背中の“筋”に痛みが発生する原因と対処法

背中の筋が痛む…そんな悩みを持っている人は必見。

なぜ背中の筋が痛むのか、「原因」と「対処法」について説明する。できるだけ早く痛みを解消したい人は原因をきちんと突き止めよう。

スポンサーリンク

もっとも多い背中の筋肉痛や疲労

背中の筋が痛む原因は人によってさまざまだが、最も多いのは「背中の筋肉痛」や「筋肉の疲労」。

久しぶりにスポーツをしたり、体を動かしたり、重たいものを持ったりなど、当てはまる行動はないだろうか。

今まで運動不足だった人が急に背中の筋を動かすと「筋肉痛」になってしまう。背中に大きな負荷や緊張がのしかかってしまうのだ。

痛みはほとんど激しくはない。「ちょっと凝っているな」と感じる程度の痛みになる。しかし、中には激しい痛みが伴うケースもあるため注意しておかなければならない。

筋の痛みとは別に、背中が重く感じる、筋が硬くなっていると感じる人は筋肉痛や疲労物質の蓄積が原因になっている。

よって、他にもどのような症状が起きているのか自分で把握することが大切。しっかり症状を把握して、受診するときに細かく医師へ伝えよう。

また、背中の筋が痛む原因は筋肉痛や疲労だが、それらは運動不足や筋力低下から起きているケースが多い。

日頃からあまり背中の筋肉を動かしていない人ほど痛みが起きやすいため、適度な運動も大切なポイントになる。

スポンサードリンク

デスクワークによる長時間の姿勢維持

仕事関係で毎日デスクワークをしている人も多い。

実は、デスクワークと背中の筋に発生する痛みは密接な関係を持っている。長時間同じ姿勢を維持し続けるデスクワークは背中の緊張状態が長く続くのと同じこと。

つまり、血行が悪くなり、肩から腰にかけて凝りやすくなってしまうのだ。

特にパソコンを扱っているデスクワークは要注意。ずっとパソコン画面とにらめっこ状態になるため、視神経のストレスが背中への負荷につながる。

また、前かがみの姿勢や猫背など悪い姿勢によって大きな負担を与えてしまう。

デスクワークを長時間続ける人ほど背中の筋に痛みが発生しやすくなるのだ。

筋に痛みが出ている人はデスクワーク時の姿勢に気をつけなければならない。

さらに、デスクワークの長時間姿勢+冷え性を持っている人は要注意。

冷え性は痛みを引き起こす原因のひとつになっている。血行不良を促しているため、筋のこりや緊張を助長させているのだ。

オフィスの中はエアコンで冷え切っているため、しっかり自分で工夫をして体を冷やさないことが大切なポイントになる。

筋の痛みが発生したときの対処法とは

原因を見てわかるように、痛みが発生したときの対処法はある。

鈍い痛みで多少なら腰を動かしても問題ない軽度の場合「湿布」を貼っておこう。痛む部分に湿布を貼り、できるだけ安静にすること。

調子が良くなったからといってすぐに動いてはいけない。再び痛む可能性があるため、1日中激しい運動はせずに安静にしておこう。

そして、運動不足や筋力低下を感じている人は少しずつ生活に運動を取り入れること。

背中の筋力が発達しなければ筋が支えられない。慢性的な痛みにしないためにも適度な運動を日々の生活に取り入れることは大切な予防になる。

ただし、過剰な運動は逆効果になるので要注意。自分の体に合わせた運動を少しずつ取り入れることが大切だ。

また、長時間同じ姿勢を保ち続けるデスクワークでも1時間ごとに休憩を入れる、背伸びをするなど硬くなっている腰まわりの筋肉をほぐしていこう。

前のめりや猫背にならないよう正しい姿勢でいることも大切なポイントになる。

どうしても我慢できないほどの痛みが起きた場合はすぐ病院へ行ってほしい。そのまま放置するのは危険なので専門的な治療を受けよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top