男女共通!異性への告白に勇気を持つための方法

“好きな相手に想いを伝えたいけれども勇気がない”と悩んでいる人は必見。男・女、それぞれ異性へ告白する際に勇気を持つための方法について詳しく説明する。

男、女、それぞれが想いを伝える際、何かきっかけがなければなかなか告白できない。タイミングはもちろんのこと「もし振られたらどうしよう」とネガティブなことばかり考えてしまう人もいるはず。

告白する勇気をもつために、男・女とそれぞれがするべきこと、考えてほしいこと、共通して勇気をもつ方法など、さまざまな視点から考えていこう。

告白するために勇気を持ちたい人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

男女共に考えすぎはNG!勇気を持つための秘訣とは?

よく、一流のアスリートたちは試合が始まる前に“勝つイメージ”をするという。

いわゆる「イメージトレーニング」だ。

自分が試合で大成功をおさめるイメージを試合前にすることで、イメージ通りになるという方法。この方法はアスリートたちだけでなく、私たち一般層の「告白」にも活用できる。

よって男女それぞれ異性へ告白する前に“成功するイメージ”をしよう。

“振られたらどうしよう”
“いざ告白するシーンになると緊張して何も言えない”

など、気持ちを伝える前にネガティブなことを考えてしまうのはよくない。考えれば考えるほどネガティブ思考に陥ってしまい、「告白できない」と決め付けてしまう。それでは一向に言えずに、結局後悔することになるので要注意。

よって、何も考えずに“成功するイメージ”を頭の中で何回も繰り返そう。何回も頭の中で繰り返すと、どのようにすれば告白できるのか、うまく相手に想いを伝えられるのかわかり、自信と勇気を持つことができる。

これは男女それぞれに想いを伝える効果的なトレーニングだ。

ポイントとしては、より“具体的に”イメージをすること。イメージが勇気につながる。

告白する場所、タイミング、シチュエーション、言葉など、さまざまなことをより具体的に、細かくイメージすることで、本番でもイメージ通りに進めることが可能。自分の気持ちを伝えるための勇気を持ちたい人にはオススメの方法。男女関わらず、相手に想いを伝えるための勇気がほしい人はぜひチャレンジしてほしい。

毎日、時間が空いている時にでも成功するイメージを頭の中で繰り返し行っていこう。

スポンサードリンク

男性はストレートさを重視した告白でOK

あるアンケートによると、男よりも女の方が気持ちを打ち明ける異性に対して前向きであることがわかった。つまり、男よりも女の方が好きだと打ち明けられてOKと答える人が多い。

日本はどちらかというと、女が受身で男から告白するケースが一般的。つまり、男から気持ちを打ち明けて付き合うパターンが多い。よって、ほとんどの女性は男性からの告白を待っている身なのだ。

しかし、最近は「草食系男子」が増えてきており、なかなか想いが言えない・勇気のない男が多い。何回もデートを重ねたのに一向に告白してくれない…とはがゆい気持ちになっている女性は少ないのである。

そう、草食男子が増えた時代だからこそ、ストレートに気持ちをぶつけてきてくれる男性は非常に好印象。女性はそのストレートさに惹かれるパターンが非常に多いのだ。

よって、男性はストレートに気持ちを伝える勇気を持とう。

“告白”そのものがとても勇気のあることなので、“ストレートに想いを伝えてくれた”、たったそれだけで女性にとって大きなプラスポイントになる。女性は基本的に受身態勢であるため、なおさらストレートに告白してくれる勇気のある男に対してはよい印象をもつのだ。

告白する勇気がないから…と想いを伝えずにいればマイナスポイントになる。逆にストレートに想いを伝えた方が、男の人は好印象を相手に与えることができる。

ただし、ここで注意して欲しい点は“告白するタイミング”。

初対面で想いを伝えると女の人は警戒心をあなたに持ってしまう。警戒心が生まれてしまうと、距離はなかなか縮まらない。好きな相手と話す機会をつくり、お互いのことがある程度知れた上で伝えよう。

つまり、勇気を持つためにも“告白するタイミング”はベストタイミングで行うこと。“今言ったらOKされる可能性が高い”と判断できるタイミングで異性に想いを伝えることが大切だ。

また、女性の態度や言葉、表情を常に観察し、ベストタイミングを見計らって欲しい。

男性は告白する時に“無心”になり、ストレートに想いを伝えることが大きな勇気につながる。

女性は恥ずかしいという告白意識を変える

女性はどうしても受身になってしまいがち。男性からの告白を待っている人がほとんどではないだろうか。

しかし、最近の男性は「草食系男子」が多いため、告白される確率がきわめて低い。つまり、いつまでも受身のままでは前に進むことができないのだ。

女性が気持ちを相手に伝える勇気が持てないのは、主に“想いを伝える=恥ずかしいこと”と勘違いしているから。言うまでもなく、告白は決して恥ずかしいことではない。相手に想いを伝えることは“自分を成長させるチャンス”だと考え方を変えてみよう。

告白は男女関係なくとても勇気のいること。ほとんどの女性は男性への想いを心の中に秘めたまま、チャンスを逃してしまっている。チャンスは再びやってくることはない。さらに後悔の気持ちが残ってしまう。

相手に想いを伝えることは勇気のいることだが、チャンスを逃さずに自分で相手にきちんと伝えられれば、度胸を身につけられるに違いない。その度胸がいずれ今後の生活でも役に立つ。

人間的にも大きく成長することができるはずだ。

よって、女だからといって受身でいる必要はない。いつまでも受身のままでいるのではなく、相手の様子をみながら自分から告白するチャンスも伺っていくことが大切。

女性も異性の相手へ想いを伝えることを視野に入れ行動しよう。

好きだと言われて嬉しくない男性はいない。たとえ意中の相手でなくても、好きだと言ってくれる人が1人でもいるだけでとても嬉しいもの。

告白することは決して恥ずかしいことではなく、自分自身が成長できるチャンスとして前向きに考えていこう。前向きに考えることで次第に勇気を持つことができる。

勇気を持つための心構え(まとめ)

以上、男女それぞれの告白に勇気を持つ方法を説明した。まとめると、以下の3点が勇気を持つための条件になる。

  • 考えすぎず、“成功するイメージ”を繰り返し行うこと
  • 男らしく、ストレートに想いを伝えること
  • 想いを伝えることは“自分自身を成長させるチャンス”

実際に今までネガティブ思考で考えていた人がポジティブ思考に変換したことで、告白に対する気持ちが軽くなった、スムーズに想いが伝えられたケースが多い。

もっともやってはいけない行為は“後悔をすること”。

流れてしまった時間は取り戻せない。「あの時、きちんと伝えていれば…」と後悔する人のほとんどが、告白する勇気が持てずに気持ちが伝えられなかった人たち。

だからこそ、後悔する気持ちは必要ない。前に進むためにも自分の気持ちを心の中にしまうのではなく、思い切って相手に伝えること。相手に気持ちを伝えるだけでも自分の気持ちがスッキリし、「告白してよかった」と感じる。結果は関係なく、スッキリ振り切れられるのだ。

あなたの考え方次第で勇気は持てる。

男女それぞれ相手に想いを伝えたいものの、なかなか言えない人は以上で説明した3点を実践してほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top