空腹・緊張・食後に“お腹が鳴る”原因とその対処法

空腹状態になれば自然とお腹が鳴るものだが、緊張状態もしくは食後にもお腹が鳴ることもある。人前でお腹が鳴るのは誰もが避けたい恥ずかしいことだが、はたしてその原因は何なのだろうか。

そして、それを対処するにはどういった方法を用いればいいのか。

今回は空腹・緊張・食後におけるお腹が鳴る原因とその対処法について解説する。

スポンサーリンク

“お腹が鳴る”原因

お腹が鳴る原因は、おもに空腹状態になることで血中の糖濃度が低下するため。この状態を完治した脳は糖分がつねに入ってこれるよう、胃袋の中にあるものを十二指腸に送り出すよう促す。

これにより胃は伸縮を頻繁にくりかえすようになり、空気は圧縮され胃袋の出口から腸に移動する。この移動時に鳴る音こそ“お腹が鳴る”という現象なのだ。

では、緊張時にお腹が鳴る原因はどうなっているのだろうか。緊張状態にある場合、そのストレスによって腸が誤作動するという表現がふさわしいかもしれない。そもそも腸はストレスの影響をもろに受ける器官ということもあり、過度な緊張をすると鳴ってしまうことがある。

つづいて食後にお腹が鳴る原因は腸による“蠕動運動”。すなわち消化および吸収によって発生する音であり、本来であればガスとして排出(おなら)されるが、便秘などの異常が見られる方は思ったように排出されない。

また、腸内における乳酸菌などが少ないとガスが発生しやすくなるため、音が鳴りやすいといわれている。逆に乳酸菌が多く健康な環境にある方はガスが発生しにくく、音が鳴りにくいようだ。

スポンサードリンク

鳴りにおける対処法

基本的に音が鳴るという現象は空気の流れによって引き起こされるものなので、鳴りを抑えるためにはお腹の空気を出すことがベスト。

表現が汚くなり申し訳ないが、効率的にお腹の空気を排出するなら“ゲップ”をすること。また、緊張時などはストレスが影響しているため、メンタルコントロールを意識する必要がある。

お腹が鳴りそう・・・とつよく意識してしまうと悪い方向に傾いてしまうので、できるだけ意識しないことが大切だ。もしくはお腹が鳴りそうになったら周囲に公言するのも手。

こうすることで負担が軽くなり、お腹が鳴ったところで精神的にな負担を受けずに済む。

気にしすぎないことがポイント

先述したが、鳴りの対処法としては気にしないことが大切である。

空腹時にお腹が鳴ってしまう現象は仕方がないことであり、完璧に防ぐといった方法は存在しない。生理現象のひとつであるため、割り切ることが重要といえよう。

緊張時に鳴る現象にかんしては、リラックスできる訓練を積むことが大切。緊張などのストレスが加わったときに落ち着けるアクションを身に付けることで大幅に改善できるだろう。

食後に鳴る現象では、腸内環境を整える生活を徹底するといい。善玉菌が優勢となる環境を築くことができれば、同様に鳴りを減らすことができるはずだ。

ただし、人間はそれぞれ体質がことなるため、自分の体の特徴を把握し、クセをみつけることが対処法につながる。人それぞれ異なった対処法が存在するので、まずはひとつずつ試してみることをおすすめしたい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top