健康 生活

胃もたれ解消のコツは“寝方”にあった!

投稿日:

毎日“胃もたれ”が続くと本当につらい。

これは経験者にしかわからないことであるが、胃もたれは単純に好きなものが食べられなくなるだけでなく、ごく一般的な食事も厳しくなる。

数日程度で問題が解消されればいいのだが、食べ物を口にできない状態が続くと新陳代謝が下がり、体調不良の原因を招いてしまうので注意が必要だ。

では、現代人の多くが生されている「胃もたれ」を解消するためにはどうすべきなのだろうか。

そこで本記事では「胃もたれを解消するコツとなる<寝方>」について詳しく解説していく。

寝方を工夫すればスムーズに胃もたれが解消されるので、ぜひとも本記事を現状打破に役立ててほしい。

スポンサーリンク

胃に負担をかけない“効果的な寝方”とは?

胃もたれ解消に効果的とされる方法はけっしてひとつではない。

しかし、そのほとんどは専門的な知識を必要としたり、素人が実践するには厳しいケースが多いが、そのなかでも「寝方に注意する方法」は誰でもかんたんに実践できるやり方のひとつと言えよう。

要するに“胃に負担をかけない寝方”をすることで、胃もたれを解消することができるわけだが、そのやり方はいたって単純だ。

 

胃もたれを解消する寝方は“体の右側を下にして横になること”。

なぜ体の右側を下にするのかというと、摂取された食べ物は左側ではなく右側に流れていくためである。

 

もうお分かりだと思うが、体の右側を下にする寝方をすることで、スムーズに食べ物が右側を流れていくため、結果として胃もたれを解消することができるというわけだ。

実際に今まで仰向けで寝ていた人が体を右側にして横になる寝方に変えてみたところ、それから胃もたれになることがなくなったというケースは数え切れない。

また、上記の胃もたれを解消する寝方は、食べ物の流れをスムーズにするだけではない。

 

体の右側を下にする寝方をすることによって、胃の中に入っている食べ物を腸に押し流すことができるのだ。

 

そもそも胃もたれは食べ物が消化しきれずに残っている状態。

これによってさまざまな症状が引き起こされるわけだが、寝方のコツさえ使えんでしまえば、食べ物が正しく腸に流れるようになるので解消しやすくなる。

ぜひ胃もたれで悩んでいる方は、体の右側を下にする寝方を実践していただきたい。

 

スポンサーリンク

“上体を高くする”ことも胃もたれ解消のコツ

上記で解説した寝方はあくまで「胃もたれ解消の基礎」だと認識してほしい。

胃もたれ最大の悩みはその症状が悩ましいことである。

たとえば、飲みすぎ・食べすぎで気持ちが悪くなるのはまさに典型的な症状であり、当日だけならまだしも翌日もその状態が続くと、ただでさえ低いモチベーションがさらに低くなってしまう。

しかし、食べすぎなどによって気持ちが悪い時に有効な寝方がある。

 

それはいつもより「上体を高くして就寝する」ことだ。

上体を高くすると食道から胃腸まで食べ物が流れる空間が確保されるので、結果として食べ物がスムーズに流れるようになるのだ。

 

このやり方は「体の右側を下にする寝方」、すなわち「横向きになる寝方」が逆効果となり、余計気分が悪くなってしまう人におすすめである。

無論、体の右側を下にする寝方は胃もたれ解消において効果的であることは事実であるが、人それぞれ体質が異なるので実践してみて気分が悪い場合は無理やり続行する必要はない。

なお、横向きになって気分が悪くなったときは、座ったまま少しうつむく常態にすることをおすすめする。

 

座ったままうつむき程度に頭を下げることで、気持ち悪さが解消されやすくなるので是非試して頂きたい。

 

要するに胃もたれを解消するコツは、その日の状態によってさまざまな寝方を使い分けていくことなのだ。

ひとつのやり方にこだわるのではなく、臨機応変に寝方を変えることこそが胃もたれ解消のコツといえよう。

 

食べてからすぐ寝る行為はNG!

胃もたれを悪化させるも解消するも、“寝方”が左右していることは紛れもない事実だが、症状を悪化させている原因は他にある可能性も考えられる。

たとえば、「食べてからすぐに寝る」という行為は胃もたれをまねく原因のひとつだ。

食後すぐに寝てしまうと胃の中にある食べ物が消化しきれず、朝まで残ってしまうことになる。これが胃もたれをまねく原因になり、状態を悪化させてしまうのだ。

 

よって、就寝前の2時間は何も食べないこと。
これこそが胃もたれをまねかない最大のコツである。

 

睡眠中は胃腸の活動が弱くなるので、就寝直前に暴飲暴食をすると胃だけでなくその他臓器にも負担をかけてしまう。結局のところ、就寝する直前は「胃の中が空っぽに違い状態」が望ましいのだ。

 

また、胃もたれを解消のコツとして“水分補給”もあげられる。

 

水分補給は冷水ではなく、ぬるま湯や白湯が解消に効果的。しっかり水分をとることでよりスムーズに食べ物が消化され、胃もたれで悩まされる確率が低くなる。

 

 

また、睡眠こそ胃をはじめとした臓器の回復を促すので、良質な睡眠がとれていないと症状の緩和は期待できない。

よって睡眠の質が悪いと感じている方は快眠をサポートしてくれるサプリメントを利用してみるのもいいだろう。

 

朝までグッスリ!天然由来の快眠サプリ

スポンサーリンク

-健康, 生活
-, , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.