激ウマ!貧乏生活におすすめの食事メニュー

アルバイトで生活費を稼いでいる学生やフリーで働いている人はできるだけ出費を抑えるために、“食費”を削る人が多い。

家賃のような固定費は削られないが、食費なら空腹を辛抱すればよいので自分次第で節約ができる。

しかし、空腹にはなかなか勝てない。そこで、貧乏生活を過ごしている人のために“おすすめの食事メニュー”を紹介しよう。

安くて簡単にできる食事メニューだが、味も激ウマ。美味しい食事を楽しみながら食費が抑えられる。

スポンサーリンク

貧乏生活におすすめ!ご飯を使った丼メニュー

貧乏生活、学生の食事といえば“丼もの”。

ご飯とちょっとしたおかずさえあれば簡単にできるメニューがたくさん揃っている。

例えば代表的な「卵かけご飯」。

子供の頃から大好きでよく食べていた人も多いのではないだろうか。

卵は非常に栄養満点で1日1個食べると健康的に過ごせると言われている。激安スーパーに行けば卵1パックをお得な値段で買えるだろう。

卵をご飯の上に乗せ、おしょうゆを少し垂らせばそれだけで完成。とてもスピーディーで美味しく食べられるすぐれものだ。

ほかにも「納豆」を使った丼ものもある。ただ納豆をご飯の上に乗せて食べるのではなく、ご飯と納豆を別々にして食べるのが貧乏生活の食事のポイント。

納豆は朝に食べ、お昼は納豆についているタレをご飯にかけて食べる。ひとつで1日2食分が納豆でまかなえるのは貧乏生活にとてもやさしい。

納豆のタレはしょうゆベースなのでご飯にかけても美味しく頂ける。

スポンサードリンク

小麦粉を利用した食事が大人気!

貧乏生活をしている人たちの食事として大人気になっているメニューがある。

それは「小麦粉」を利用した食事メニュー。小麦粉は米よりも安く手に入れられ、さまざまな料理に大活躍してくれるので非常に便利な食材だ。

貧乏生活をテーマにした食事メニューを紹介した某番組でも「小麦粉」を使った貧乏料理が大反響を呼んだ。

例えば、小麦粉を水で練り、お湯でゆがいただけの“だんご”。

だんごはお腹を膨らませるにはもってこいの食材で、コストパフォーマンスも味もよいと貧乏生活をしている人に好評。

そのまま食べるのは味気ないので砂糖としょうゆを混ぜてみたらし風にしたり、きな粉につけて食べたり、工夫すれば味の変化も楽しめる。

小麦粉とキャベツで簡単にできるお好み焼きや小麦粉をうどんにしてめんつゆで食べるなどさまざまな活用法があるのでぜひ試してほしい。

実際に貧乏生活にオススメメニューとしてたくさんの小麦粉料理が紹介されている本も発売されている。

レパートリーが少なくなった際には本屋で立ち読みをして食事メニューをチェックしてみてはいかがだろうか。

貧乏学生には欠かせない“もやし”を使った料理

実際に貧乏生活をしていた時期に大活躍してくれたとほとんどの人が口をそろえて言う食材がある。

それは“もやし”。

もやしは野菜の中でも比較的安く、1パック10円~50円で手に入れられるありがたい食材だ。

もやし1パックと牛脂を使った簡単なもやし炒めで貧乏生活の食事をしていた人も少なくい。牛脂はお肉屋さんで無料で手に入れられるだろう。

牛脂の油で香ばしく、もやしに塩コショウを振りかけて食べればご飯の立派なおかずになる。

贅沢したいときは豚バラ肉を少量購入してもやしと一緒に炒めるとよい。貧乏生活は野菜不足になりがちだが、安く手に入れられるもやしを活用すれば補われるので安心だ。

貧乏生活におすすめの安くて激ウマな食事メニューを紹介したがいかがだったろうか。

食費を抑えるために食事メニューを切り詰めるのもよいが、季節や時期によって安くなる食材も変わる。

今安いのはどの食材なのか安い時期をしっかり把握し、また、安いスーパーや商店街、タイムセールも常にチェックするとよい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top