知ってた?「マナーとエチケットの違い」

「あの人はマナーがなっていない」「エチケットって大切だよね」と、会話の中でもよく出てくる“マナー”と“エチケット”。

あなたは、マナーとエチケットの違いについて知っているだろうか。

大人にもなって今さら聞けないと思っている人も多いはず。

そこで、マナーとエチケットの違いについて説明しよう。違いを知らない人は、ぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

人とのコミュニケーションで必要不可欠な“エチケット”

長時間走るバスに乗ると、必ず“エチケット袋”がある。

言葉は知っていても、どういう意味を持っているのか知らない人は多いだろう。

エチケットとは、フランス語で「礼儀作法」を意味している。

もともとは「正札」や「荷札」という意味を持っていた。正札や荷札は、宮廷へ招待された人の行動を指示した「通用札」のことを指す。

そのような意味もあり、宮廷へ行く際の礼儀作法、そして、社会生活に必要な作法や心得となったのだ。

マナーとエチケットの違いを知るには、それぞれの意味を把握しなければならないが、エチケットは、「相手に良い印象を与えるための心得」だと思っておこう。

日本は「おもてなし文化」だと言われている。おもてなしはエチケットと同じこと。家にやってきた相手に対し、不快思いをさせないための気配りと言って良い。

また、大切な商談相手に嫌な思いをさせないよう、きちんとした服装で対応することも「エチケット」のひとつである。

では、同じ意味と捉えがちな「マナー」とは、どういう意味を持っているのだろうか。

マナーとエチケットの違いについて知るためにも、それぞれの意味をきちんと把握しておこう。

スポンサードリンク

さまざまな場面で見られる「マナー」とは?

乗車マナー、交通マナー、テーブルマナー、喫煙マナー、ビジネスマナーなど、エチケットよりもたくさんの場所で「マナー」をよく見かける。

基本的なマナーがなっていないと、社会人として恥ずかしい思いをすることになるので要注意。

恥ずかしい思いをしないためにも、マナーの意味を知り、マナーとエチケットの違いもきちんと把握しておこう。

マナーとは、その場の状況や相手の気持ちを察した上で行動すること。つまり、優しさや思いやりのある「行為」になる。

「マナー」=「社会的に望ましい行動・作法」と覚えておこう。

例えば、バスに乗っているとき、乗客の1人が電話を使い大声で喋り出すと周囲は嫌な気持ちになる。

電車では、降りる人を待たずに乗る人も多い。これらの行為は、すべてマナー違反。社会的に望ましくない行動をしているのだ。

社会人はマナーを守ることは大切だが、学生でもマナーを知っておかなければならない。

【結論】マナーとエチケットの違いとは?

以上、マナーとエチケットそれぞれについて説明してきたが、いかがだっただろうか。

マナーとエチケットの違いをきちんと把握しておけば、恥ずかしい思いをする必要もない。どちらも人間関係には大切なことだ。

まとめてみると、エチケットは「相手に深いな思いをさせない気配り」。そして、マナーは「社会的に望ましい行動・作法」になる。

今まで、マナーとエチケットの違いを知らなかった人は、ぜひ頭の中に入れておこう。

基本的なマナーとエチケットの違いを知りつつも、相手やシチュエーションに合わせた対応ができると良い。

マナーとエチケットの違いを把握していても、基本的なことだけではイレギュラーな対応に困ってしまうもの。

イレギュラーなことが起きても、適切な行動ができればより良い人間関係が築き上げられるだろう。

改めて、自分はどのくらいマナーやエチケットができているのか、チェックしてみると良い。そして、マナーとエチケットの違いについてもきちんと把握しておこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top