胃が痛い・重たい原因はストレスだけじゃなかった!

ときどき胃が痛い、重くなるという症状に悩んではいないだろうか。

実は胃が痛い、もしくは重たくなってしまう症状には原因がある。とはいえ、原因はひとつでないため、まずは何が不調を引き起こしているのかを探らなければならない。

原因がわかればそれにあった対処法を知ることができ、効率的に胃の不調を解消できるはず。そこで今回は男性・女性に共通して起こる、胃が痛い原因とその対処法について解説していく。

スポンサーリンク

胃の不調にはさまざまな原因が考えられる

胃が痛い・重くなる原因とされるのは以下のものがあげられる。

  • 過度なストレス
  • 食べすぎ、飲みすぎ
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • タバコの吸いすぎ

まだまだほかにも原因はあるが、胃が痛い・重いといった症状でもっとも多いのは以上のものだ。これは男性・女性に限らず、当てはまる人は多いと思われる。

この中でもとくに気をつけてほしいのが、「過度なストレス」。

自律神経に支配されている胃は身体の中でもストレスが1番感じやすく、ストレスが原因で胃潰瘍や急性胃腸炎といった病気を引き起こす人も少なくない。

これは男性・女性に共通して言えることで、胃が痛い・重たいといった症状は数日ですぐに解消されるが、もし定期的に胃が痛い・重たい場合は病院で一度診てもらった方が良いだろう。

この場合、病気のサインである可能性があるため、はやめに受診した方がいいだろう。

スポンサードリンク

胃が痛いときは“胃粘膜の修復”がカギ

胃が痛いと感じたときは、アルコールもしくは刺激が強い食品が原因で胃粘膜が荒れている恐れがある。

吐血をはじめ、我慢できないほどの痛みがやってきた場合はすぐに受診すべきだが、一般的な痛み(我慢できる痛み)においては胃薬で抑えることが可能。

胃が痛いときにオススメの胃薬は、胃粘膜を修復するための薬。このとき、荒れてしまった胃粘膜を回復してくれるタイプの胃薬を使用しよう。

また、胃が痛いという症状はストレスが原因になっていることもあるため、睡眠時間やリラックスタイムを十分にとって心身を休めてあげると良い。とくに神経質な方、日々頑張りすぎてしまう方、ストレスを受けやすい仕事をしている方はストレス発散を第一目標としたほうがいいだろう。

胃が重たいときの対処法はひとつじゃない

一方、胃が重たいときはどのように対処すれば良いのだろうか。

胃が重たいときの対処法は“いつ”重たく感じるのかによって変わってくる。

その時間帯を大まかに分けると、「朝起きたとき」「食後」「食後から3~4時間後」。もし、朝起きたとたんすぐに胃に重みを感じるのであれば、胃の働きが低下している証拠。加齢による胃の不調が考えられるので胃の活動を助ける薬がオススメ。

「食後」であれば、食べすぎで胃に負担がかかっている恐れが…。そんなときは消化活動を助けてくれるタイプの薬が良いだろう。「食後から3~4時間後」の重みは、朝起きたときと同じく、胃の運動が低下している。

 

このように、いつ重みを感じるのかによって対処法が変わってくるため気をつけてほしい。

いつまでも健康的な胃を保ち続けるためにも適度な運動を取り入れ、胃の活動を活性化させていこう。

食生活や睡眠時間、ストレスにも気をつかい、毎日当たり前に過ごしている生活を見直してみてはいかがだろうか。健康的な生活を過ごすからこそ、健康的な胃に改善でき、胃が痛い・重たいといった症状も改善することができる。

胃が痛い・重たいと感じる男性・女性は、あらためて自身の生活習慣のなかに原因がないか探ってみることをおすすめしたい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top