涙もろい性格を治すにはどうすべきか?

昔から怒られるとすぐに泣く、泣き虫だとののしられたことがある、という人はいるだろう。涙を流したくないのにもかかわらず、なぜか涙が出てきてしまう。そのような涙もろい性格を治すにはどうすれば良いのだろうか。

涙もろい原因や治すためのポイントについて説明していきたいと思う。涙もろい性格をどうにかしたい!と思っている方は要チェック!

スポンサーリンク

あなたの涙もろい原因はなに?

涙もろい性格の人はそれぞれ違う原因をもっている。例えば、毎日仕事で忙しくあわただしく過ごしている人はからだの疲れが原因になっているかもしれない。

からだの疲れてしまうと自然と心も疲れてしまうもの。ストレスも原因のひとつだが、ゆっくりからだを休ませてあげるのも大切なのだ。

涙もろさがからだの疲れやストレスだと決め付けるのもあまりよくない。もしかしたら「うつ病」の軽症かもしれないし、そのままにしてしまうとうつがさらに悪化してしまう可能性もある。

そんなときは自分を客観視してみること。いつもの休日だけではなく、本当に心から休めることができる休息期間が必要になるかもしれない。

また、女性に多い原因が「PMS」、生理前によるホルモンの乱れから涙もろくなってしまうこともある。

感情の起伏が激しく、すぐにイライラしてしまったり、不安感に陥ってしまったりとさまざまな感情が出てきてしまうだろう。

涙もろい原因は人によってそれぞれ。ますは自分がどのような原因なのか考えてみよう。

スポンサードリンク

自分を見直すチャンス!

涙もろい性格を改善したい…そういうときこそ自分を見直すチャンスではないだろうか。

毎日忙しく送っているとゆっくり自分と向き合うことができなくなってしまう。自然と周りの流れにそっていってしまい、いつの間にか自分の夢や目標、やりがいをなくしてしまっている人もいるはずだ。

一旦、心とからだを休ませてあげて、自分と向き合ってみよう。

涙もろい性格を少しでも改善したいのであれば1番効果的なのは“自分を客観視する”ことだと思う。本当の自分と向き合うことでゆっくり今後について考えることもできる。

一度自分と向き合ってみるのも良いかもしれない。

泣きたいときにとことん泣く

涙もろい性格は自分の気持ち次第という部分もあるだろう。つまり、泣きたいからこそ涙が出てくるのであり、感情をコントロールすることができないように、涙もコントロールすることはできない。

なんとか感情をコントロールしようと考えていても涙は出したいときに出てくるものだ。

そこで涙もろい性格をポジティブに捉えてみよう。泣きたいから泣く。感受性が非常に豊かで、感動屋さんなのだ。

ほかの人が感動しないシーンでも感動したのであれば泣いていいし、迷惑をかけるようなことではない。

もし、仕事場で上司から怒られ泣いてしまったのであれば謝ればいい。そしてもう二度と怒られることがないように精進していけばいいだけの話だ。

仕事に一生懸命取り組んでいると誰かが必ずみていてくれているはず。あなたをいつかは認めてくれるだろう。

涙もろい性格でも泣きたいときには泣こう。そして、感受性が人より強いだけなんだとポジティブに考えていくと気持ちが楽になるはずだ。考え方の転換もとても大切なこと。ネガティブに考えるのではなく前向きに考えていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top