職場の人間関係に疲れた女性がすべき“無理のない対処法”

仕事や学校では多くの人と触れ合うことになる。

その中には自分にとって苦手な人や嫌いな人もいるはず。そのような人とトラブルになり、ストレスを抱え、人間関係で悩むことも少なくないだろう。

そこで今回は人間関係をなんとか解消したい、上手に付き合っていくためのポイントを紹介する。

現在、職場の人間関係に悩んでいる女性はぜひ参考にしていただきたい。

スポンサーリンク

他人に気を遣いすぎてはいないかどうか

人間関係でストレスを感じやすい人の共通点は、「気を遣いすぎている」こと。

自分のことをどう思っているのか、裏で悪口を言っているのでは…と変なところで気を遣いすぎてしまっている。

こう言ったら相手に嫌われてしまうのではないかと常に人の顔色を伺い、素直に自分の気持ちが言えなくなってしまっているのではないだろうか。

そのような状態は絶対に人間関係は良くならないし、長続きしない。

どんどんストレスを抱え込んでしまい、人間不信に陥ってしまうケースも多いのだ。

そうならないためにも、変に意識をしないように心がけてみてはいかがだろうか。

素直に自分の意見や気持ちを相手に伝えたり、気軽な気持ちで気楽に接したり、自分の考え方を少しずつ変えていこう。

最初はなかなか考え方をチェンジすることに抵抗を覚えてしまうが、慣れていけば大丈夫。

自分は自分だと他人と比較せずに割り切ることも大切だ。

スポンサードリンク

仕事場でのお付き合いは適度な距離を保つ

仲が良くなればなるほど、相手に嫉妬や不満を抱いてしまうもの。

よって、仕事場でのお付き合いは相手と適度な距離を保ちつつ接することをオススメする。

あまり距離が近づいてしまうと余計な気持ちが芽生えてしまい、人間関係を壊してしまうリスクが大きくなってしまうだろう。

一度信頼関係が崩れてしまえば元に戻れなくなる。

幅広い視野をもち、小さい輪の中で親交を深めるのではなく、幅広い輪の中で適度な距離を保った方が仕事がスムーズに進めるようだ。

会合やパーティー、打ち合わせで毎日顔を合わせる人でも距離を保ち、もし、仕事場のお付き合いに疲れてしまったのであれば、一度クールダウンをしよう。

距離を置く時間をつくることで自分の気持ちも落ち着かせられる。

「待つ」だけではダメ!自分から誘うことも大切

人間関係に疲れてしまうと人と交流する気がなくなり、どんどん自分の殻の中に引きこもってしまう。

一度引きこもる安心感を覚えてしまうとそこからなかなか抜け出せなくなってしまうもの。自分の殻に閉じ困らないように、自分から交友関係を広げてみてはどうだろう。

相手から誘ってくるのをひたすら「待つ」人も多いが、自分から動かなければ交友関係は広がらない。

無理にとは言わないが、気が向いたときに誘ってみてはいかがだろうか。

1対1でも良いし、何人か誘ってグループで遊びや飲み会に誘ってみると良い。

最初は誘うのに勇気がいるが、これも慣れてくれば自然なやり取りで誘うことができる。そうすればどんどん交友関係も広がり、プライベートや仕事も充実するだろう。

職場の人間関係を良好にする3つのポイント

職場の人間関係に疲れたという人は数え切れないほどいるはず。そもそも、職場で良好な人間関係を築くことは実に難しいことである。

その理由はいたってシンプルで年齢層が固定されていないため。つまり、職場で仕事をしていると自然とストレスが溜まってしまう。

とはいえ、サラリとした対応をしていては、いずれその関係に亀裂が生じてしまうかもしれない。

そこで今回は、職場での人間関係に疲れたときの“3つの改善策”を紹介する。

“良く思われたい”という思考を捨てる

誰でも職場の人間から“良く思われたい”はず。
しかし、その意識が逆効果になる可能性は非常に高い。

たとえば、自分を少しでも良く見せたい一心から、社員などの言動を非難したり、同僚と自身を比較して優位に立とうとするなどの行動が出る。

最初はよく思われるかもしれないが、そのような行動を続けていれば、やがて自身の株は下がっていくばかり。

もっとも重要なことは、職場の雰囲気を良好にすることである。

たった一度の非難が亀裂を生むことは十分に考えられるので、マイナスになる要素が含まれる行為はしてはならない。

自分を作ろうとせず、ありのままの自分でいることが、職場の人間関係を良好にたもつ為の改善策だ。

ありのままの自分で仕事をする際は言い訳や口答えなどをしないこと。そして完璧主義や、できる人間を演じないように心がけよう。

こうするだけでも、職場の人間関係に疲れたという現実から抜け出すことができる。

自分自身のレベルを熟知すること

誰にでも長所・短所がある。そして、個性もまったく違う。

だからこそ、職場の人間関係に疲れたら自身の仕事に対するレベル(力量)を把握することが改善につながる。

自身のレベルがわかっていれば、

  • 与えられた仕事をスムーズにこなせるか?
  • 厳しいので、できそうにないか?
  • 一人でこなすことができるか?
  • 誰かにサポートを依頼する必要があるか?

これらがよくわかるようになる。

自身のレベルを把握できていないと、仕事でミスを犯してしまう可能性を高めるだけ。

言うまでもなくムリをしたり、背伸びをしたりして、結果が散々なものだったら、職場の雰囲気は悪化するのみ。

同じ職場の人間に迷惑をかけないことも、人間関係を良好にたもつ為の改善策といっていい。

だからこそ、自身のレベルを把握することは優先課題なのだ。
職場の人間関係に疲れたと感じる人のほとんどは、自分自身のレベルを知らずに行動している可能性が高い。

過剰なライバル意識やプライドを改善する

少しでも良く見せたい一心で、がむしゃらに仕事をこなしても、結果がついてこないことはご存知のはず。これもまた、職場の人間関係に疲れたとボヤいてしまう要因のひとつ。

そんなときほど、ライバルや同僚の成果が気になって、自分と比較してしまうもの。

しかし、その比較する行為は自分を苦しめるだけだ。

  • 評価されたい
  • 同僚よりも優位になりたい
  • もっと努力しないといけない

こういった意識はストレスを蓄積させるだけなので、結果として職場の人間関係に疲れたという意識を持つようになる。

だからこそ、過剰なライバル意識だったり、おかしなプライドがあるなら捨てるべきだ。

自身のレベルを高めるなら、余計な感情を持たないことが大切。

ライバル意識やプライドを持つのは、自分が納得したポジションに立てた時で構わないのだ。

職場の人間関係に疲れたときこそ自分次第

誰かのせいではなく、あなた自身の意識が変われば、意外にもあっさりと職場の人間関係が良好になるもの。

そう、職場の人間関係に疲れたときこそ、あなた次第ということだ。

だが、先述した3つの改善策を実践しても解決しないケースは多いはず。
そんなときは一人で抱え込まず、上司に相談することが大切。

上司に対する好みはあれど、上司は自身よりも権力をもつ人間。そもそも頼ることが当たり前の立場なので、職場の人間関係に疲れたときは積極的に相談してみるのもアリだ。

以上、職場の人間関係に疲れたときの改善策を紹介した。

自身の意識を改善するだけでなく、頼れる同僚や上司がいるなら頼る勇気をもとう。そうすることで、解決または改善の糸口が見えてくるはずだ。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top