだが、
髪は栄養配給がもっとも後になる部位。

重要な臓器を優先して栄養は配給されるので、
栄養不足になっていると、髪に栄養が配給されない。

だからこそ、きっちりと栄養を摂取して、
髪にも栄養を届けることが大切になる。

普段の食生活だけでは、必要な栄養素を摂取できないこともあるので、
サプリメントで補助するのも有効だ。

ひどい前髪くせ毛の直し方は非常に“地味”だが、
コツコツと工程を積み重ねることで、改善されていくもの。

まずはそれぞれの直し方を把握して、
日々の努力を徹底することが大切といえよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top