無理なくできる!”結婚資金”をコツコツ貯金する方法

結婚を前提にお付き合いをしている男女や、これから結婚に向けて動くカップルにぜひチェックしてもらいたいことがある。

それは「結婚資金」と「貯金」だ。

今後、ゴールインをする予定であるなら、婚約、挙式、披露宴、そして新婚旅行と、大金が必要になる。

なお、結婚資金の平均はおよそ444万円。

結婚資金は親から援助してもらえることもあるが、できるなら自分たちでまかないたいものだ。

そこで今回は結婚資金をつくるための貯金法をはじめ、結婚プランの決め方について解説する。

スポンサーリンク

互いに協力すれば貯金効率はアップする

結婚資金は男女のどちらか一方が貯金しても意味がない。

結婚は2人の門出である。

だからこそ、男女それぞれが協力して結婚資金を貯金していかなければならない。

そこでおすすめしたい結婚資金の貯金法は、“2人共通の口座をつくること”。

男女別々の口座を持ってしまうと、各々がお金を引き出す可能性が高くなるため、スムーズに貯金できないケースが多い。よって、2人共通の結婚資金を貯金するため限定の口座を開設し、結婚資金としてどれおど貯金するのか相談してほしい。

そして、ある程度の貯金額になったところで、現状と照らし合わせながら結婚プランを立てよう。

男女が夫婦になり一緒に生活することになれば、お互いの財布状況を把握しておかなければならない。

そう、結婚は今まで1人で使っていた財布がひとつになることを意味する。

だからこそ、結婚資金のためにひとつの口座をつくる。
すなわち、これは夫婦としての第一歩と言っても過言ではない。

共通口座の通帳と印鑑を男女それぞれで持参し、キャッシュカードをできるだけ使わないように心がけよう。

たったこれだけで結婚資金が自然と貯まっていく。

キャッシュカードの使用を限定する理由は、「キャッシュカード=お金を使うこと」になるため。別の表現をするなら、「キャッシュカード=財布」なのだ。

だからこそ、キャッシュカードをできるだけ使わないようにしてほしい。

これを厳守することができれば、スムーズに結婚資金を貯金することができる。

2人で目標額を決めて貯金への意識を高めていけば、絶対に満足いく貯金ができるはずだ。

結婚資金の貯金には新婚生活に使うお金も含めること

多くのカップルが以下のようなパターンに陥ることがある。

「結婚資金を新婚生活をスタートする前にすべて使ってしまい、いざ新婚生活となったときには貯蓄がゼロだった・・・」

他人事と思うことなかれ、こういったパターンに陥る可能性はどのカップルにもあるのだ。

現実的な話として、結婚資金の貯金は新婚生活に必要な費用も考えたうえで貯めていかなければならない。

よって、結婚資金にばかり気をとられないように注意しよう。

また、結婚資金にどのくらいのお金を使うのかをアバウトにすることはNG。新居費用、挙式、披露宴、新婚旅行それぞれいくら使うのか、細かく2人で決めておこう。

簡単な方法としては、挙式・披露宴・新婚旅行から差し引いた額で、安心して生活できるかを計算するといい。

これは簡単ながらとても賢い方法。この方法を実施すれば、ほぼ間違いなく新婚生活をスタートした時点で、貯蓄ゼロを避けることができる。

結婚式にかかる資金だけでなく、今後の2人の生活についてきちんと考えることも、“結婚資金の貯金”であることを忘れてはならない。

タイトなプラン決めはNG!余裕あるスケジュール調整をしよう

結婚までのプランはカップルによってさまざまだ。

交際をスタートしてから間もなく結婚するカップルもいれば、数年間の交際を経てゴールインするカップルもいる。

いずれにせよ、すべてのカップルに共通して言えることがある。

それは「結婚が決まったらそこからが大変」ということだ。

双方の両親への挨拶をはじめとして、挙式、新婚生活の話し合い、結納、挙式の日取りの決定・・・。さらには「新婚旅行」をどうするか決めなければならない。

おまけに挙式の半年前には招待客に招待状の送付も完了させる必要もある。

言うまでもなくこれらのプランは、男女それぞれ仕事をしながら決めていかなければならない。

特に女性は挙式に強い思いがあるはずなので、不満のある結婚式にならぬよう、じっくりお互いの意見を交換すべきだ。話し合いを持たずしていい加減に決めてしまったものなら、散々な挙式になること間違いなしである。

 

さて、プランを立てる目安だが、結婚式を挙げる1年~半年前が理想だ。

プランが曖昧なままだと、結婚資金はもちろんのこと、どのような挙式にするのか、式場はどこにするのか2人の意見がバラバラで破局してしまうケースもある。

だからこそ、プラン決めはお互いの意見を聞く“時間”を絶対に設けてほしい。時間に余裕がないというカップルであっても、こればかりは時間を合わせて話し合わないと悲惨な目にあうかもしれない。

いずれにしても、結婚は男女それぞれ余裕をもってスケジュールを調整していくことが大切なのだ。

スポンサードリンク

パートナーになる前にチェック!男女のお金の使い方

結婚する前に必ずチェックしておきたいのが、「パートナーのお金の使い方」。

実は、結婚してから“お金に対する価値観の違いで離婚した”というカップルは多い。

結婚に失敗しないためにも、お付き合いしている時点で相手がどのような価値観をもっているのか、お金をどのように使っているのかチェックしなければならない。

そこで今回は、パートナーのお金の使い方をチェックする方法・ポイントについて解説する。

「パートナーのお金の使い方」のチェックポイント

パートナーのお金の使い方でチェックしてほしいポイントは以下の6点になる。

  • クレジットカードを使う頻度、回数
  • 飲み会の回数
  • 一緒にいるときのお金の使い方
  • 趣味に使うお金
  • 食事やお酒に使うお金
  • 洋服や靴などに使うお金

特に“クレジットカードを使う回数”が多いパートナーは要注意。

事実、結婚後のパートナーのクレジットカード利用におけるトラブルは多い。「クレカによるショッピング利用頻度が酷すぎる」、「パートナーが頻繁にクレカを利用しお金をギャンブルに使っている」など、離婚の要因になることもあるのだ。

このようなお金の価値観を持っているパートナーは危険。

ほぼ間違いなく離婚に至るので、結婚する前に別れを決断したほうがいいだろう。

また、パートナーのお金の使い方を入念にチェックできるのは一緒にいるとき。彼・彼女がどのような使い方をしているのか細かくチェックすることで、明確な答えが出てくるかもしれない。

いずれにしても、事前にチェックしておけば結婚した後で困ることはないのだ。

絶対にチェックすべき!パートナーの「借金の有無」

夫婦のお金トラブルでよく見られるケースは、パートナーの「借金」が発覚したことだ。

どちらか一方に借金が見つかったことで、離婚に至ってしまうカップルは少なくない。もちろん、借金の額にもよるが大金だった場合は離婚に至ってしまうのは自然なことと言えよう。

言うまでもなく、パートナーの借金は結婚する前に確認しておかなければならない。パートナーが返しきれないほどの借金を抱えていたとしたら、とても幸せな家庭など築けるわけがないからだ。

仮にあなたが借金を抱えていたのなら、きっとその事実を相手に伝えづらいはずだ。

が、そのまま借金を抱えている事実を黙っていることこそ罪である。
ここは思い切って借金があることを打ち明けよう。

結婚が取りやめになってしまうのではないかと不安になるかもしれないが、それはあなたの勝手な思いでしかない。そのまま借金を隠して結婚したら、その飛び火を受けるのは誰でもないパートナーなのだ。

 

理解があるパートナーなら、共に借金の悩みを考えてくれるはず。

 

そこで別れることになったとしても、それはそれで仕方のないことだ。それほどまでに借金という問題はシビアなのだ。

どうしても別れたくないのであれば、借金を完済するためにしっかり計画を立ててほしい。そして、スムーズに返済している証拠をパートナーに理解してもらうことが大切だ。

 

再三になるが、結婚をする前に借金がある人は必ずパートナーに伝えること。そして、パートナーに借金があるか確かめておくこと。

結婚して幸せになるためには、お互いに隠し事があってはならない。

特にお金に関する隠し事は絶対にしてはならないことだ。

お互いに「年収」と「貯金額」を公開しよう

結婚をしてから互いの“お金の価値観の違い”を感じないためにも、現状からお互いの「年収」と「貯金額」を公開し合うことをおすすめしたい。

結婚をすれば子供を作るカップルがほとんどなので、生活費だけが消費されるわけ過去とは違ってくる。そう、子供を育てるために必要な「教育費」もかかるようになるのだ。

プラン通りに貯金をし続けるためには、お互いのお金情報を明かす必要がある。もっとも財布をひとつにすれば不安は解消されることだろう。

いずれにしても、結婚する前からパートナーが持つ「お金の価値観」「性格」を把握しておく必要がある。これらが自身と合っていないと、幸せな結婚生活を送ることはできないはずだ。

だからこそ、結婚前に必ずお互いの年収と貯金額は明かしておこう。

そうすれば、家庭でお金を使うルールを決めることができ、貯金計画も立てやすくなる。

このようにしっかりとパートナーと確認しておくことが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top