育児ノイローゼの妻に旦那がすべき事とは?

‟育児ノイローゼ”の妻を持つ旦那さんは必見。

これから育児ノイローゼになっている妻の接し方や対処法について説明する。

どのように接したら良いのか悩んでいる旦那さんはこれを機に、正しい知識を身につけていただきたい。

スポンサーリンク

まずは育児ノイローゼの「原因」について把握

なぜ奥さんが‟育児ノイローゼ”になったのか「原因」について知らなければならない。

そこで、まずは自分の行いを改めてみよう。

今まであなたは奥さんにばかり育児を任せていなかっただろうか。

ほとんどの女性は1人で子育てをしていることもあり、子育ての悩みを誰にも言えないような環境から育児ノイローゼになっている。

また「旦那が育児に参加してくれない」ことも原因のひとつ。

これまで奥さんにばかり育児を任せていた旦那さんは反省しよう。

決して育児ノイローゼになっている奥さんばかり責めてはいけない。旦那さんの中には不快感に思う、嫌悪感を抱く人もいるがそれでは悪循環になるだけ。

さらに夫婦の仲が悪くなってしまう。

そのため、自分の振る舞いや態度を改めつつ育児ノイローゼの奥さんに対して正しい接し方をしていかなければならないのだ。

スポンサードリンク

旦那として最適な育児ノイローゼの妻への接し方

育児ノイローゼになっている奥さんは精神が非常に不安定。

そのため、旦那さんの些細な言動や態度でも神経が敏感になっている。奥さんの態度にイライラするときもあるが広い心で受け止めなければならない。

そして、奥さんが持っている育児への不安や悩みを旦那さんが聞いてあげること。

育児ノイローゼになりやすい人は‟1人で抱え込みやすい”特徴を持っている。そのため、1人で抱えている悩みや不安を聞くだけでも気持ちが楽になるのだ。

そこで、悩んでいる奥さんにやさしく声をかけること。

「いつも子供の世話をしてくれてありがとう」「よくやってくれているね」などやさしい言葉かけをして悩みを聞いてあげよう。

つまり、‟感謝の気持ち”と一緒に話を聞くことが大切なポイント。

夫婦になると感謝の気持ちがなくなってしまうもの。しかし、感謝の気持ちを旦那さんがきちんと伝えることで奥さんも気持ちが落ち着き和らぐのだ。

あくまで育児ノイローゼになっている奥さんの気持ちを考えながら言葉をかけていこう。自分の気持ちを優先せず、相手の様子を伺いながらどのような接し方が良いのか考えることが大切になる。

言葉だけでなく「行動」で示すことが大切

育児ノイローゼになっている奥さんは旦那さんのやさしい言葉で安心する。しかし、注意しなければならないのは「言葉」だけでは対処できないこと。

言葉だけかければいいと思っている旦那さんは要注意。

今まで奥さんにばかり子育てを頼っていた反省を踏まえ、これから一緒に育児をしようと心に強く決心しなければならない。

旦那さんが休みの日はできるだけ育児に参加すること。そして、奥さんが育児ノイローゼから脱出できるまでしっかり支えてあげることが大切だ。

たとえ、育児ノイローゼから脱出したとしても夫婦ともに支え合うことが大きなポイントになる。

ただし、育児ノイローゼを起こしている奥さんの中には「家族に迷惑をかけているのでは…」という不安な気持ちを抱えているケースも…。

そこで変に気づかいすぎるのもよくない。家族が気づかっている様子を見るだけで奥さんはさらに自己嫌悪に陥る可能性もある。

また、子供の成長にも悪影響をおよぼすため注意しなければならない。

気づかわない、変に気づかいすぎるのもよくないので難しい。しかし、奥さんの気持ちを深く理解しようとする気持ちがあれば正しい接し方ができる。

まずは奥さんがどのような気持ちでいるのか旦那さんが考えること。そして、相手を気づかう言葉や行動で少しずつ不安や悩みを取りのぞいていこう。

決して焦る必要はない。自分たちのペースで状況を良い方向へ進めていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top