紫外線対策グッズが春夏秋冬必要な理由

紫外線対策は夏だけで大丈夫と思っている人が多いが、実は1年中降り注いでいる。

太陽が出ていない曇りの日の方が。
紫外線の量は多いと言われている。

1年中降り注いでいるということは、オールシーズン紫外線対策をしなければならない。しかし、春夏秋冬と同じような紫外線が降り注いでいるわけでもなく、それぞれ季節によって量も違う。

よって、その季節に合わせた紫外線対策が必要になる。そこで今回は、紫外線対策グッズが春夏秋冬必要なのか解説する。

スポンサーリンク

紫外線がもっとも多い季節は夏

1年の中でも紫外線が多い夏は、日焼け止めや紫外線カットができる紫外線対策グッズがおすすめだ。

外に出るときは必ず、日傘や帽子などの紫外線対策グッズの使用を忘れずに。

何の対策もなしに紫外線を浴びてしまうと、毛穴の奥深くにシミや黒ずみのもととなるメラニン色素が潜んでしまう。

結果、数年経過した後に皮膚の表面上に浮き出てくるのだ。

そのため、外出するときはできるだけ日に当たらないよう配慮が大切になる。

また、もし日焼けしてしまった場合、しっかりとケアをしておこう。

日焼けをしたお肌を紫外線対策グッズでケアすることで、シミや黒ずみのもととなる物質を抑制できる。

美しいお肌を保ち続けている人は常にケアをしているので、炎症を引きこさないように乾燥肌や敏感肌、混合肌と、自分の肌質に合った紫外線対策グッズ(化粧品)を選ぶことが大切だ。

スポンサードリンク

紫外線対策グッズのカギは“保湿”

春や秋・冬になってくるとお肌が乾燥し始める。

日に焼けてしまったお肌をしっかり保湿することも大事だが、乾燥を防ぐことも紫外線対策として重要なポイントだ。

乾燥が悪化してしまうと敏感肌となり、ささいなことで肌トラブルを引き起こしてしまう。

夏に焼けてしまったお肌は秋・冬で紫外線対策グッズをつかって保湿ケアをしながら、メラニン色素を抑制する化粧品を使用していくのがベスト。

春も乾燥に気をつけながらビタミンCやコラーゲンなど、お肌のハリとツヤを保つことができる成分を積極的に摂取していこう。

紫外線対策グッズもしくは化粧品には、メラニン還元作用とメラニン抑制作用の2つの種類がある。

メラニン還元作用はできてしまったシミや黒ずみを改善し、メラニン抑制作用はメラニン色素の活動を抑制してくれる。

まだ、皮膚の表面上にシミや黒ずみが出てない場合は、メラニン抑制作用がある紫外線対策グッズでも構わないが、すでに出きてしまっている場合はメラニン還元作用のある紫外線対策グッズもしくは化粧品が良い。

このように自分で判断して適切なアイテムを使用していくことが大切だ。

紫外線対策に効果的な食べ物は?

紫外線対策はオールシーズン必要。
そこで紫外線対策グッズとは別に、効果的な食べ物をいくつか紹介しよう。

食べ物であればオールシーズン、効率的に紫外線対策ができるため、紫外線対策グッズを使用するよりも効果を得られる可能性が高い。

特におすすめはビタミンCが豊富な果物類だ。

レモンやリンゴ、グレープフルーツ、梨、ぶどうなど果物にはビタミンCのほかにもミネラル類が豊富に含まれている。

ビタミンCはお肌のハリとツヤを保つために大事な成分。

体の外側に施す紫外線対策も大事だが、紫外線対策となる食べ物を積極的に摂取することで、体の中からキレイにしていくこと可能。

このように内側と外側から効率的に対策を図るには、紫外線対策グッズだけでなく効果的な食べ物でバランスをとっていくことが重要になる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top