脂肪燃焼におすすめの坂道ダッシュの効果

運動不足によって体内脂肪はたまるもの。

脂肪燃焼効果を高めるためにもできるだけ毎日運動をしていかなければならない。そこで、おすすめしたい方法が「坂道ダッシュ」。

坂道ダッシュの効果について詳しく説明しよう。

スポンサーリンク

テレビでも話題になった「坂道ダッシュ」

一時期テレビでも坂道ダッシュをする人の様子が放送されていた。

坂道をダッシュして走ることで体脂肪率が一気に下がると言われている。しかし、その話は本当なのだろうか。

真実を確かめるためにも坂道ダッシュについて詳しく説明するのでぜひチェックしてほしい。

坂道ダッシュには主に3つの効果がある。

 

1つ目は「足の筋力がアップすること」。

私たちの生活において「足」はとても大切な部分。足がなければ歩くことも走ることもできない。

また、老化が進むと同時に足の筋力が低下し、思い通りに歩けなくなってしまう。しかし、坂道ダッシュは足の筋力が向上するため老化防止にもつながるのだ。

「足の筋力が衰えてきているな…」と感じている人はぜひ実践してみてはいかがだろうか。

 

2つ目は「心配機能が活性化すること」。

いきなり坂道をダッシュする行動は呼吸の苦しさが普通の道とは異なる。よって、適度な運動を続けるほど心配機能が活性化するのだ。

少しずつ心臓が強くなるのでおすすめ。

 

最後の効果3つ目は「ランニングフォームの改善」。

急な坂道を走る行為は大きく腕を振らなければならない。そのため、悪いランニングフォームでも自然と改善されるのだ。

脂肪燃焼効果はもちろん、以上のようなメリットが生まれることを知っておこう。

スポンサードリンク

坂道ダッシュの効果を実感するには「正しいやり方」が必要

坂道ダッシュの効果を実感するためには「正しいやり方」が大切なポイントになる。

正しいやり方で実践しなければ効果はない。

坂道ダッシュの正しいやり方をマスターしておこう。

注意しておきたいのは、1日5セット坂道ダッシュをすること。ただし、1セット目から全力疾走をしてはいけない。

全力疾走は2セット目からが理想的。1セット目は体力のおよそ半分を保持しておこう。

そして、坂道ダッシュは上り坂のみですること。下り坂ですると足腰に大きな負荷をかけてしまい、逆効果になるので要注意。

上り坂限定でダッシュをして下り坂はゆっくり歩いて元の位置に戻ろう。

また、坂道ダッシュをする前1時間はできるだけ食事を控えなければならない。食後すぐの過激な運動は心臓や胃腸にダメージを与えてしまう。

急激な吐き気がやってくる恐れもあるため注意してほしい。

トレーニングをする前は必ず「ストレッチ」をする

坂道ダッシュの効果は続けるほど実感できるもの。

しかし、普段運動をしていない人がいきなりやると体に大きな負担をかけてしまう。できるだけ負担をかけないたえにもトレーニングをする前は必ず「ストレッチ」をすること。

ストレッチやウォーミングアップを軽くすることで体中の筋肉がほぐすことができる。

ある程度筋肉をほぐして温めておけば脂肪燃焼効果も高まるのでおすすめ。坂道ダッシュをする前に必ず実践していこう。

ストレッチやウォーミングアップはもちろん大切だが、トレーニング後の疲労回復も必要不可欠。

短時間で効果が得られるトレーニングだからこそ疲労回復にも余念が欠かせない。

スムーズに疲労回復をするためにも日頃の生活習慣に気をつけよう。睡眠をしっかり取り、栄養バランスの整った食事を心がけること。

特に食事は体内エネルギーを吸収する大切なもの。栄養バランスの良い食事を取り入れていき脂肪燃焼効果を高めていこう。

また、体調が悪いときは無理にトレーニングをしてはいけない。自分の体調と話し合いながら毎日少しずつ坂道ダッシュに慣れていこう。

以上のような正しいやり方で続けていけば効果も実感できる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top