生命保険の見直しをする絶好のタイミングはいつか?

安心して生活するために必要不可欠な存在となっている“生命保険”。

ほとんどの人が生命保険に加入しているのではないだろうか。

生命保険はいざという時にとても役立ち、もし自分が居なくなってしまっても残された家族の生活が保障される。

いろいろな生命保険があるように、自分のライフスタイルに合った保険を選ぶ必要があるだろう。

ずっと同じ生命保険のままで大丈夫というわけではない。

では、いったいどのようなタイミングで生命保険の見直しをしていけば良いのか、ベストタイミングについてみていこう。

スポンサーリンク

結婚するときは2人の生命保険を見直す

人生のターニングポイントとしても大切な「結婚」。

結婚するときは1人だけではなく、お互いの生命保険を見直さなければならない。

これから家族が増えるのだから保険金受取人を配偶者に変更し、もし万が一のことがあれば家族に保険料が行き渡るようにしておかなければならないのだ。

また、女性は妊娠をする前に保険の見直し+医療保険の加入をオススメする。

妊娠した後に見直しをして新しく医療保険に加入しても、不担保という条件がつき、また、入りたかった保険に入れなくなってしまう。

妊娠する前に見直しをしておいた方がより生命保険を有効活用できるはず。

そのため、結婚を考えているのであればすぐに2人の生命保険を見直してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

住宅ローンを組んでマイホームを購入するとき

家族の憧れであるマイホーム。

もし、マイホームを住宅ローンを利用して購入するとき、生命保険を見直す必要がある。

なぜなら住宅ローンを組むとほとんど、「団体信用生命保険」に加入することになるから。団体信用生命保険に自動的に加入することになると、もとから入っていた生命保険の額を減らさなければならない。

すでに加入していた生命保険の保障額から住居費の分を削ぐこと。これは絶対に忘れないでほしい。

しかし、中には任意で加入する住宅ローンもあるので要注意。住宅ローンを組んでも団体信用生命保険に加入しない場合は、入っている死亡保険の保障を手厚くしなければならないだろう。

子供が独立したとき

子供が社会人になり独立したときも生命保険を見直すチャンス。

扶養を外れることになるため、死亡保障の金額を削ることができるだろう。

会社を退職し、貯金と年金だけで生活していかなければならない老後生活のことを考え、生命保険の金額を見直してみてはいかがだろうか。

生命保険の見直しをするタイミングとしては主に、

  • 結婚をしたとき
  • 住宅ローンを組んだとき
  • 子供が独立したときライフスタイルに合わせて生命保険の見直しをしていくことがとても大切になってくる。

もし当てはまるのであればその機会に保険の見直しをしてみよう。

後で入っておけば良かった…と後悔しないためにも定期的に生命保険の見直しはすること。定期的におこなうことで自分の今の生活に見合っている保険かどうか確かめられる。

無駄な保険料を支払わないようにするためにも定期的な見直しは必要だ。

■生命保険の見直しがよくわかるサイト


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top