涙で心スッキリ!“泣くストレス解消法”の驚くべき効果

世の中にはさまざまなストレス解消法がある。しかし、昨今はお金を費やすことでストレスを発散させるものが多く、どこかしっくり来ないと感じている方は多いはずだ。

仮にお金をかけることなく、心がスッキリする方法があるとしたらどれだけ楽なことだろう。と、ストレス解消について調べたところ、意外にもあっさりとスッキリできる方法を発見した。

それは“泣くストレス解消法”。

この解消法は専門の研究によって有効であることが証明されており、さらに免疫力まで高めることがわかっている。そこで今回は“泣くストレス解消法”を紹介する。

スポンサーリンク

泣くストレス解消法が効果的な理由

まず、“泣く”という行為にも種類がある。

  1. 「情動性分泌」 ・・・ 喜怒哀楽による涙
  2. 「基礎分泌」 ・・・ 瞬きで分泌される目を保護する涙
  3. 「反射性分泌」 ・・・ 異物刺激によって流れる涙

この中でストレス解消に効果をもたらすのは1の「情動性分泌」。つまり、泣くという行為でストレスを解消するためには、感情的な涙を流すことが重要になる。

専門の研究結果によると、この「情動性分泌」はストレス要因となる物質を含んでいるようで、涙を流すことによってストレスが排出されるのだという。

また、泣いた後は鎮静作用のある「エンドルフィン」が増加するため、ストレス解消だけでなく心がスッキリするという事実も。このように泣くという行為はもっともナチュラルかつ効果的なストレス解消法になるのだ。

スポンサードリンク

泣くのが難しいという場合の対処法

もともと涙もろい方なら、感動をさそうような映画もしくはドラマを見ることで、情動性分泌を実践することが可能だ。しかし、あまりに泣かないという方は別の対処をしなければならない。

この場合、過去に涙した経験を振り返ってみよう。

あなたは何がキッカケで泣いたのか。これがわかれば、情動性分泌を促せるヒントになるはずだ。とはいえ、それでも泣けないケースもあるだろう。

そんなときはできるだけ現実的な作品を見て涙を誘うといい。ドキュメンタリータッチの作品などは情動性分泌を実践しやすいので、リアリティのあるタイトルを探すことをおすすめする。

ストレスが溜まったら休日に“泣く”

仕事、もしくはプライベートでストレスが溜まるという方は、休日にとことん泣く習慣をつけよう。

お金をかけないストレス解消法としては泣くという行為がベスト。泣くことで免疫力が高まるという研究結果も出ているだけに、できるなら有効活用したいところだ。

大人になるたびに涙をこらえるといった自然な心構えが生成されるわけだが、ときに泣いてストレスを発散させることは心の健康状態を保つに最適な行為。

なにも人前で泣くわけではないので、休日にストレス発散を意識している方は試してみるといいだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top