生理不順を治したい!解消するための3つのポイント

基本的に28日周期で女性ホルモンバランスが整えられるように、生理も同じくらいの周期でやってくるもの。

しかし、いつも同じタイミングで生理がやってこない…と“生理不順”で悩んでいる女性も少なくない。

生理は赤ちゃんを産むための準備であり、生理不順が長く続けば続くほど妊娠・出産にも大きな悪影響を与えてしまうため、できるだけはやめに改善しておかなければならない。

生理不順で悩んでいる女性は必見!これから生理不順の改善・対処法について説明しよう。

スポンサーリンク

規則正しい生活習慣を送ること

生理不順になっている女性のほとんどが生活習慣の乱れが原因だと考えられる。

ある生理不順で悩んでいた大学生は、毎日夜遅くまで起きて深夜に就寝。翌日の昼ごろに起きるという生活をしていたが、この生活を夜10時に寝て、朝7時に起きるサイクルに変えてみたところ、生理不順が解消され、毎月決まった日にやってきたという。

このように、昼夜逆転生活を送ってしまうとそれだけでホルモンバランスが乱れてしまい、生理不順に影響を及ぼすのだ。

また、食事にも注意しておかなければならない。

ダイエットで食事制限をする女性が多いが、無理な食事制限をしてしまうと人間のエネルギー源となる成分が摂取できなくなり、基礎代謝が下がってしまう。

基礎代謝が下がれば排卵がとまってしまうため、生理不順になるのだ。

ダイエットをするとしても1日3食は必ずとってほしい。栄養バランスが良いメニューを心がければ1日3食でも痩せられるので大丈夫!

生理不順を治すためにも毎日の生活で問題はないかどうか確認することが大切だ。

スポンサードリンク

低体温症の方は要注意!

日本人の体温は平均37℃と言われている。

基礎体温は女性の排卵サイクルと大きな関係があり、排卵期になると基礎体温が0.3℃~0.5℃上がる。

しかし、なかなか生理がこない人は低体温の人が多く、ホルモンが乱れてしまう。

自分の基礎体温はどのくらいなのか毎日測ってみてはいかがだろうか。

もし、低体温症の恐れがあれば体温を上げるために対策をたてていかなければならない。

できるだけ身体を冷やさないように心がけ、冷たい飲み物ではなく白湯を飲む。白湯は基礎体温をあげてくれる効果があり、基礎代謝もアップするのでオススメ。

ストレスを上手に解消していこう

ストレス社会といわれている今の世の中、過度なストレスから生理がやってこないという女性が増えてきている。

ストレスといった精神からくる負担も生理不順に大きく関係しているため要注意。

できるだけストレスをためこまないように自分で解消法を見つけていこう。

仕事の合間にもコーヒーブレイクをつくり、リラックスしたり、家に帰ったら軽くストレッチをして身体を休める、アロマオイルをたく、映画や音楽を聴くなど人によって解消法はさまざま。

ストレスを感じることが多いな…と思う女性はとくに気をつけてほしい。

以上のように

  • 規則正しい生活習慣を送る
  • 基礎体温をあげる
  • ストレスと上手に付き合っていく

この3つのポイントに注意して生理不順を解消していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top