眠気にむくみ…気になるロキソニンの副作用にメス!

CMでもよく流れている医薬品の「ロキソニン」。

ロキソニンとは、いったいどのような薬なのだろうか。

医薬品には必ず「副作用」があるので、薬を利用する前に必ずチェックしておかなければならない。

ロキソニンが気になっている人のために、眠気やむくみなどの副作用についてチェックしていく。気になっている人は、ぜひ確認してほしい。

スポンサーリンク

第1類医薬品である「ロキソニン」の効果

ロキソニンは、第1類医薬品の1つ。15歳以上が利用できる「解熱鎮痛剤」になる。

主な効果としては、頭痛や月経痛、歯痛、咽喉痛、関節痛、神経痛、肩こり痛、筋肉痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛。

薬の中に入っている「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質を抑えてくれる仕組みだ。

服用してからどのくらい効き目があるのか、人によって異なるだろう。

鎮痛効果や解熱効果があるのは間違いなく、胃への負担が少ない特徴を持っている。

しかし、あくまでロキソニンは、「対症療法薬」。

熱や痛みを抑制する効果はあっても、根本的に治るわけではない。

一時的に痛み・熱を抑えるための薬だと知っておこう。根本的に治すことができないことを、把握しておくことが大切だ。

スポンサードリンク

ロキソニンの主な副作用は“眠気とむくみ”

ロキソニンのような第1類医薬品には、「副作用」がある。薬によって副作用は違うもの。

ロキソニンの主な副作用としては、「眠気」と「むくみ」が挙げられる。

薬を飲むと、熱は下がり、痛みはなくなる。しかし、「眠気」がやってくるのだ。

実際に飲んだ人が眠気を訴える回数も多い。寝る前なら良いが、日中は飲まない方が良いだろう。

また、運転する前に薬を飲むと、事故につながる可能性もあるので注意しなければならない。運連しているときに眠気がやってきてしまう。

 

そして、もう1つの副作用が、「むくみ」

ロキソニンを飲むと、顔やまぶたのむくみがひどくなるという報告も挙がっている。前日飲んだせいで、翌日にむくみがひどくなるとショックだ。

むくみや眠気のような副作用は、すべての人が現れるわけではない。人それぞれ体質が異なるように、体質上、眠気やむくみが発生しない人もいる。

副作用は、眠気やむくみ以外にもたくさん。

例えば、発疹、かゆみ、皮膚障害、腹痛、アレルギー反応、肝臓・腎臓障害、消化管出血、胃潰瘍、心不全などが報告されている。

持病があり、薬を服用している人は飲み合わせがあるため、ロキソニンを使用する前に担当の医師に相談した方が良い。

薬の依存症に要注意!

医薬品には、必ず「副作用」がある。

利用する前に副作用をチェックすること、そして服用量を守らなければならない。1日決められている量以上を飲んでしまうと、副作用の危険性が高まってしまう。

効果を得るためには、きちんと正しい量で飲むことが大切だ。

また、最近は「薬の依存症」が危惧されている。

熱や痛みが出るたびにロキソニンを飲む、利用回数が増えてしまうと、薬がなければ生きていけない体になってしまう。

つまり、薬が手放せない体になる。薬に依存すると、体に大きな負担がかかるので注意しなければならない。

医薬品は、あくまで一時的な対処法。根本的に改善するものではないことを知っておこう。

絶えられる熱や痛みなら、できるだけ薬に頼らないでほしい。生活習慣を改善する、ゆっくり体を休めるなど、自分でできることをしよう。

ロキソニンを飲んでむくみや眠気の副作用が続く場合は、すぐに病院へ行くこと。持病がある人は、事前に医師へ相談しておこう。

できるだけ薬に頼らないこと、医薬品には副作用があること、使い方や使用量を必ず守ることを頭の中に入れておこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top