生命保険を安くする方法はどれほどあるのか?【保険料】

生命保険料を安く抑えるためのコツについて説明しよう。

毎月支払っていかなければならない保険料は決して安くはない。家計が苦しいときには大きな負担になるはず。

できるだけ安く保険料を済ませるためにはどのようにすれば良いのかみていこう。

生命保険料を安くしたい方は必見!

スポンサーリンク

支払い方法をチェックしよう

生命保険の支払い方法はいろいろな方法があることを知っているだろうか。

基本的な支払い方法は毎月、自動的に自分の口座から引かれる方法だと思うが、ほかにも頭金制度、半年払い、年払、一時払い、前納とたくさんある。

少し貯蓄に余裕があるときは毎月の支払い方法ではなく、年払・半年払い・前納がオススメ。

事前に生命保険料を支払っておけば後で払う必要もない。

もしかすると将来、生命保険料が支払えないようなピンチに家計が見舞われるかもしれない。それを考えると、余裕があるときに前払いをしておけば安心できる。

数ヶ月単位から年単位など期間も生命保険会社によって変わってくるため必ずチェック!

支払い方法を変えてみるのも保険料を安く抑えることができるポイントになるだろう。

スポンサードリンク

保障期間を短くする

保障内容を削ったり、生命保険を解約したりと保険料を安くしようとさまざまな方法が挙げられるが、オススメしたい方法は“保険期間を短くする”こと。

保険料は基本的に「保障額」と「保険期間」の組み合わせで計算されている。

生命保険を解約したくないし、今の生活にはこの生命保険の継続が1番良いけれども保険料が…と思っている方は“保険期間”を短くしてみてはいかがだろうか。

保険期間を短くすると契約が近づいてくるたびに更新しなければならないが、その間生活も変わると思う。

生活が変わるときこそ、生命保険を見直すチャンス。

この機会に10年更新の生命保険に切り替えてみたり、70歳までの生命保険を60歳までのものにしたり、短くすることも保険料を抑える方法のひとつだ。

更新しなければならない面倒さがあるかもしれないが、そのときは見直すチャンスだと思い、生命保険と上手に付き合っていこう。

かけすてタイプに変更する

生命保険には「かけすてタイプ」と「貯蓄タイプ」の2種類がある。

かけすてタイプは保険料は安いけれども、更新するたびに上がっていくもの。

そして、貯蓄タイプは保険料は高いけれども、ずっと同じ料金となっている。

どちらにするのかは人によってさまざまだが、もし、今まで貯蓄タイプの生命保険に加入して支払いが苦しくなってきたのであれば、かけすてタイプに変えよう。

かけすてタイプは保険料がとても安いので負担をいくらか減らせるはず。

以上、保険料を安くするコツについて説明してきたがいかがだったろうか。

  • 支払い方法を変更する
  • 保障期間を短くする
  • かけすてタイプに変更する

それぞれ特徴があるため、自分にとってどれが1番良いのか、検討してみると良い。

少しでも保険料を安くするポイントを把握しておけば、家計の負担を減らすことができ、生命保険を活用できるだろう。

 

■ 保険の見直しに役立つサイト


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top