痛い…足が腫れる原因と病気の可能性を紐解く

「足が痛い、腫れる」と不安になっている人は要注意。

さまざまな病気と関係している可能性がある。できるだけ早めに対処できるように、足が痛い・腫れる原因と、病気との関連性について説明しよう。

不安な気持ちでいるよりも、原因を把握しておいた方が安心だ。

スポンサーリンク

あなたの「足の腫れ」は何が原因?

足が痛い、腫れる場合、何かしらの「原因」がある。

原因は人によってさまざまだが、主に、「乱れた生活習慣」と「薬剤」による悪影響が考えられるだろう。

自分に当てはまることがないかどうか、以下のポイントをチェックしてほしい。

・高カロリーを食べ続けたことによる「肥満」
・長時間の同姿勢、立ちっぱなし
・エストロゲン、テストステロンの服用
・血圧薬やステロイドの服用

主に以上のような原因が挙げられる。あなたに当てはまる原因はあるだろうか。

また、女性の場合、女性の月経における自然変化とも見られる。

月経周期によって女性ホルモンが乱れやすくなるため、同時に足が痛い、腫れるなどの症状が現れるのだ。

女性ホルモンが乱れやすい妊娠中にも、足が腫れやすい。

持病によって何かしらの薬剤を服用している人は、担当の医師に相談してみよう。薬剤が大きく関係している可能性もあるので、注意してもらいたい。

自分で原因がわからない場合は、医療施設に行って調べてもらおう。

スポンサードリンク

腫れは「病気」の前兆かもしれない

足が痛い、腫れる場合、生活習慣の乱れだけが原因になっているわけではない。

さまざまな「病気」にも関係している場合がある。主に考えられる病気は、「肝硬変」。

足が痛い、腫れることは、肝臓機能が低下している証拠。かなり、肝臓の機能が弱まっており、状態が悪化しているだろう。

痛みや腫れと同時に、「なんとなく疲れやすい」「疲れが取れない」「体がだるい」と感じている人は、肝硬変の可能性が高い。

また、「臓器不全」や「リンパ浮腫」「心膜炎」など、さまざまな病気につながっている可能性もある。

臓器不全は、特に、心臓・肝臓・腎臓の悪影響が考えられるだろう。臓器不全が続けば続くほど、生活に支障をきたす。

リンパ浮腫は、リンパ管の中に腫瘍ができている病気であり、リンパ系の閉塞を引き起こす。できるだけ早めに対処しなければならない。

腫れる状態と同じく、むくみも発生するだろう。

心膜炎は、心臓周りや心膜が腫れている証拠。心臓にも悪影響をおよぼじ、負担をかけてしまうので注意しなければならない。

このように、足が腫れる、痛い原因は、病気との関連性も強くつながっていることを知っておこう。

足が痛い・腫れる場合の「適切な対処法」とは?

下股である足が痛い、腫れるとき、早めの対処が大切になる。そのため、不振に思ったら早めに病院で検査してもらおう。

特に、意識が保てられない、めまいが頻繁に起こる、胸の圧迫感や痛みがある、呼吸困難や息切れがある場合は、すぐ医療機関に行った方が良い。

放置すると、救急車を呼ぶほどの状態になってしまうので要注意だ。

病院で調べてもらう際は、専門の医師に自分の症状を細かく説明すること。より細かく説明すれば、適切な治療が受けられる。

そして、医療施設でのケアと平行しながら、自宅でできるケアもしていかなければならない。

肥満気味の人は食生活を改善し、健康的な体重を維持しよう。適度な運動やサポートストッキングを利用するなど、工夫が大切になる。

できるだけ早めに足が痛い・腫れる症状を緩和するためにも、医療ケアと自宅でのケアを心がけよう。

いつまでも不安な気持ちでいるより、原因を把握し、適切な対処をすること。

腫れを放置してしまうと、病気が悪化し、手の施しようがない状態になる。後悔しないためにも、足が痛い・腫れる場合は、すぐ病院に行こう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top