健康 生活 美容

男性がホルモンバランスを整えるための方法

投稿日:

「ホルモンバランスを整える」と聞くと、どこか女性を対象にしているイメージを浮かべてしまうもの。

しかし現在は体調をはじめ、精神面や美容面にこだわる男性が増えたこともあり、ホルモンバランスを整えるという行為はけっして女性だけのものではなくなっている。

最近、体調がおかしい、ニキビがひどい(肌トラブルが増えた)、更年期障害で悩んでいるという男性は、ホルモンバランスが乱れている可能性があるのでそれを改善しないかぎり、悩みを解消することはできない。

そこで今回は男性を対象とした「ホルモンバランスを整える方法」についてくわしく解説していく。

スポンサーリンク

まずは男性ホルモンの仕組みを把握しよう

男性・女性問わず、誰しも男性ホルモンと女性ホルモンをもっている。

それぞれにおいてもっとも重要となるのが男性ホルモンでは「テストテロン」女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」

言うまでもなく男性は男性ホルモン量が多いからこそ、男らしい姿と行動ができるのだが、何らかの原因によって「テストテロン」の分泌が低下すると、男性らしさが失われてしまうのだ。

テストテロンは精巣で分泌されるものの、視床下部でつくられている「黄体形成ホルモン」と下垂体でつくられている「性腺刺激ホルモン」それぞれの働きがないことには分泌されない。

 

さらに黄体形成ホルモンと性腺刺激ホルモンのバランスが崩れてしまうと、テストテロンの分泌が減ってしまい、結果としてホルモンバランスを整えることが困難な状態になってしまう。

 

無論、男性ホルモンは「テストテロン」だけで構成されているわけではない。

その他にも様々なものもあるのだが、前述したようにテストテロンこそ、もっとも重要なのである。

 

テストテロンの分泌が低下するとホルモンバランスが乱れることになるので、男らしさが失わけれるだけでなく、日常生活における悩ましい症状に苦しめられる可能性が高くなってしまう。

 

では、そもそもホルモンバランスが乱れる原因は何なのだろうか。

 

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスが乱れる原因はけっしてひとつではない。

 

1点目は「食生活の乱れ」

偏食、暴飲暴食、あるいはダイエットなどによる過度な食事制限などによって栄養不足になったり、特定の栄養のみを摂取するなどの偏りが出るため、結果としてバランスのいい栄養補給に至らず、ホルモン活動がまともに稼働しなくなる。

 

2点目は「睡眠不足」

単純に睡眠時間が不足していることをもちろんのこと、良質な睡眠がとれていないと身体は成長および回復をしない。よって、睡眠の質が悪い、もしくは不足しているとホルモン活動はまともに稼働しない。

 

3点目は「過度なストレス」

現代社会はストレスなしには生きられないが、蓄積させる一方では体調は悪化するばかり。ストレスが万病の原因になることは言うまでもない事実である。

 

4点目は「加齢によるもの」

加齢によって身体機能が衰えることによってもホルモンバランスは乱れる。

 

5点目は「自律神経の乱れ」

自律神経の乱れもまた万病の原因につながる。

 

このようにホルモンバランスが乱れる主な原因は計5点ほどある。

現代人の多くがそれぞれに該当してしまうことと思うが、一つずつ改善していかないことには様々な症状に悩まされる可能性が高くなるため、健康を第一に考えた生活を送ることが重要だ。

では、ホルモンバランスを整えることが難しくなると、どのような症状が引き起こされるのだろうか。

 

スポンサーリンク

ホルモンバランスの乱れが招く「さまざまな症状」

男性はテストテロンの減少を原因として、さまざまな症状が引き起こされる。

典型的な症状としてあげられるのは「ニキビ・肌荒れなどの肌トラブル」だ。

ホルモンバランスの乱れは正常な身体から離れてしまうことを意味するので、当然ながらあらゆる部分に異常が生じる。

その典型がニキビや肌荒れなどの肌トラブルであり、市販されている薬をはじめ、処方された薬を使ってもなかなか治らないという事態に陥りやすい。

 

ホルモンバランスの乱れが原因で起こるニキビや肌荒れは、ホルモンバランスを整えることでしか改善することができないので、薬に頼るのではなく健康的な生活を送ることを強く意識しよう。

 

また、ホルモンバランスを整えることが困難になる40後半にもなると、男性でも発症するといわれている「更年期障害」をまねく可能性もある。

若い男性が更年期障害になる可能性はきわめて低いが、ホルモンバランスの乱れによって典型的な症状である不眠、疲労の蓄積、体調不良、気持ちが沈む、不安になる、性欲の低下などが生じる可能性もあるので、十分に注意しなければならない。

 

例えば、「なんとなく最近疲れがとれない」「食欲がなくなってきた気がする」「何もやる気が起きない」「気持ちが落ち込みやすい」などの症状に悩まされているなら、それは「ホルモンバランスの乱れ」が原因と見ていいかもしれない。

 

このようにホルモンバランスを整えることが難しくなると、様々な症状を引き起こしやすくなってしまう。これらの症状は根本的ま改善をしないかぎり、いつまでも悩まされることになるので要注意。

だからこそ様々な症状に悩まされているなら、ホルモンバランスを整える生活を送らなければならないのだ。

 

男性がホルモンバランスを整えるためのコツ

男性がホルモンバランスを整えるためには、とにかく日々の生活を見直す必要がある。

先述しているが、生活において以下のようなことをしているなら改善しなければならない。

  • 偏食や暴飲暴食などの食生活の乱れ
  • 睡眠不足・質の悪い睡眠
  • ストレスを溜め込むばかりの生活
  • 自律神経の乱れさせる行為

現代の男性の多くは「食生活の乱れとストレスがホルモンバランスを乱す直接的な原因」とのデータがあるので、まずは栄養バランスを考え、健康を阻害するような食品をとらない食生活と、できるかぎりストレスを発散する生活の2点を意識するといいかもしれない。

例えば、食事ならミネラル・ビタミン・アミノ酸といった人間に必要な栄養素をバランスよく摂取すること。

栄養バランスの良い食事をとるだけでもホルモンバランスを整える効果がある。

 

現代の男性は自炊をしないケースが多く、コンビニ弁当やレトルト食品、外食で済ます傾向にある。言うまでもなく、このような食生活を続けていると一向にホルモンバランスを整えることは不可能。これらの食生活は身体にとって毒でしかない食品添加物を大量に取り入れることになるので、可能なかぎり自炊を心がけてほしい。

 

また、効率よくホルモンバランスを整えるためにも「運動」を取り入れるのも望ましい。

運動と言ってもサッカーやランニングなどのハードなスポーツをする必要はまったくない。軽いウォーキングやストレッチ、筋トレでも立派な運動になるので、これらの適度な運動を継続していこう。

 

適度な運動は基礎代謝がアップするだけでなく、精神的なストレスを緩和する作用があるので、結果としてホルモンバランスを整える働きが活性化するのだ。

 

ホルモンバランスを整える行為における最大の敵は「ストレス」であるが、趣味に没頭する時間を1週間に何度か確保するだとか、ジョギング・ウォーキングを習慣にする、もしくはアロマなどで緩和するなどして上手に向き合ってほしい。

ストレスを溜め込むと、ホルモンバランスを整える方法の効果が弱まってしまう。

だからこそ自分なりのストレス解消法をみつけて、心も体もリラックスさせることが重要になる。

 

スポンサーリンク

-健康, 生活, 美容
-, , , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.