確実に取り戻す!成功率8割の「残業代請求方法」

定時であがれる公務員でない限り、残業はほぼ当たり前となった。

残業はプライベート時間をなくすだけでなく、心身共に疲れさせるので何とかして避けたいもの。

残業代が出るならばストレスはまだ少ないかもしれないが、現状は残業代がでないケースがほとんど。そもそも、本来であれば残業代が出るはずなのに支払われることがないのは何故なのか。

今、あなたが残業代請求に集中しているなら、是非この記事をそのまま読み進めてほしい。

少なくとも成功率8割になる残業代請求方法を解説する。

スポンサーリンク

まずは残業の種類の把握からスタート!

決められた労働時間以外に働くことを「残業」と認識している人がいるが残業には主に2つの種類がある。

ひとつは「時間外労働」、もうひとつは「法内残業」だ。

この2つはそれぞれ特徴がある。

「時間外労働」は日本の法律で決められている労働時間、1日8時間・1週間で40時間を超えている労働をさす。

つまり、1日9時間働けば1時間が残業ということになる。

「法内残業」は会社が決めた労働時間外で行われた残業、時間外労働には引っかからない労働をさす。

やや分かりにくいと思うので例をあげて上記2種類の違いについて説明しよう。

例えば、朝9時~17時までが会社が決めた労働時間とする。そのうち1時間が休憩となり、労働時間は全部で7時間。18時まで残業ということになると、

法律で決められている労働時間の1日8時間内となるが、残業の1時間は会社で決められている労働時間を過ぎているので「法内残業」とみなされる。

19時までの残業であれば、法律労働時間の8時間を超えているので「時間外労働」となるのだ。

この違いを理解することが残業代請求方法の成功につながる。時間外と法内を熟知していない限り、請求することすら困難になるので以上の種類は必ず頭に叩き込んでおこう。

スポンサードリンク

残業代請求方法を成功させるには計算を覚える必要が…

会社に残業代請求を行うのであれば自分がどれだけ残業し、その残業代がいくらに及ぶのか計算しなければならない。

よって残業代を計算するためには労働時間から残業時間を把握しておく必要がある。

実際問題として、「残業代請求したいけど自分がどれだけ働いたのか分からない」と曖昧になっている人はあまりにも多い・・・。

言うまでもなく労働時間の計算をしなければ残業代を導きだすことができない。が、この計算ははっきり言って仕事よりも面倒なものとなる。

会社が正しい労働時間を把握していないせいで残業代が出ないケースであれば、それを指摘するだけで残業代取り戻しが成功することもある。が、ただでさえ残業に追われ辛いなかで労働者であるわたしたちが労働時間を把握し、計算することは容易ではないはず。

もうお分かりだと思うが、素人が残業代請求方法を成功させるには残業請求における専門知識を熟知しなければならない。

さすがに面倒な残業代請求方法になるのは避けたい、そもそも時間がないし仕事以外に労力をかけたくないという方は、残業代請求方法を成功させる法律事務所に頼ることが賢明と言えよう。

成功へのカギは「信用できる法律事務所」を選ぶこと

残業代請求方法をほぼ確実に成功させてくれる法律事務所を選べば、今あなたが抱えている悩みはまるごと解消されるだろう。

だからこそ法律事務所は専門的に残業代請求を受け持っているところを選んでほしい。


事務所によってはしっかりと調査を行ってくれないところもあるため、
信用・実績のある法律事務所を選ばないと失敗する。

つまり、成功率8割の残業代請求方法とは、その道のプロを利用して取り戻すことなのだ。正直言って、成功率を高める方法はこれ以外にない。

ひたすら残業代請求の専門知識を勉強し、法律について熟知すれば成功する可能性もあるが、現実的に考えてそれらに時間と手間をかけられるかが問題となる。

例え自力で残業代請求方法を実践したとしても成功するとは限らないので、確実にお金を取り戻したいのであればプロに任せるのがベストだ。

おすすめは“残業代請求”で実績があり、未払い残業代請求可能な事務所。いわゆる、成功率が高いところを選べば安心して頼ることが可能。

ただし、プロに頼むということはお金が必要になる。

料金はどのくらいになるのか、どのように残業代請求を行っていくのか、この点は法律事務所のスタッフとしっかり話し合っていこう。

納得できる条件になったのなら、あとはプロの残業代請求方法を信じて生活するのみ。実績が多い事務所であれば、成功率は8割ほどになるので失敗するリスクを回避できるはずだ。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top