脱ギリギリ生活!お金を無駄遣いしない方法で豊かな日々を手に入れる

あなたはお金を上手に使っているだろうか。

お金を上手に使うということはお金と上手に付き合うということ。上手に付き合っていくためにはお金に対する価値観を改める必要もある。

そこで今回はどうすればお金と上手に付き合うことができるのか、お金を無駄遣いしない方法をご紹介する。

スポンサーリンク

お金に対して“感謝”すること

もしかすると、あなたはお金を出すときポーンッと投げたりしていないだろうか。

お金を粗末に扱う人ほどなかなかお金が貯まらないもの。年収が良い人はお金の価値観がおかしくなってしまう傾向がみられるが、お金に対して感謝がなければ意味がない。

感謝がない人は、年収が高くても貯金できない傾向が強いのだ。

お金に感謝を持っている人は難なくスムーズにお金を貯めることができるだろう。

どうやったらお金に感謝を持つことができるのか分からない人は次のことを実践してほしい。

例えば、定食屋やレストランでご飯を食べ、お金を払うとき。お金に「ありがとう」と感謝をして店員にお金を払ってみよう。

店員さんに「ごちそうさま」「ありがとう」と伝えるのも良し、お金を払うときに感謝の気持ちさえあればお金の付き合い方が上手にできるはずだ。

コンビニで少しの買い物をするだけでも感謝をしたお金の支払いができれば次第にお金に対しても感謝の気持ちが沸いてくるだろう。

感謝の気持ちを忘れずにお金を使っていってほしい。

友人のため、人のためにお金を使うこと

お金には“流れ”というものがある。

他人のためにお金を使えば自然と自分のもとにそのお金が戻ってくるという流れが。しかも、使ったお金は倍になって返ってくるだろう。

例えば、あなたの友人でお金に困ってしまった人がいるとする。お金を貸してほしいと頼まれたとき、躊躇することなく貸してあげると良い。

そうすればあなたがお金に困ったとき、その友人も気兼ねなく手助けしてくれるはず。

また、お金持ちの人がなぜお金を自分のもとに引き寄せるのかというと、自分だけでなく人を楽しませることにお金を使っているから。

人を楽しませるようにお金を使えば、「楽しい人」「親切な人」という良い印象を与え、どんどん名前が広がることになる。

そして、それが仕事につながる人脈を広げることができ、どんどん仕事のチャンスが自分のもとにやってくるのだ。

このようなお金の流れがあるということを覚えておいてほしい。

お金を無駄遣いしない方法、それは“金銭感覚”を鍛えること

お金を無駄に使っている人ほど金銭感覚が失われ、お金を失ってしまう傾向にある。

そのため、お金を無駄遣いしない方法を実践するには、“金銭感覚”を鍛えるなければならない。

金銭感覚を鍛える手っ取り早い方法としては、いろんなスーパーやデパートで買い物をすることが1番良い。

お買い物をすることでどのスーパーが1番安いのか、この商品はこのデパートが安いと比較することができ、上手にお買い物ができる。

比較してみると分かることもあるのだ。

そうすれば上手に節約することができるし、お金の無駄遣いが減り、その分を貯金にまわすことができるだろう。

自分の金銭感覚を養うこともお金と上手に付き合う大切なポイントになる。このことを絶対に忘れずに、常に鍛えて続けてみてはいかがだろうか。

服はもっとも無駄遣いしてしまうアイテム

「あ~あ、また余分な服を買っちゃった」と後悔した経験はきっと誰でもあるはず。

これがたまにあることならいいが、頻繁になってしまうと生活にも支障が出てくるだろう。

ついつい服を買ってしまう傾向がある人はとくに要チェック!

なぜ無駄遣いをしてしまうのか、衝動買いをしてしまうのか、その原因について解説し、節約するためのポイントについても紹介していきたいと思う。

衝動買いの原因は「セルフコントロール」にあり!?

服を衝動買いしてしまう行動の原因は、主に「セルフコントロール」、自己統制力に問題があるといわれている。

セルフコントロールとはいったい何なのか、パッとしない人も多いだろう。

簡単に説明すると、服が欲しいと思う気持ちを辛抱することができないこと。今必要のないものでも買いたい!という欲望が突っ走ってしまい、気持ちを抑制することができないのだ。

セルフコントロールができない原因は人によってさまざま。ある人はストレスから衝動買いをしてしまったり、不安な気持ちを抱えている、または心配性の傾向がある人が安心感を得るために行動することが多いらしい。

セルフコントロールが周りの人よりも上手に扱うことができないから、つい洋服を衝動買いしてしまう。そして洋服を買ってからはじめて心に安心感を覚えるのだ。

では、どうすれば自分でコントロールすることができるのだろうか。

次では自分の気持ちをコントロールし、節約するためのポイントについて説明していきたいと思う。

買うまえに「本当に必要なものなのか」問いかけよう

セルフコントロールの第一歩として、まずは洋服を購入するまえに一度冷静になってみよう。

買いたい!という気持ちを一旦落ち着かせて、「本当にこの服は必要なのか」自分に問いかけてみることが大切なポイントになる。

この洋服をゲットしたら自分にどんなメリットがあるのか、いつ着ていく洋服なのか、今本当に必要な洋服かどうか…じっくり考えることで気持ちを落ち着かせることができるはず。

そこで「自分には必要のない洋服だ」と思えば、購入せずにすむことができるだろう。衝動買いはなくなるに違いない。

また、衝動買いをしてしまう人の多くは、セール時にすぐその場にいってしまう傾向がある。

セール時は人であふれ、ますます自分に競争心が芽生えてくるものなので注意しておかなければならない。売り場にいくまえに、本当に必要なものかどうか問いかけてみること。

これが習慣化すれば衝動買いはなくなり、セルフコントロールができるようになる。あなたも節約の道に一歩近づくことができるというわけだ。

ゲーム感覚で毎月の予算を決めて行動する

衝動買いをした後は必ず後悔してしまうだろう。その後悔の気持ちがさらにネガティブ思考につながり、どんどん自己嫌悪におちいってしまう。これでは楽しく節約生活を送ることもできないはずだ。

節約するためにはその生活を楽しむことが1番!

そのためにも、まずはゲーム感覚で毎月洋服に使う金額を決めておこう。

例えば、月に2万~3万円だけ洋服に使うと決めておき、その金額をうわまわってしまったらゲームオーバー。ゲームに負けたということになる。

あらかじめ予算を自分で決めておき、ゲーム感覚といったユーモアを加えながらショッピングをしていくと楽しみながら買い物をすることができるだろう。

スポンサードリンク

貯金できない人に見られる共通点

「いつの間にかお金がなくなっている・・・」
「給料日からそれほど経っていないのにお金がない・・・」

このような経験をしたことがある人は多いのではないだろうか。

それはあなたが無意識にお金を使っているから。
つまり、無駄遣いをしていることになる。

あなたは日々、上手にお金を使っているだろうか。

貯金できるときにしておかないと、老後や生活が苦しくなってしまう。

そこで今回は貯金できない人の共通点と、無駄遣い度について紹介する。

お金を使ってストレス発散をする人

毎日生活していれば自然とストレスは溜まるが、ストレスをお金で発散してはいけない。

お金を使って発散している人のほとんどが貯金ができずに、常に給料日前はお金に困っている。

女性で多いのが衝動買い。
ショッピングでストレスを発散する方法だ。

好きなブランドの洋服やバッグ、アクセサリーを購入することでストレス解消をする女性が多く、すぐに給料のお金をすべて使ってしまう。

これでは一向にお金は貯まらないし、癖になってしまい、習慣化してしまうこともある。

お金を使う方法以外に新しいストレス発散方法を見つけよう。

癖になってしまうとそこからなかなか抜け出せなくなるため、できるだけストレス発散はお金を使わないこと。

今そのような傾向が強い人はできるだけ早いうちに違う発散方法を見つけることが重要だ。

ブランド・高級志向が強い人

ブランド品や高級品ばかり購入する人は要注意。

たとえ他の人より収入が良くても、本当に必要なものしか購入しないようにすることが大切である。

ブランド品は確かに質は良いがとても高い値段となっているものが多い。

新作が出るたびに購入しているとどんどん物があふれ、使わないものも出てくるはずだ。

これは本当にお金の無駄遣い。

お金をもったいない方法で使っている。

また、ブランド品や高級品志向が強い人というのは見栄をはっている人が多い。

見栄をはらずとも自分に似合う洋服を購入すれば良いし、本当に必要なものだけを揃えれば生活できる。

見栄は自己満足に過ぎないのだ。

ずっとお金をブランド品だけに使っていると、浪費はどんどん嵩み、貯金することもできないだろう。

ブランド品や高級品志向が強い人はもう1度自分を見直し、本当に必要なものかどうか考えてほしい。

生活空間が汚い・掃除が苦手な人

お金を地道に貯金している人としていない人の差は生活習慣にも大きく現れている。

貯金できる人は生活している部屋や家がキレイに整頓され掃除も定期的におこなっているが、貯金できない人というのは部屋が汚い。

部屋が汚い人は整理整頓が苦手であり、お金の流れも把握していない人が多いのだ。

つまり、お金の整理整頓ができていない傾向がある。

自分が今月何にお金をいくら使ったのか、収入と支出の管理ができないと貯金することはできないだろう。

部屋が汚い人はまず部屋をキレイにしてみてはいかがだろうか。

生活空間をキレイにするだけでもスッキリすることで、環境を整えていくことも大切である。

そうすれば自然とお金の使い方や流れがわかるだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top