職場で嫌われ者になってしまう人の特徴

職場を辞める1番の理由が「人間関係」。

人間関係がこじれてしまうと会社での立場がなくなり、仕事もスムーズにできなくなってしまう。できれば、よりよい関係を築いていきたいもの。

“職場で嫌われ者になったらどうしよう”“嫌われ者にならないためにはどうすればよいのか”悩んでいる人も少なくない。

そこで、職場で嫌われ者になってしまう人の特徴や嫌われないためのポイントについて説明する。

嫌われたくない人は要チェック。嫌われ者になってしまう人の特徴を知り、嫌われ者にならないための知識を身につけていこう。

スポンサーリンク

どんな人が嫌われる?共通する特徴を徹底解剖

職場で嫌われる人には共通点がある。

新人・中堅・上司でも嫌われ者は必ずいるだろう。なぜ嫌われてしまうのか、実際に職場で嫌われ者の行動や特徴をみれば自然とわかるもの。

どのような人が嫌われ者になるのか、どのような特徴があるのか詳しく説明する。

主にみられる嫌われ者の共通点を3つ挙げよう。

1つ目の特徴は「否定的な言葉を使い、自分の正しさをアピールする人」。

「いや」「でも」「しかし」など、否定的・限定的な言葉をよく使う人ほど職場で嫌われ者になりやすい特徴がみられる。

職場では単独で行動することもあるが、基本は「組織に属す人」であり、会社内のチームワークがもっとも大切になるだろう。

チームワークを崩すような否定的な言葉は周囲の人間を遠ざけてしまうので要注意。

例えば、会議において上司に意見をしたとする。「こうすればもっとよいのではないか」「こちらの方が計画的ではないか」など提案しただけなのに上司から「いや、でもこれは…」と否定されれば、それだけで自信を失ってしまう。

それが的確な指示であれば納得いくが、否定的な言葉が常に出されると提案する気力も失ってしまうのは間違いない。

「どうせこの人に提案したって否定されるだけだ」と相談することもなくなるだろう。

また、否定的な言葉は「あなたは間違っている。私が正しい」とアピールしているようなもの。自分の意見や正しさをアピールする人にみられる特徴なので、嫌われ者になりやすい。

2つ目の特徴は「言い訳をする人」。

職場に限らず、学校や習い事でも言い訳をする人は嫌われ者になりやすいので要注意。

最近は新人で言い訳をする人が増えてきている。「自分がやったことじゃないから」「関係ないから」と不愉快な行動をしょうがないものとして捉える人が多いのだ。

他人が仕方ないな…と思うように言い逃れをすることは非常によくない。

嫌われ者の特徴は自分の責任を他人に押し付けること。会社に属する者として社会人らしく、責任を盛らなければならないだろう。

失敗したらしっかり頭を下げ、心から反省の気持ちを伝えれば相手も許してくれる。言い訳をせずに、自分自身と向き合っていこう。

3つ目の特徴は「人の話を聞かない人」。

人の話を聞かない人は、自分のことばかり話したり、素直に自分の非を認めない、他人を認めない、感謝の気持ちを表さない特徴ももっている。

職場において相手に敬意を示すことはとても大切なこと。人の話を聞かない人は敬意を示さず、自分のことばかり考えているので自分中心の仕事しかできないだろう。

自然と周りの人が離れていき、話しかけることもないので職場でも孤独を味わうことになる。

目の前にいる人を大切にすれば、しっかり人の話が聞けるだろう。

以上が、嫌われ者に共通する特徴となっている。

自分は3つの特徴に当てはまらないかどうかチェックしてみてはいかがだろうか。特徴に心当たりがある人は少しずつ改善しよう。

スポンサードリンク

職場で嫌われ者にならないための4か条

職場の嫌われ者について特徴を3つ挙げてきたが、次は職場で嫌われないようにするための4か条について説明しよう。

嫌われ者にならないためにはどうすればよいのか、嫌われたくない人は必見だ。嫌われないようにするための4つの特徴・ポイントは以下の通り。

  • 感情的にならない

  • 対等に接する(こびない)

  • 話しかけやすい雰囲気

  • 前向き、ポジティブな考え方をする

 

嫌われ者の特徴から嫌われないポイントがつかめるだろう。人の話をきちんと聞く、否定的にならない、自慢話をしないなどさまざまだが、とくに注意してほしいのは以上の4点。

人間はついその時の感情が表に出てきてしまうが、職場で感情的になってしまうと取り返しのつかないことになってしまう。

大きなミスをした部下に対して、感情のまま怒るのは逆効果。冷静になり、落ち着いたうえで何がいけなかったのか説明すれば、相手も理解してくれるだろう。

訳もわからないまま感情をぶつけてしまうのは非常によくない。

そして、人によって顔色を変える人は嫌われ者の特徴なので要注意。嫌われないためにも、人にこびず、誰にでも体調に接することが大切だ。

上司にはいい顔をし、部下には厳しく当たる。そのような特徴をもっている人は必ず職場の嫌われ者になるので注意しよう。

たとえほかの人がいない場所でも、いつ誰が見ているのかわからない。常に相手の顔色を伺いながら仕事をするのも精神的に疲れる。

誰にでも対等に接していれば部下・上司ともに信頼が得られるだろう。

職場で信頼されている人を見ると、ほとんどの人が“話しかけやすい雰囲気”の特徴をもっていないだろうか。

嫌われ者の特徴には、否定的で話しかけずらい雰囲気がある。

話しかけやすい雰囲気でいれば頼られる存在となり、嫌われ者にはならない。話しかけやすい雰囲気をもつためにはポジティブで明るく振舞うことも大切。

常に明るく、前向きな考え方をもっている人ほど、社内で頼られるムードメーカー的な存在になれるだろう。

職場で嫌われないようにするためには、嫌われ者の特徴はもちろんのこと、嫌われないためのポイントをつかむことが大切になる。

主に4点のポイントについて説明したが、自分がどのような存在になっているのか、職場での立場を客観的にみれるかどうかが大きなカギになってくるだろう。

頼られる存在になれば人間関係がスムーズに

職場の嫌われ者になる特徴、嫌われないためのポイントを4つ紹介したが、いかがだったろうか。

人間関係をスムーズにするために大切なこと、特徴は頭の中に入れておきたい。

しかし、たとえ知識を身につけていても失敗することはあるだろう。失敗した時は、それ以上人間関係を悪化させないようにスピーディーな対処が大切になる。

自分に非があればすぐに誤ること。素直に自分の非を認めることが大きなポイントになるだろう。

何が悪かったのか、今後はどのようにすればよいのかしっかり考えることで人間関係は修復できる。

上司・部下に限らず、嫌われ者にならないためには幅広い職場の人間から「信頼される・尊敬される存在」になることが大切だ。

嫌われ者ではなく、信頼される存在になれば、たくさんの仕事が舞い込み、自分のスキルアップにもつなげられるだろう。職場の人間にも恵まれる。

職場の人間関係が崩れてしまえば、転職しなければならない状況まで神経が追い込まれ、うつ病になってしまう人も少なくない。

そうならないためにも、嫌われ者になってしまう人の特徴を知り、どうすれば嫌われ者にならないのかポイントを必ず把握しよう。

少し気をつけるだけでも職場での人間関係が良好になる。

嫌われたくない人は新しい職場で働く前に、今までのことを必ず確認しておこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top