生命保険料を安くするために必要な“3つのコツ”とは?

誰だってできるだけ家計の負担にならないような生命保険に加入したいはず。

時期によって経済が大きく変化するため、その変化に合わせて家計も豊かになり、苦しくもなるだろう。

毎月支払っていかなければならない生命保険だからこそ、生命保険料はできるだけ安いところにしておきたい。

そこで、生命保険料を安くする方法を3つピックアップしてみた。

スポンサーリンク

保障額が徐々に少なくなるタイプを選ぶこと

生命保険の保障内容は保険会社によってさまざまだが、大まかに分けると、“年々保障額が減っていくタイプ”と“保障額が一定のタイプ”と2種類ある。

できるだけ生命保険料を抑えたいのであれば、断然、年々保障額が減っていくタイプがオススメ。

60歳にもなると子供たちは立派な社会人となり、自身も会社を退職するだろう。

退職した後の生活は貯蓄と年金で過ごしていかなければならない。

生活に必要なお金は年々減るため、その分保障額も減っていくタイプの方がムダが少なくなるということになる。

保険の見直しは定期的にしなければならないが、年々減っていくタイプの生命保険にすれば、簡単な見直しだけで済むため一石二鳥。

ムダなお金を省くためにも生活や将来のことを考えた生命保険に加入しよう。

スポンサードリンク

いろいろな保険会社を比較すること

会社から薦められたから、友人や知人が加入しているから、親が良いと言ったから…そのような理由で生命保険に加入してはいけない。

たとえ薦められたからといっても自分でどのような保障内容になっているのか確かめること。

そうしなければ、ほかの保険会社の生命保険を見たときに、内容はまったく同じなのにこっちの方が保険料が安いと後悔してしまうからだ。

後でこっちにすれば良かった…と後悔しないためにも自分の目でしっかり確認することが大切。

そして、保険会社ひとつだけでなくさまざまな会社の生命保険の保障内容を比較してみよう。

比較すると自分の今の状況に合った保障内容はどれか、また、どこが1番費用が安いのか把握することができる。

今はインターネットを利用して一括見積もりもできるため、一度試してみてはいかがだろうか。

生命保険料が安くても内容が充実している保険を

たとえ生命保険料が安くてもいざというときに納得のいく保障をしてくれなければ意味がない。

最近は経済の影響もあるのか、できるだけ費用がかからない生命保険を選ぶ人が増えている。

料金ばかり目がいってしまうのは分かるが、生命保険料かつ、内容がしっかり充実しているものかどうか必ず確かめてほしい。

生命保険料が安くても内容が充実している保険を選ぼう。

  • 保障額が徐々に減っていくタイプの生命保険
  • いろいろな保険会社の保障内容を比較する
  • 生命保険料が安いかつ、内容が充実しているもの

以上の3つのコツを把握しておけば、生命保険料を安くできるだろう。

生命保険料が抑えられ、保障内容も自分たちの生活に合っていて安心できるものを選んでいくことが大切だ。

 

■ 保険の見直しに役立つサイト


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top