男性心理を操って復縁成功率をググンと上げる方法

今すぐにでも元カレと復縁したい!
と焦る気持ちもあるが、焦りが先行すると自分中心になってしまう。

これでは復縁できる可能性が低くなるので、
注意して少しずつ実行していく必要がある。

復縁を願う女性にもっとも注意してほしいこと、
それは「男性目線で考える」ことだ。

自分目線ではなく、男性の心理を考えることで
スムーズに復縁を成功させることができる。

今回は男性の心理を上手に利用する方法を解説したい。

スポンサーリンク

積極的にアピールすべきタイミングは?

「押してだめなら引いてみよ」という言葉がある。

恋愛経験が豊富な女性は男性の心理を読み解き、
自分の想いどおりに進めている。

復縁をするときは好意を示すべきときと
好意を示しすべきではないときがある。

では、どのようなときに好意を相手に伝えたら良いのか?

そのベストタイミングを今から紹介しよう。

復縁したい男性に対して積極的にアピールしても良いときは、

  • あなたから振った場合
  • あなたが好意を元カレが知っていても嫌がっていない場合

これらに限る。

また、元カレがあなたを意識し、
近づいてきているなと感じたときもベストタイミングだ。

以上の3点に当てはまる人は、
元カレに好意をアピールしても問題ない。

逆にアピールをしていった方が、
復縁に近づくことができるだろう。

メールや電話はもちろんのこと、直接会う回数を増やしていき、
さりげないスキンシップや「好き」だという気持ちを行動で示していこう。

行動で示せば元カレも自分に好意があると意識が強くなり、
相手から復縁を持ち出してくる可能性が高くなる。

元カレの反応をみて好意のチラ見せをしていく。

これこそが男性の心理を上手に利用するコツだ。

スポンサードリンク

好意を示してはいけないケース

積極的にアピールするケースがあれば、
好意を示してはいけないアピールを抑えるべきケースもある。

好意を示してはいけないケースとして挙げられるのは以下の通り。

  • 元カレの気持ちが離れているとき
  • 体だけの関係になっているとき
  • 距離を置こうとしているとき

以上の3点だ。

別れた後、あなたと連絡をとりたくない様子であれば、
そこで好意を示しても逆効果になってしまう。

また、連絡をしてもメールの返信が遅かったり、
電話に出ることがないのであれば、

  • 「自分はあなたのこと何とも思っていない」
  • 「もう未練はない」


と好意がないということをアピールしなければならない。

この中でも1番難しいのが、2番目の体だけの関係になっていること。

これは元カレにとって都合の良い女と認識されているだけ。

このままではいつまで経っても、
2番目の女止まりのままなので、復縁することは難しいだろう。

この場合、思い切って元カレとの関係を断ち切り、
好意はないと示していかなければならない。

復縁は男性の心理に敏感になること

好意を示し続けないと元カレの気持ちが離れてしまう…

と不安になる気持ちはわかるが、
男性の心理に敏感にならなければ復縁をすることはできない。

あなたの気持ちばかりが全面となった一方通行では、
元カレの心理を読み解けるわけがないのだ。

大事なのは元カレの気持ちを常に把握し、客観的に自分をみること。

冷静になってもう1度考えてみよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top