生理前のイライラを薬ではなく、“食べ物”で改善するコツ

女性にとって生理前はイライラしてしまうもの。そんなときに嫌なことが起きてしまえば、さらに不安定になってしまうだろう。

生理前のイライラを改善するために薬を飲む人もいるが、あまり薬に頼りすぎてしまうとからだに良くない。薬ではなく食べ物でも改善することはできる。

生理前のイライラの原因や改善することができる食べ物について調べてみた。

スポンサーリンク

イライラの原因は“PMS”

イライラがやってくるのは生理が始まる1~2週間前。直接的な原因は“PMS”と言われている。

PMSとは月経前症候群。心とからだ、どちらとも生理前のさまざまな症状があらわれることを指す
例えば、心ではイライラはもちろんのこと、不安、不快感、攻撃的になってしまうなど気持ちが落ち着かなくなる。

からだの症状としてみられるのは頭痛、めまい、肩こり、便秘、腹痛、足のむくみ、肌荒れとさまざまだ。

PMSは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れることで引き起こされるものであり、イライラもホルモンの乱れが原因として挙げられる。

睡眠不足やストレス、冷えはPMSを悪化させると考えられており、さらにイライラが募ってしまうだろう。

PMSが引き起こされないためにも毎日規則正しく生活をし、睡眠をたっぷりとってストレスを上手に解消していかなければならない。

スポンサードリンク

イライラして薬に頼るのはNG?

生理前のイライラがひどく、抑えるために薬を飲む人も多いだろう。しかし、いつまでも薬に頼ってしまうとかえってからだに負担をかける恐れが。

薬を飲むと吐き気や頭痛がともなうこともあり、副作用が懸念されている。

そのような副作用があることから、なかなか薬に踏み切ることができない人も多いはずだ。そこで、どうしても辛抱することができなければ薬を飲んでも良いが、できるだけ飲まないようにすること。

からだが薬に慣れてしまうことだけは避けなければならない

慣れてしまえば自然治癒能力が失われてしまい、薬がないとイライラが抑えられなくなってしまうからだ。薬依存症にならないためにもコントロールが大切になってくるだろう。

イライラは“食べ物”で改善しよう

生理前のイライラは食べ物で改善することができると知っているだろうか。ごく普通に食べているものがイライラを抑えることができるのだ。

例えば、大豆・納豆・豆乳・きな粉といった豆類やチーズ、
ゴマ、アーモンド、パセリ、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリーなどが挙げられる。

基本的に「緑黄色野菜」と「イソフラボン」はイライラを解消してくれるのでオススメだ。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きが期待できるため、乱れてしまっているバランスを整えてくれるだろう。また、人間のエネルギー源としてかかせないカルシウムやマグネシウムも生理前のイライラを緩和する効果が。

このように生理前のイライラ緩和には、説明した成分が多く含まれた食品を摂取するのがベスト。普段から食べている食材なら、薬のような副作用の心配がないので安心だ。

また、生理予測ができる便利なアプリ「キレイサイクル女性医学」も配信されているので、イライラ対策ツールを生活に取り入れることもポイントになるだろう。

関連アプリの詳細はこちら⇒キレイサイクル女性医学


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top