満足してる?20代女性の平均年収と現実のギャップ

20代女性の平均年収はどのくらいになっているのか?
同年代の人は気になっているだろう。

年収は職業によって違ってくる。

一流企業に勤めている人ほど収入は高く、
アルバイトとして働いている人は低い。

しかし、平均年収金額を把握しておくと、
自分の年収が低いのか高いのか判断できる。

不安定な情勢になっている今、
年収は昔よりも低い傾向が強く、

給料が低いからと転職する人も増加している。

20代女性の平均年収について詳しくみていこう。

スポンサーリンク

20代前半の平均年収は?

20歳~25歳以下までの女性に調査をしたところ、
平均年収は約224万円だった。

つまり、月給でいうと約19万円ということになる。

前年と比べてみると-12万円
やはり徐々に低くなってきている。

今の月給が19万円ほどであれば、
あなたの年収は平均といっていいだろう。

逆に19万円以下であれば、平均年収よりも低いと言える。

男性の年収をみてみると、男性20代は約260万円。
女性よりも36万円も違いが・・・。

男女平等になってきてはいるが、
まだまだ男女での格差は埋まらないもの。

年収においても大きな差があることは否めないだろう。

実家暮らしは家賃がかからないため、
19万円でも問題はないといえるが、

一人暮らしをするならば、
19万円はキツいと感じている女性は多いようだ。

せめて年収300万~400万でなければ、満足できないだろう。

スポンサードリンク

30代手前になると稼ぎがアップする

25歳以上~29歳の女性の平均年収は約292万円。
20代前半よりも68万円稼ぎがある。

勤続年数が長くなればなるほど給料も上がるため、
年収アップは期待できるようだ。

しかし、どのくらいあがるのかは会社によって違うため、
必ずあがると断言することはできない。

300万円近い年収であれば、
ある程度満足できるのではないだろうか。

ただし、女性にとって20代後半は結婚適齢期。
出産や結婚を機に職場を離れる人も多い。

子供を産むとなると夫との収入も合わせ、
生活していくことができる金額であれば問題ない。

しかし、どちらとも低年収だと悩みのタネに・・・。

できれば、20代前半で稼いだ分から
少しずつ貯金していくことをおすすめしたい。

20代後半でも25・26・27歳が稼ぎ時。

結婚をする前にある程度お金は貯めておきたいところだ。

実際に結婚や出産のために
少ない年収から貯金をしている女性は多い。

結婚願望が低い人は一人で暮らしていける収入を、
まだまだ仕事で活躍したい人は、

自分のキャリアアップのためにお金を使っている傾向がみられる。

平均年収を知っておくと、
自分の年収が平均より高いかチェックすることができるが、

低いか高いかどうかは自分がこの先、

お金をどのようなことに使いたいのか、
今何を目的に稼いでいるのかによって変わってくるのではないだろうか。

平均年収を参考にすることも良いが、
自分の目的をきちんと決め手おくことが1番大切なことかもしれない。

20代女性の平均年収から転職を検討する

今の年収に不満を持っているのであれば、
ほかの収入が良い職業に変えてみるのもひとつの方法になる。

20代女性の平均年収は以上の通りになっているが、
知ってからあなたがどう思うのかによって、この先の道が決まるだろう。

今の仕事でスキルアップをすれば、
もっと年収が増えるかもしれない。

転職すると収入が上がるかもしれない。

20代女性の平均年収を把握した上でいろいろな職業の年収を調べ、
自分が仕事も給料も満足できる職に就くことが理想だろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top